home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

On パフォーマンスランニングギア

[17.10.16]

今日はこの時期としては46年ぶりの寒さらしいですが、10月は概ね暖かい日が続いたので、ショートスリーブ&ショーツで走っていました。そんななか最も着用回数が多かったのがOnのパフォーマンスギアコレクションからリリースされているパフォーマンスTとランニングショーツ。前者はストレッチ性に優れた素材を使用し、前身頃はある程度の防風性もあり、今の時期の気温にピッタリ。反対に後ろ見頃は抜群の通気性があるので、ウェアの肌へのべとつきも最小限で、長時間のランでも高い快適性をキープしてくれました。

一方のランニングショーツも4ウェイストレッチの伸縮性に優れたマテリアルの採用で脚の動きを妨げず、ランナーに快適な走りを提供。フロンドのデザインがサーフショーツを想起させるこのモデルは、2 in 1の構造になっており、気温によってインナーのショートタイツを簡単に着脱できます。ちなみに10月に入ってからは3回インナーなしで、1回インナーありで走りました。ショーツ、ショートタイツともにスマートフォンなどを収納できるポケットが付いているのも便利です。

これから寒い時期に突入していきますが、アウターウェアのウェザージャケット、ロングパンツであるランニングパンツといったアイテムもラインアップしているので、スイスエンジニアリングで開発されたOn パフォーマンスランニングギアの活躍の機会はまだまだあります。


一番上の写真の前身頃がある程度の防風性を備えているのに対し、後ろ見頃は高い通気性をキープ。長時間のランでも快適性を失いません。


軽量性、通気性、伸縮性に優れた4ウェイストレッチマテリアルを使用したOnのランニングショーツはサーフショーツを思わせるデザインがスタイリッシュ。
こちらのブログで紹介したホノルルハーフマラソンハパルアでは気温が高かったので、アウターショーツ単体で走りました。


ランニングショーツの後部にはスマートフォンも収納可能なジッパー付きの大容量ポケットが配されます。


インナーのショートタイツは単独での着用可能。こちらにも収容能力の高いポケットが付属しています。


ショートタイツに付いたボタンとアウターショーツのボタンホールで簡単に着脱でき、気象条件やランナーの好みに合わせて3種類の着用スタイルが選択できます。

SALOMON SUUNTO presents ランニング体験会

[17.10.15]

東京のランニングのメッカと言えば皇居が挙げられますし、福岡なら大濠公園、ニューヨークならセントラルパークetc.というように世界各地にそれぞれのポピュラーなランニングコースが存在しています。そして大阪はというとなんといっても大阪城公園だと思います。9月末にそんな大阪城公園のJO TERRACE OSAKAにオープンした「RUNNING BASE 大阪城」で行われたメディア向けのSALOMON SUUNTO presents ランニング体験会に参加してきました。大阪城公園はオンロードもオフロードも楽しめることが東京の皇居とは異なる点。一般には初心者ランナーに向けて毎月第二土曜日に行われているこのランニングプログラムは、両方の路面を楽しむ8Kmのコースとなっています。

実際に走った感想はナイトランはライトアップされた大阪城がキレイで、観光のために大阪を訪れたランナーにはぜひ体験してもらいたいと思いました。翌日は朝からオンロードとオフロードの両方を走りましたが、朝にもかかわらず観光客が凄い数なので、この時間帯はオンロードよりも林の中などの不整地を走るのがオススメかもしれません。オフロードといってもアップダウンはほとんどないのでビギナーランナーにも優しいです。そして「RUNNING BASE 大阪城」はSALOMON SUUNTO とパートナーシップを組んでいるので、サロモンの高機能シューズやスントの最新GPSディバイスをレンタルできるのも嬉しいですね。地元大阪のランナーはもちろん、週末に関西出張で訪れたビジネスマンも一泊延長して参加する価値が十分あると思いますよ。


ナイトランの際にはライトアップされた大阪城が本当にキレイでした。


朝や昼の大阪城公園は観光客で溢れるので、そばを走るときはスローペースで!


こんな感じのオフロードを走ることができるのも大阪城公園の大きな魅力です。


オンロード向けシューズの最新モデルのソニック プロ2もレンタル可能。着地時の振動を効果的に吸収するVibeテクノロジーを搭載しています。


オフロードランニング用にはセンス プロ2が用意されます。不整地でも高いグリップ性を発揮するアウトソールを装備。


もちろん、タオルやウェアのレンタルも可能なので手ぶらで訪れても大丈夫。


今ならスントのGPSウォッチも無料でレンタルできますよ。

mi adidas

[17.10.02]

かつては日本で展開されていないスポーツシューズや、アメリカやヨーロッパのフットロッカーだけで販売されていたエクスクルーシブなカラーリングはスニーカーフリークの憧れの的で、海外旅行の際に購入したり、割高な並行輸入品を日本で買ったりしたものでした。現在では各ブランドがカスタマイズプログラムを用意してくれているので、自分の好きなカラーリングを自由に組み合わすことが出来るようになりました。昔からしたら本当に幸せな時代になったものです。

自分が最近カスタマイズしたのは、アディダスのピュアブースト。アディダスはmi adidasというプログラムを用意しており、ストリート向けのオリジナルスはもちろんですが、ランニング シューズなどパフォーマンスモデルも充実しています。このモデルのカスタマイズで凄いと思ったのは、アッパーのカラーリングをアシンメトリーに出来る点。最初はベーシックにオールネイビーのカラーにしたのですが、「せっかくカスタマイズするなら思い切らないと!!!」とネイビーとホワイトの大胆な切り返しに変更してみました。左右非対称の意匠は自分世代の人間にはアニメ「マジンガーZ」のあしゅら男爵を思い出させますね。オーダーから3週間ほどで到着し、実物は想像以上のカッコよさで大満足。ランニング からカジュアルシーンまでシームレスに活躍してくれそうです。

7月にもアディゼロ アディオス ブースト3(アディゼロ ジャパン ブースト3)をmi adidasでカスタマイズ。インラインに似たカラーリングがありますが、微妙にカラーコンビネーションを変えられるのが嬉しい。グアムのココロードレースの駅伝で履こうと思ったら、今年は駅伝の部は開催されないという。残念。日焼けした肌にホワイトのシューズが映えると思ったのに…

メレル ベイパー グローブ3

[17.09.14]

中野ジェームス氏といえば、そのトレーニングメソッドを信奉するアスリートが少なくない、日本を代表するスポーツトレーナーの一人。現在では箱根駅伝で圧倒的な強さを見せる青山学院大学陸上競技部も中野氏のトレーニング法を練習に取り入れていることは有名ですね。以前そんな中野さんの連載を2年以上担当していたときに、とても印象的なストーリーがありました。それが「毎日同じようなトレーニングを同じように続けていると筋肉が負荷に慣れてしまって、かえって筋力が落ちてしまう…」という話。ランニングならコースを変えたり、ペースを変化させたほうがよく、筋トレも毎回トレーニングの順番を変えたほうがいいとのこと。当時自分は中野セントラルパーク周辺をほぼ同じペースで走っていたので、「自分もマズイかも…」と思ったのですが、中野さんに「南井さんは毎回のようにシューズが違うからペースやコースが同じだとしても、毎回異なった刺激が加わるから、まだ大丈夫でしょうね」と言ってもらえました。

どうしてこんな話を急に思い出したかというと、最近ホカ オネオネの独特なクッション感にはまって着用回数が多いから。もちろんOn、アディダス、ナイキ、ニューバランス、リーボック、アルトラetc.いろんなブランドも履いているのですが、ここ3か月ほどは5モデルほど持っているホカ オネオネをピックアップする日が多かったのです。「ちょっと偏り過ぎかも…」と思った時に、「コレだ!」と閃いたのが、ホカ オネオネを履いた翌日に全く正反対の裸足感覚シューズを履くこと。最近になって日本でも展開が復活したメレルのベアフットコレクションのベイパーグローブ3をピックアップしてヘビーローテで履いていますが、これがかなり優秀。クッション性がほぼないから、脚全体をショックアブソーバーにするような人間が走るときの本来のフォームで走ることができ、脚力を効果的に強化することができます。以前展開されていたトレイルグローブあたりも好きなシューズでしたが、このモデルはフィッティング性能などが確実に向上していますね。あとビブラム社製のアウトソールはオンロードやスポーツジムのトレッドミルで最高のグリップ性能を発揮してくれました。それと、これまでのメレルのカラーリングとは一線を画す攻撃的なレッドを採用した点にも好感が持てますね。そしてベイパーグローブ3を履いた翌日にホカ オネオネのシューズで走ると何が起きるかというと、今度は道具としてのランニングシューズの利点を頭と身体の両方で理解でき、その機能性をフルに発揮できるということ。ただやみくもに走るよりも、こういった感じでシューズの特性を理解しながら走るのも面白いものです。なにか サウナ → 水風呂 → サウナ → 水風呂 の繰り返しみたいですが(笑)、自分にはこのトレーニング方法が調子がいい。あくまでメインは一般的なランニングシューズで、レースもこのタイプで走りますけどね。

自分のようにランニングシューズを沢山保有しているケースはレアだと思いますが、厚底タイプ×1、一般的なランニングシューズ×2、裸足感覚シューズ×1の計4足くらいあれば、同じコース、同じペースで走っても脚部の筋肉に刺激を与え続けることができると思います。


同じサイズUS8ですが、横から見ると全く異なるシルエット&ボリューム。両極端な特性のシューズで走ることにより、効果的に脚部に刺激を与えることができるのです。


こちらのベイパーグローブ3はメレル ベアフットコレクションのファーストシーズンから展開されたトレイルグローブのカラーリングを現代に復活させています。

OOFOS

[17.09.11]

最近ランニング後に着用して疲労回復を狙ったリカバリーフットウェアが注目を集めています。海外ではサロモンやレリックを始めとしたブランドのプロダクトが数多くのランナーに愛用され完全に市民権を得てますね。日本ではまだまだ着用している人はアメリカあたりと比較すると少ないですが、ランナーズパルスの読書向けに限定カラーを販売したホカ オネオネのオラ リカバリー スライドは良好なセールスを記録するなど、今後注目を集めるカテゴリーといえるでしょう。そんなリカバリーフットウェアの世界でリーディングブランドの一つとして挙げられるのが、OOFOS(ウーフォス)です。

ソフトな特殊素材から構成される同社のフットウェアコレクションは疲労した足を優しく包み、衝撃吸収性に優れているので、着地時のショックから守ってくれます。何回走ってもフルマラソン後などは足へのダメージは残るので、開放感があって、履いていて楽チンなコンフォタブルフットウェアの存在は本当にありがたいですね。

日本ではニュートラルワークスなどで取り扱いがあり、自分も鼻緒の付いたソングタイプを履いていますが、本当に快適な履き心地。来春から日本でも本格展開がするようで、今から楽しみにしています。

こんな感じでカラーバリエーションが増えたり、ソングタイプだけでなく、スライドタイプも展開されるなど、豊富なモデルがラインナップされます!