home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

メレル ベイパー グローブ3

[17.09.14]

中野ジェームス氏といえば、そのトレーニングメソッドを信奉するアスリートが少なくない、日本を代表するスポーツトレーナーの一人。現在では箱根駅伝で圧倒的な強さを見せる青山学院大学陸上競技部も中野氏のトレーニング法を練習に取り入れていることは有名ですね。以前そんな中野さんの連載を2年以上担当していたときに、とても印象的なストーリーがありました。それが「毎日同じようなトレーニングを同じように続けていると筋肉が負荷に慣れてしまって、かえって筋力が落ちてしまう…」という話。ランニングならコースを変えたり、ペースを変化させたほうがよく、筋トレも毎回トレーニングの順番を変えたほうがいいとのこと。当時自分は中野セントラルパーク周辺をほぼ同じペースで走っていたので、「自分もマズイかも…」と思ったのですが、中野さんに「南井さんは毎回のようにシューズが違うからペースやコースが同じだとしても、毎回異なった刺激が加わるから、まだ大丈夫でしょうね」と言ってもらえました。

どうしてこんな話を急に思い出したかというと、最近ホカ オネオネの独特なクッション感にはまって着用回数が多いから。もちろんOn、アディダス、ナイキ、ニューバランス、リーボック、アルトラetc.いろんなブランドも履いているのですが、ここ3か月ほどは5モデルほど持っているホカ オネオネをピックアップする日が多かったのです。「ちょっと偏り過ぎかも…」と思った時に、「コレだ!」と閃いたのが、ホカ オネオネを履いた翌日に全く正反対の裸足感覚シューズを履くこと。最近になって日本でも展開が復活したメレルのベアフットコレクションのベイパーグローブ3をピックアップしてヘビーローテで履いていますが、これがかなり優秀。クッション性がほぼないから、脚全体をショックアブソーバーにするような人間が走るときの本来のフォームで走ることができ、脚力を効果的に強化することができます。以前展開されていたトレイルグローブあたりも好きなシューズでしたが、このモデルはフィッティング性能などが確実に向上していますね。あとビブラム社製のアウトソールはオンロードやスポーツジムのトレッドミルで最高のグリップ性能を発揮してくれました。それと、これまでのメレルのカラーリングとは一線を画す攻撃的なレッドを採用した点にも好感が持てますね。そしてベイパーグローブ3を履いた翌日にホカ オネオネのシューズで走ると何が起きるかというと、今度は道具としてのランニングシューズの利点を頭と身体の両方で理解でき、その機能性をフルに発揮できるということ。ただやみくもに走るよりも、こういった感じでシューズの特性を理解しながら走るのも面白いものです。なにか サウナ → 水風呂 → サウナ → 水風呂 の繰り返しみたいですが(笑)、自分にはこのトレーニング方法が調子がいい。あくまでメインは一般的なランニングシューズで、レースもこのタイプで走りますけどね。

自分のようにランニングシューズを沢山保有しているケースはレアだと思いますが、厚底タイプ×1、一般的なランニングシューズ×2、裸足感覚シューズ×1の計4足くらいあれば、同じコース、同じペースで走っても脚部の筋肉に刺激を与え続けることができると思います。


同じサイズUS8ですが、横から見ると全く異なるシルエット&ボリューム。両極端な特性のシューズで走ることにより、効果的に脚部に刺激を与えることができるのです。


こちらのベイパーグローブ3はメレル ベアフットコレクションのファーストシーズンから展開されたトレイルグローブのカラーリングを現代に復活させています。

OOFOS

[17.09.11]

最近ランニング後に着用して疲労回復を狙ったリカバリーフットウェアが注目を集めています。海外ではサロモンやレリックを始めとしたブランドのプロダクトが数多くのランナーに愛用され完全に市民権を得てますね。日本ではまだまだ着用している人はアメリカあたりと比較すると少ないですが、ランナーズパルスの読書向けに限定カラーを販売したホカ オネオネのオラ リカバリー スライドは良好なセールスを記録するなど、今後注目を集めるカテゴリーといえるでしょう。そんなリカバリーフットウェアの世界でリーディングブランドの一つとして挙げられるのが、OOFOS(ウーフォス)です。

ソフトな特殊素材から構成される同社のフットウェアコレクションは疲労した足を優しく包み、衝撃吸収性に優れているので、着地時のショックから守ってくれます。何回走ってもフルマラソン後などは足へのダメージは残るので、開放感があって、履いていて楽チンなコンフォタブルフットウェアの存在は本当にありがたいですね。

日本ではニュートラルワークスなどで取り扱いがあり、自分も鼻緒の付いたソングタイプを履いていますが、本当に快適な履き心地。来春から日本でも本格展開がするようで、今から楽しみにしています。

こんな感じでカラーバリエーションが増えたり、ソングタイプだけでなく、スライドタイプも展開されるなど、豊富なモデルがラインナップされます!

第9回 つわぶきハーフマラソン&車いすマラソン in日南

[17.08.31]

よくよく考えてみたら最近は海外のマラソンばかりを走っていて、国内の大会は昨年末の湘南国際マラソン以来走っていない。前はそんなことなかったんですけど、諸事情がいろいろ重なってたまたまそんなことに。「国内の大会も走りたいけど、抽選や先着順で競争が激しいしなぁ…」と思っていたら、格闘家の宇野薫選手と偶然会ったときに「宮崎県の日南市に本当にアットホームでオススメの大会がありますよ!」と教えてもらったのが、「つわぶきハーフマラソン&車いすマラソンin 日南」。

宇野選手に紹介してもらった日南市観光・スポーツ課の後藤さんに早速コンタクトしてみると、下記のような大会の特色があるとのこと。

「本大会は日本陸連公認ハーフマラソンコースとなっており、マラソン初心者でも走りやすいコース設定
をご好評いただいている大会です。
 日南市ならではの「おもてなし」をテーマとしており、多くの参加者が、笑顔で楽しくランニングを楽
しみ、走り終えたあとは本市自慢の特産品で満足していただけるような、ふるまいも実施しております。
 また、県内唯一の車いすマラソン大会として、全国各地から車いすランナーに参加をいただいており、
ボランティアと参加者が一体となって、大会全体を創りあげております」

そして一緒に送られてきた写真がまたほのぼのとした雰囲気でイイ!
あと食いしん坊の自分としては「走り終えたあとは本市自慢の特産品で満足していただけるような、ふるまいも実施しております」の文章に思わず反応。宇野選手が遊びにいった夏はマンゴーが格別だったらしいですが、秋の味覚も期待大ですね。

というわけで去年の11月中旬はキューバのハバナマラソンを走りましたが、今年は「つわぶきハーフマラソン&車いすマラソンin 日南」を走ってみようかなぁ?と思っている今日この頃です。

大会オフィシャルサイトはこちら
エントリーは大会に直接申し込む方法とランネットMSPOENTRYからも可能です。


日本陸連公認の大会だけあって速そうなランナーも少なくないですね。ASAHI KASEIの文字が見えるしw


車いすマラソンも同時開催されます。


なんといっても印象的なのがこの写真。楽しそうな雰囲気が伝わってきますね~。ゴール後のカレーライスは今年もあるのでしょうか?あと自慢の特産品が楽しみです!

Gold Coast Airport Marathon 2017

[17.08.02]

タレントを始めとした日本人ランナーも数多く参加することから日本における知名度の高いゴールドコーストマラソン。フルマラソンの正式名はGold Coast Airport Marathon で、同じくハーフマラソンはASICS Half Marathon、10KmはSouthern Cross University 10km Runであり、キウイフルーツで有名なZespriもZespri 4km Junior DashとZespri 2km Junior Dashに名を連ね、The Star GoldCoast 5.7km Challengeといった各レースが2017年の7月1日(土)と2日(日)に行われました。

自分がこの大会に出場するきっかけとなったのが、4月19日にH.I.S.旅と本と珈琲とOmotesando(表参道)で行われた”H.I.S.×ランナーズパルストークショー”「海外マラソンの魅力に迫る」で、タレントでモデル、TBS「世界ふしぎ発見」でミステリーハンターも務める大杉亜依里さんとゴールドコーストマラソンの特徴である「コースが平坦で走りやすいこと、スタート時の気温9度(午前11時は16度)という気候の好条件があり、なんと完走者の6割が自己ベストを更新している」を何度も繰り返し来場者に強調していたら、自分も久しぶりに記録に挑戦したくなったから。あとはこのトークショーの4日後の4月23日に舞浜アンフィシアターで行われた修斗世界フェザー級チャンピオンシップ に宇野薫選手が挑戦し、最後まであきらめない姿勢を見せてくれたことも大きかったですね。

この日のトークショーでゴールドコーストマラソンの魅力を語っていたら自分も走ってみたくなり…

宇野薫選手の最後まであきらめない姿勢に感動したこともゴールドコーストマラソンにエントリーした理由のひとつです。

 

海外渡航は300回近くになりますが、今回は個人手配旅行ではなくH.I.S.のツアーに参加したので空港からの移動も楽チン。カンタス航空のブリスベン空港からゴールドコーストまでは電車でも行けるんですが、今回滞在するマントラレジェンズのあるサーファーズパラダイスへは乗り換えしないといけないこともあり、意外と面倒なんです。チェックインを済ますとランニングで片道2Kmほどのゴールドコースト コンベンションセンターで開催されているエクスポへゼッケンのピックアップに向かいます。長い列ができていましたが、スムーズな運営で5分ほど待つだけで自分の番が。日本語のわかるボランティアスタッフもいるので、英語に不安のあるランナーも心配いりません。ゼッケンを受け取ったら参加Tシャツを貰えるかと思ったら、この大会のTシャツは参加賞ではなく、フィニッシャーズTシャツとのこと。スポーツ部門のスポンサーでハーフマラソンのタイトルスポンサーでもあるアシックスでオフィシャルグッズをチェック。ニューヨークシティマラソンやロサンゼルスマラソンで、エクスポ最終日にかなりお得な買い物をしたのを思い出して「最終日の夕方になればディスカウントするから今日は買うのはやめておこう!」と買い控えたのが悲劇を生みます。土曜の夕方に行ってみると、割引どころか欲しかったアイテムはほとんど売り切れ。ノースリーブシャツやシングレットカッコよかったのに…

 

エクスポで大人気だったのがZespriのブース。日本で買うと結構いい値段のする品のよい甘さが特徴のZespri ゴールドが食べ放題!写真でも見えるナイフが付いたスプーンは本当に便利だったから何個か日本に持ち帰りました。

前々日、前日の夕方は大杉亜依里さんとツアー参加者と一緒にランニング。そのときに思ったのが「確かに地形はフラットだけど、風がかなり強いかも…」ということ。向かい風だと厳しいことになりそうです。前日の夕食の顛末はフイナムブログで詳しく書きましたが、うどんのような和食を食べるつもりがインド料理屋のバターチキンカレーのテークアウトに。これはこれで美味しかったからよかったんですけどね。

この写真を撮影したのはレース前々日。写真を見て分かるかもしれませんが、想像以上に風が強くてビックリ!

今回の装備は下記の写真参照で。当初はC3fitのタイツを履いて走るつもりだったんですが、朝夕は寒いものの昼前には気温がかなり上がることが現地入りしてからわかったので、ボトムスはルルレモンのショーツとC3fitのゲイターの組み合わせにしました。当日はツアー参加者に用意されたおにぎりなどの朝食を食べ、専用バスでスタート会場へと向かいます。早朝のこの時間はやはり結構寒い。ストレッチなどでカラダを温めてスタートエリアへ移動。寒いこともあって二度ほどトイレへ行きました。寒いのには強いはずの白人ランナーも結構寒そうにしてました。

 

 

トップス CPFU ショーツ ルルレモン アームカバー R×L ゲイター C3fit ゼッケンベルト ロンヒル ウエストポーチ サロモン

 

ジェルはいつものメダリストと最近周囲のランナーの間で評判の高いMag-onを初めてピックアップ!

ツアー参加者に用意された朝食。海外にいても食べ慣れた食事でレース当日を迎えられるのは本当にありがたいものです。

スタートギリギリまではパタゴニアのフーディニジャケットを着ていたので、寒さには耐えられました。ちなみにサングラスはオークリーのRADAR EV で、レンズはPRISM ROAD。コース途中にはスピードハンプと呼ばれる自動車の速度を低減させる道路の段差が何か所も設けられていましたが、このレンズはその段差をクッキリと際立させてくれたので、この出っ張りに躓いたりしていたランナーもいましたが、自分はスムーズに走り続けられました。

パタゴニアのフーディニジャケットは着ないときはこんな感じでコンパクトになるので、サロモンのウエストポーチに収納してスタートしました。

 

車椅子部門のスタートに続き、フルマラソンが午前7時20分スタート。自分はとある理由から3時間50分申請にもかかわらずAブロックからのスタートだったので、号砲から13秒遅れでスタートラインを跨ぎます。気温は10℃ほどなので、走っている状態が一番快適なタイムが期待できる気候条件。心配していた風もそうでもない。心の中で「この状態ができるだけ長く続いてくれ!」と祈ります。Kmごとのラップは大体5分30秒前後を重ね、調子も良かったんですが、走り始めてしばらくしてあることに気づきます。「あれ、二回もトイレ行ったのにオシッコしたい!」7Kmくらいの地点で公園のトイレに行こうと思ったんですが、スルー。10Km過ぎで「この状態で走ってもオシッコ我慢した思い出しか残らない…」と思って仮設トイレへ。運よく誰も並んでいませんでしたが、我慢していたせいで長い長い(笑)。ここで1分30秒ほどロスしましたが、悩みが無くなったおかげで走るのも楽しいし、足取りも軽い。平坦なコースは本当に走りやすいし、シドニーマラソンと比べると圧倒的に沿道の応援も多いから、苦しい場面でも元気をもらえる。今回は秘かに久しぶりのサブ4を狙っていて、「走りながら写真は撮らない!」と決めていたので撮りませんでしたが、ハイタッチを求める子供たち、手を振る老婆とか本当にフォトジェニックな人が多かったです。トイレに行った15Kmのラップを除き、5Km毎のラップで30Kmまでは27分台をキープしていたから、サブ4ペースだったんですが、急激に気温が上昇したこともあって32Kmあたりから徐々にペースが落ち始め、4時間のペーサーの背中がだんだん遠くなっていきました。気温の上昇以上に日差しの痛さのほうを感じます。このときは本当に悔しかったですが、これが現実。日々の6Kmランは続けていましたが、それ以外は10Kmを二回走っただけでフルマラソン用の練習はほぼしていない。逆にいうとその状態でもこのペースをキープできたゴールドコーストマラソンはやっぱり走りやすいのだと思います。残り10Kmほどは沿道の人々とハイタッチしたりして、最後は脚力も復活したのでペースアップしてゴール。手元のスント スパルタン スポーツ リスト HRで4時間4分28秒でした。できることならサブ4は達成したかったんですが、やることはやったので満足感はありましたね。

 

この写真が物語るように、気温が上昇してからはなかなかタフ。アームカバーも外し、胸元のジップもほぼ全開。気温の割に日差しのキツさを感じました。

 

30Kmまではよかったんですが、やはり残り10Kmほどで練習不足が…。でも本当に走りやすいコースだと思いますよ!

 

ゴールした11時30分頃は気温が20度前後に上昇。ゴールエリアのミストシャワーは火照ったカラダを冷やしてくれました。とにかく日差しが強いです。

 

今回のシューズはアシックスのヌーサFF。フライトフォームのミッドソールは軽量かつ反発性に優れ、アウトソールのグリップ性も高かったです。ちなみにヌーサとはゴールドコーストと同じクイーンズランド州にある著名なリゾート地でトライアスロンでも有名。ソックスはいつものエクスペリア。

 

ゴール後のホスピタリティエリアでもZespriゴールドの無料配布が行われていました。ゴール後は一層美味い!!!

 

ゴール後にH.I.S.のホスピタリティテント前で大杉亜依里さんと完走を讃え合います。

H.I.S.のホスピタリティテントではカレーライスや豚汁も用意されていました。ゴール後に食べるカレーはホント美味しかったです。

レース後に疲れた足をホカ オネオネのオラ リカバリー スライドでリラックスさせました。このサンダルは走った直後に階段を下りる時も「イタタッ」とならないくらい足に優しかったです。

初めて走ったゴールドコーストマラソンですが、高低差9mほどのフラットなコースは噂通りに走りやすく、記録を狙うランナーにはオススメ。個人的な感想ですが、サブ4やサブ3.5まであと5~15分といったランナーがこの大会を走った場合、かなりの確率で目標を達成することができそう。オーストラリアは治安もよく、時差もたったの一時間なのが嬉しい。ゴールドコーストの街はシドニーほどではないですが、パシフィックフェアなどのショッピングセンターにはほとんどのブランドが揃っているので、「レース前後はショッピングしたい!」というランナーにもピッタリの大会です。


今回の脳内ミュージック。サブ4を狙うにはちょっぴりスローだったかも。この曲やZedd, Alessia Cara – Stay のようにサビの部分で歌詞をたたみかけるように歌う感じの曲が最近のお気に入りです。

ASICS fuzeX Rush

[17.06.15]

IMG_2864

アメリカのランナーの多くがラン用と街履きのシューズを兼用にしているように、最近の自分もその傾向にあります。それは以前よりも落ち着いたカラーリングやスタイリッシュなランニングシューズが増えたからであり、これらの製品群は新たなマーケットを創造していると思います。

そんな状況で着用率の高いのが、アシックスのfuzeX Rush。ブラックとグレー系カラーのグラデーションが美しい1足で、走り心地も軽快で快適。購入しやすい価格設定もいいですね。同シリーズの今後の展開も楽しみです。

IMG_2865
前足部分と踵部分には軽量かつクッション性に優れたfuzeGELを搭載。カッコいいだけでなく、機能性もしっかり確保しています。

IMG_4120
エルサレムマラソンに行った際に持っていったシューズは、すべてブラック系。
上からアルトラ エスカランテ、アシックス fuzeX Rush、ホカ オネオネ クリフトン3。
いずれのシューズも高い走行性能に加えて、カジュアルシーンにおける汎用性もプラスしています。