home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

S-Mountain ガーラ湯沢20K&6h耐久トレイルリレー2016

[16.08.24]

PIC_0363

個人的に日本国内における初のトレイルレースとなったS-Mountainのガーラ湯沢20K&6h耐久トレイルリレー。昨年エントリーしたこの大会に今年もフイナムランニングクラブのメンバーと参加してきました。参加種目は4人で約4Kmのコースでタスキを繋ぐ6時間耐久リレー。朝10時から夕方16時までレースは続きます。昨年も参加した大会で、コースもほぼ同じなので慣れているはずですが、一周目を走った時に思ったのは、「上りがこんなに長かった?」というもの。この感想は自分以外のメンバーも同様でした。日差しも強く、気温も去年よりも高かったのがその理由かもしれません。相変わらず前半の上りは結構タフでしたが、ゲレンデの坂を上りきり、下り基調となってからのコースは走っていて楽しい。去年より路面が乾いていたので、セレクトしたサロモンのウイングス プロ 2との相性もバッチリで快適にレースを楽しむことができました。この大会の6時間耐久リレー部門は、「トレイルランニングのレースにデビューしたい!」というトレランビギナーに最適だと思います。

PIC_0359
今回のチームメイト

PIC_0364
最後はメンバー全員で手を繋いでゴール。瞬時にベストポジションをキープする50歳(笑)

PIC_0362
総合で14位という記録よりもみんなで楽しく走った記憶が強く残った大会でした。

PIC_0361
この日セレクトしたのはサロモンのウイングス プロ 2。去年履いたスピードクロス プロよりもアウトソールの刻みが浅く、下りでのスピードに乗りやすかったです。

グアム ココロードレース

[16.08.21]

MRT_0600 (3)

「グアム ココロードレース」は、国際陸上競技連盟(IAAF)公認コースの21.0975kmのハーフマラソン、4人でチームを組んで約20kmを走る駅伝が同時開催される世界でも珍しいランニングイベント。今年からは追加種目となる10kmラン&10kmウォークも同時に開催されることになりました。ランニング初心者にもぴったりの10キロレース、長距離を走るのが難しい同行の家族や友人も安心してエントリーできる10キロウォークが種目に加わったことで、より参加しやすい大会となりました。今回より、10月末の開催時期にちなみ、全種目でハロウィンをテーマとした仮装コンテストも開催し、走るだけでない楽しみも用意されています。そして仮装コンテストの入賞者の方には賞金も用意されるなど、ますますの盛り上がりが期待されます。
また、前日となる2016年10月29日(土)には4歳~12歳までの子供が主役の「グアム ココキッズファンラン」を開催。今年で7回目となり、毎年200名以上のキッズランナーたちが参加しています。ココロードレースと併せて、家族でグアムでのランを楽しめる週末です。

この日のフイナムブログで紹介しているように、自分が最初に「グアム ココロードレース」に参加したのは2010年のこと。2泊3日の日程でラン、ゴルフ、グルメ、ショッピングを楽しむことができるこのレースの素晴らしさを実感し、以来2011年、2012年、2013年2014年と5年連続参加してきました。昨年はスケジュールの関係でエントリーできませんでしたが、今年は2年ぶりに参加することにしました。これまで5回は駅伝の部に参加し、初年度にフイナムメンバーで参加した以外はATHELETICS TOKYOのメンバーと走りましたが、今回は新設された10kmレースの部にエントリーする予定。10Kmという距離は「駅伝の5Kmでは物足りないけど、南国でのハーフマラソンはキツイなぁ」というランナーにピッタリだと思います。

大会公式サイトはこちら

エントリーはランネットスポーツエントリーでも可能です。

MRX_0645
スタートからしばらくは暗いけど、段々明るくなっていくなかを走るのも楽しいです。

MRT_0436
グアムらしいビーチ沿いもコースの一部。

MRX_0115
「グアム ココロードレース」の前日には4歳~12歳までの子供が主役の「グアム ココキッズファンラン」が開催されます。家族連れでの参加もいいですね。

「Tokyo Glow この夜、日本のヨガが変わる。」

[16.08.13]

IMG_5018

高い機能性とスタイリッシュなデザインを高次元で融合することで確固たるポジションを築くことに成功しているルルレモンのアスレチックウェア。先日のブログでも紹介しているように、自分も最近ランニングの際に愛用していますが、本当に快適でカッコイイ。そんなルルレモンが8月18日に、今までの日本のヨガのイメージを覆す、クールでエンターテインメント性の溢れる新感覚のヨガイベントを、アメリカで圧倒的な人気を誇るサンフランシスコ出⾝ヒップホップアーティスト、MC YOGIの初来⽇に合わせて開催します。︎

以下プレスリリースより
MC YOGIはHipHopミュージシャンであり、ヨガ指導者。ヨガで唱えるマントラの⾳響や伝統的なヒンズー教の思想をヒップホップやレゲエで表現し、音楽×ヨガをテーマに現代的なヨガのスタイルを伝えています。アメリカで最大規模のヨガのクラスを数々指導しているだけでなく、ホワイトハウス、スタンフォード大学、スミソニアン博物館など、数々の名の高い場所でもパフォーマンスをした経験を持つ。クラブ音楽とヨガのコラボレーションによって、 一味違う高揚感が味わえる人気のアーティスト。軽快なリズムをベースとしたエレクトロニックサウンドで、DJ×ヨガの組み合わせを体感できます。安定したリズムを取りながら、呼吸を深めていくヨガのワークアウトに音楽を取り入れることで、ハードなアーサナにも集中して取り組むことができます。心と身体がみるみる解放され、ポジティブな爽快感に満たされること間違いなし。︎

ランナーにとってヨガは体幹の強化やスムーズな呼吸法の習得にも最適。自分も時々ヨガのクラスやイベントに参加したり、iPhone & apple watchのポケットヨガというアプリでヨガを楽しんでいますが、今回、この「Tokyo Glow この夜、日本のヨガが変わる。」に参加してみようと思っています。

LULULEMON SURGE SHORTS “7 LIGHT

[16.08.05]

PIC_0349

今春日本に再上陸したルルレモン。これまではアメリカなど海外で購入していましたが、最近は原宿にできたショールームで買うことも多いです。
最近気に入ったのが、SURGE SHORTS ”7 LIGHT。この日のブログで紹介しているSURGE SHORTSの生地を極薄の超軽量タイプに変更したモデル。これが日本の高温多湿な夏のランにピッタリ。この生地は通気性もよく、肌にまとわりつくことなく、長時間のランニング時でも本当に快適でした。あと都内でやったらマズイですが、暑くて脱いだトップスを引っ掛けられるループを背中側に装備しているので、湘南とかハワイで走る際には本当に便利なディテールだと思います。先週スポーツナビDoで「高温多湿の日本の夏を乗り切るためのランニングギア2016年編」というのを執筆しましたが、このモデルはテストのタイミングに間に合わず紹介していませんが、実際には取り上げるべき機能性の高さを誇っています。

PIC_0350
背面のループは脱いだトップスやジャケットを保持できます。

PIC_0351
インナーは夏季にピッタリなミニマルなタイプ。快適性が高いです。

PIC_0352
あまりに履き心地がいいので、別カラーも購入。ちなみにショールームの住所は〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-16-13 営業時間は13時~19時です。

ALASKA AIRLINES ROCK’N’ ROLL SEATTLE 1/2 MARATHON

[16.08.03]

PIC_0345

1998年、カリフォルニア州サンディエゴでスタートしたロックンロールマラソン。コース上の随所でバンド演奏が行われ、ランニングと音楽を同時に楽しむというコンセプトは着実に受け入れられ、30都市以上で開催される世界屈指のマラソン大会シリーズに成長。現在ではラスベガス、シカゴ、ナッシュビルといったアメリカ国内のみならず、マドリード、メキシコシティといったアメリカ国外でも開催されるようになりました。以前ラスベガス大会にはハーフマラソン2回、フルマラソン1回出走したことがありますが、辛くなった箇所での音楽は本当に効果がありますね。

今回は6月18日に行われたシアトル大会のハーフマラソン部門にエントリー。シアトルはタコマ空港で10回以上乗り換えしたことはありますが、街に出るのは初めて。シアトルといえば個人的なイメージはイチローとボーイング社ですかね。あとは今は無きNBAのシアトル・スーパーソニックスのショーン・ケンプ。雨が多い土地柄から、彼にはレインマンというニックネームが付けられてました。雨が多いといえば開催日6月18日の天気予報がずっと雨だったのは本当に気がかりでした。今回のコースは8Km、ハーフマラソン、フルマラソンともにシアトルの観光名所であるスペースニードルをスタートしゴールのダウンタウンはセンチュリーリンクフィールドを目指しますちなみにここはアメリカンフットボール(NFL)のシアトル・シーホークス、サッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズのホームスタジアムで、隣にはMLBのシアトル・マリナーズの本拠地であるセーフコフィールドがあります。前日にエキスポへゼッケンのピックアップに行き、受け取った後は、まずスポーツ用品のスポンサーであるブルックスのブースへ。豊富なシューズ、アパレルが展開されており、特に大会記念アパレルは売れ行きがよさそうでしたし、ランナーにピッタリなシューズを提供する独自のプログラムであるラン シグネイチャーやロデオゲームetc.もトライすることができました。

PIC_0332
参加者Tシャツはブルックス製で吸汗速乾性に優れたマテリアルを使用。レース当日に着用しているランナーも多かった。

PIC_0329
RUN HAPPY ISLANDとネーミングされたブルックスの体感エリア。

PIC_0330
RUN HAPPY ISLANDでは、ランナーに最適なシューズを選択してくれるブルックス独自のプログラム、ラン シグネイチャーもトライできた。

PIC_0348
ランにもカジュアルシーンにもピッタリなクラシックデザインがカッコイイブルックス製の大会記念Tシャツ。13.1と26.2の数字はマイル表記でのハーフマラソンとフルマラソンの距離を意味します。今回、日本のブルックスの総代理店であるカスタムプロデュースより写真のTシャツのMサイズ(日本サイズLくらい)を抽選で各1名にプレゼント。詳しい募集要項はRunners PulseのNEWS & TOPICSコーナーで近々アップ予定。乞うご期待!

7時スタートということで5時に目覚ましをセットしますが、時差の関係で2時くらいに起きてしまう。ふと窓に目をやると外はかなり強い雨。まさに「アチャー!」って感じ。また眠くなったので、ベッドに戻りますが、雨の音が気になってなかなか眠れません。そうこうしているうちに起床時間に。すると雨は止んでいる。「このままゴールするまで止んでくれ!」と心のなかで祈ります。前日に日本食スーパーの「宇和島屋」で購入したおむすび二個を食べ、スタート地点のスペースニードルを目指します。ホテルを出ると数多くのランナーがスタート地点に向かっていますが、気温が摂氏10℃ほどと冷えていたこともあって、ほとんどのランナーが収納可能な薄手のジャケットや着古したスウェットパーカなどを防寒のために着ていました。スタートエリアに到着すると、自分のコラル(区分け)を目指します。今回はブルックリンマラソンのときと逆で、コラル3で前から3番目。1時間45分で申告した割に、かなり前からのスタートです。ラッキー!当初のスタート時間は7時でしたが、諸事情により15分遅れの7時15分にコラル1からスタート。自分はコラル3でしたが、係員の指示に従ってコラル2から2分遅れでスタート。周りのランナーはかなり速い。このペースに釣られるとまずいので、5分を切るくらいで走るようにしますが、さすが坂の街シアトル、アップダウンがキツく、しばらくして楽しんで走ることに方針変更。この大会は一般道だけでなく、州道99号線オーロラアベニュー・ノースという自動車専用道のトンネル内部を走ったり、高架部分を走ったりと、めまぐるしく景色の変わるコースは走っていて飽きません。州道99号線オーロラアベニュー・ノースは途中でアラスカンウェイ・バイアダクトと名を変えますが、この海沿いの高架部分は晴れていたら、もっと眺めがよかったと思います。ダウンタウンに入る高架橋を渡りきり、しばらくすると凄い斜度の坂道が目の前に現れます。このセニカストリートの急こう配は、自分の周囲のランナーは、一見速そうに見える人も含め、脚力温存のためか、半分ほどがここでは歩いていました。ダウンタウンは2ndアベニューを走り、ダウンタウンを出るとレーニエアベニューを南下。レイクワシントンブールバード・サウスというワシントン湖沿いを走り、9.5マイル(約15km)あたりでインターステート90号線エクスプレスへ。このハイウェイが高架部分になるとゴールは間近。残り1マイルほどで正面にシアトル・マリナーズの本拠地であるセーフコフィールドが見える。高架部分を降りるとゴールはすぐそば。沿道の応援もありがたい。ゴールのセンチュリーリンクフィールドへは手元のスントで1時間56分18秒(公式タイムは1時間56分15秒)。ハーフタイムのベストタイム1時間38分55秒なので遠く及びませんが、かなりアップダウンのあるコース、そして写真を撮りながら走ったことを思えば満足できる結果だし、途中のバンド演奏、変化のある景色等々、何より走っていて楽しい大会ですね。ロサンゼルスほどじゃないですが、観光、ショッピング、グルメといったビフォア&アフターも充実してます。何度エントリーしても当らないというフルマラソン難民の人にもオススメです。

PIC_0333
レース前の食事は食べ慣れたものがベストということで、シアトル在住の日本人の強い味方「宇和島屋」のおにぎりを朝食用にゲット!

PIC_0331
この日のアウトフィット。トップスはブルックスのシームレスで伸縮性にも優れたSTREAKER SHORT SLEEVE RUNNING SHIRT、ボトムスは履き心地の良いボクサーブリーフが縫いこまれたSHERPA 5″ 2-IN-1 RUNNING SHORTS。最近のブルックスのランニングアパレルは高級感があって本当にカッコイイ。

PIC_0335
ニューヨークシティマラソンでもおなじみの衣類回収ボックス。寒い日のレースではスタートぎりぎりまで防寒着を着て、ここに投げ込む。回収された衣類は慈善団体などに寄贈される。自分はコンパクトに収納できるブルックスのLSDジャケットを着ていたので、スタート直前に脱いでポケットへ。

PIC_0337
30以上のコラルが設定されましたたが、今回、自分はコラル3。しかも最終的にコラル2に行くように指示されたので、コラル1からのタイムロスはたったの2分だった。

PIC_0336
ハーフマラソンとフルマラソンが同時にスタートするのは珍しい。イエローのゼッケンがフルマラソンで、ブルーのゼッケンがハーフマラソン

PIC_0338
こんな感じでトンネル部分も走ります。

PIC_0339
アラスカンウェイ・バイアダクトからの景色。晴れていたらもっとキレイだったろうなぁ。

PIC_0340
かなりの急こう配だったセニカストリート。写真だとそれほどの斜度には見えませんが、きつ過ぎて歩くランナーが多数。

PIC_0341
ダウンタウンは2ndアベニューを北上します。

PIC_0342
インターステート90号線エクスプレスでダウンタウンを目指します。

PIC_0343
インターステート90号線エクスプレスの高架部分をしばらく走ると正面にマリナーズの本拠地であるセーフコフィールドが現れます。

PIC_0344
ゴールのセンチュリーリンクフィールド周辺の地元民の応援は本当に有難かった。

PIC_0346
楽しんで走って1時間56分15秒。この大会は景色がいろいろ変化するから飽きずに走れますね。

PIC_0334
今回の着用シューズはブルックスのフロー5。自然な着地感と適度なクッショニングで快適に21Kmを走ることができた。

PIC_0347
完走メダルはスペースニードルを始めとしたシアトルの街並みとサーモンがモチーフ。