スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
BLOG

On Cloudsurfer

2014.03.31
Masahiro Minai
南井 正弘 フリーライター、ランナーズパルス編集長
1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間52分00秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

Cloudsurfer

アウトソールに配されたCloudTecという独自のクッショニングテクノロジーが自然な着地感と力強い反発性能を兼ね備えたOnのランニングシューズ。昨年モデルチェンジしたCloudrunnerには安定性と反発性能を高める合成樹脂製のスピードボードと呼ばれるプレートを新たに内蔵しましたが、km/4分~5分という速目のペースをターゲットとするトレーニングシューズのCloudsurferも今春モデルチェンジを果たし、このスピードボードを内蔵することになりました。

自分は従来のCloudsurferも履いており、これまでも、その高い推進力を感じていましたが、ニューモデルは明らかにパフォーマンス性能が向上。自分の脚力でも無理なくkm/4分50秒ほどのペースをキープすることができました。それとOnのシューズは足に優しいので、「ちょっとかかとが痛いかな?」というような日でも痛みを感じる箇所に負荷を掛けることなく、走ることが可能。なので2013年はOnのシューズのおかげで走るのを休まないで済んだ日が少なくとも7~8日はあったと思います。もちろんこのCloudsurferもOnならではの優しい履き心地を継承しています。

CATEGORIES