スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
BLOG

Honolulu Marathon 2018

2019.12.07
Masahiro Minai
南井 正弘 フリーライター、ランナーズパルス編集長
1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間52分00秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

「日本人ランナーにとって、最も馴染み深い海外マラソンは?」と聞かれたら、「ホノルルマラソン!」と答える人が最も多いでしょうね。2019年は、12月8日に開催されます。2018年大会のことは、ランナーズパルスVol.5やウェブスペシャルで紹介しましたが、このブログでもいくつかの写真でチラッと振り返ってみたいと思います。ちなみに自分は今年も走りますが、この大会やニューヨークシティマラソンは、何度走っても飽きることがありません。あと、ホノルルマラソンは、前日まで現地でエントリーできるのも素晴らしい。クリック合戦や抽選とも無縁で、「フルマラソンを走りたい!」という意思のある、すべての人が走ることができるのです!

とてもキレイだったダウンタウンエリアのクリスマスツリー。今年再会するのが楽しみです!

ダイヤモンドヘッドからカハラ方面へと向かう下り坂は景色がとてもキレイでした。

42.195kmをエンジョイしつつ、無事ゴール。ホノルルマラソンはタイムを狙うレースとは異なった楽しみかたがあると思います。

ゴールではハワイ名物マラサダも供されます。疲れたカラダにはマラサダの甘さが嬉しい!!!

 

今年も42.195kmを楽しんできます!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORIES