home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

reric Erebusウインドブレーカー

[16.11.27]

PIC_0024

先日rericのランニングショーツを紹介しましたが、9月のシドニーマラソンではトップスのDenaliハーフジップTシャツと薄手のアウターであるErebusウインドブレーカーも着用。シドニーマラソンのスタート前後は気温摂氏10℃ほどとちょっぴり寒かったんですが、このErebusウインドブレーカーをスタートのギリギリまで着ていたので寒さ知らず。スタート直前に脱いで、コンパクトに纏めてショーツのバックポケットへ入れてスタートしました。最近では極薄で超軽量のタイプはあたりまえとなりましたが、このErebusウインドブレーカーはなかでも機能性が高い。視界を狭めない構造のフードデザイン、耐久性に優れた袖口etc.実際に着用してみると、その優秀性に気付くはずです。知り合いのランナーの何人かにも薦めて、彼らはゲットしてましたが、残念ながら現時点では完売。来シーズンに同種か後継モデルが再入荷orリリースされると思うので、その際はぜひトライしてみてください。その着心地の良さに驚くと思いますよ。

PIC_0023
フィット性が高く視界を妨げないフードデザイン。

PIC_0025c
袖口は耐久性に優れたパーツで補強!

PIC_0026
着用しないときは、こちらのポケットへコンパクトに収納可能

IMG_0475
キャットストリートにあるrericの直営店。バイシクル、ランetc.rericの豊富なラインアップをチェック可能。さらにOnのスポーツフットウェアの品揃えも充実しています。