スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
BLOG

ランニングTシャツ

2018.08.09
Yuichi Shibui
渋井 勇一 デザインオフィス「RASSLIN’&CO.」代表
トレイルランニングをベースとしたライフスタイルブランド「Mountain Martial Arts(MMA)」ディレクター。トレイルランニングに出会い人生が変わったことから、アクティビティのあるライフスタイルの楽しさを提案するブランドを立ち上げ、デザイン性のあるオリジナルウェアとトレイルの情報を発信するWEBメディアを展開。マイペースに楽しむがモットー。2012年 STY(Shizuoka to Yamanashi)完走/2012年 日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走/2013年 おんたけウルトラ100k 完走/2017年 Ultra Trail Australia50 完走/2017年 OCC(Orsieres-Champex-Chamonix)完走 http://mountain-ma.com/

先日はランニングパンツについて書いたので、今回はランニングTシャツについて。

ランナーのみなさまであれば、走る時に着用するTシャツはけっこうな数をお持ちだと思います。大会参加賞がTシャツであることが多いし、様々なスポーツブランドから手頃な価格で発売されています。ぼくも以前は気に入った大会参加賞Tシャツを着ていました。

気に入った、というのがポイントです。大会Tシャツだから、手頃だから、といって、なんでもいいわけではないのです。

ぼくは選択するポイントとして、

1.デザイン
2.素材感

を考慮します。Mountain Martial Arts(MMA)は基本的に「自分が着たいモノ」を作っているので、そのポイントはMMAのアイテムにもフィードバックします。つまり、デザインと素材感にこだわる。

Tシャツは形や素材など何種類か作っていて(すべて日本製のオリジナル)、そもそも「ランニングTシャツ」とはうたっていません。普段も着られるし、ランニングにも使える、というコンセプト。

MMA Why do you want to RUN? Tee

MMAの中ではわりとランニング寄りのTシャツです。ボディは「REGULAR」タイプで、細からず、太からずのシルエット。素材は吸水速乾機能を持つCOOLMAX®で、少し光沢感があり、スポーティーな雰囲気。脇部分をCOOLMAX®メッシュで切り返し、通気性をアップさせています。

フロントには「Why do you want to RUN?(何故走るのか?)」という、ランナーなら誰でも一度は考えたことがありそうな気持ちをタイポグラフィーでプリントしています。スポーティー過ぎないようにしました。

MMA×FRANK&MORRIS Tie-Dye Tee

インディペンデントブランド「FRANK&MORRIS」さんとコラボレーションしたTシャツです。ボディのサイジングは「REGULAR」と同じですが、脇部分にガゼットを設け、着用した際により体にフィットする立体的な構造としています。

素材はこちらもCOOLMAX®ですが、光沢感のないマットな質感です。そこにオレンジ色のタイダイを全面フルプリント。プリントする分、コストも上がりますが、真っ白なTシャツとオレンジのタイダイのTシャツでは雰囲気が全然異なります。そうした部分に手間をかけるのが「デザインのこだわり」ということになるのだと思います。

ちなみにプリントの元となったタイダイのTシャツは古着屋さんで見つけました。

MMA×ERDORESO Flower Tee

こちらはインディペンデントブランド「ERDORESO」さんとコラボレーションしたTシャツです。ERDORESOさんは派手なグラフィックが人気のランニング系ブランドで、首元から脇にかけて切り替えている部分のグラフィクはERDORESOさんデザイン。

ボディのサイジングは少しゆとりのある「RELAX」タイプで、ラグランスリーブになっています。素材はタイダイTと同じCOOLMAX®で、花柄の部分を転写プリントしています。その切り返しの下の部分に小さなポケットを装備。目立つことなくデザインに馴染み、こういうディティールは「機能とデザインの融合」ですね。

こういう切り返しで柄の入ったTシャツは、柄物を取り入れる一歩としてオススメです。

MMA Crazy Border Big Tee

こちらはちょっと変化球。MMAが定番で展開しているボーダーTをクレイジーパターン+ビッグシルエットにしました。ランニングに使うのはタイトなTシャツという印象がなんとなくありますが、あえてファッショントレンドであるビッグシルエットを取り入れてみました。走ってみると、ゆとりのある部分から風が入り、心地よかったです。解放される感じ(最近サンダルランだし)。

素材はこちらもCOOLMAX®で、ボーダーの洋服を全面プリントしています。だから皺や織りもプリントです。結果的に、普段着としてもまったく違和感がなく、ぼくみたいな汗かきは夏場の普段着として重宝しています。

この日はこの格好で仕事に行き、走って帰りました。先にも書いたように、普段も着られるし、ランニングにも使える。

ブランドとしてのコンセプトは不変ですが、素材やシルエット、ディティールなどはモデルにより細々と変えています。機能に特化したランニングTシャツはスポーツメーカーさんがたくさん作っています。もちろん、ぼくも機能は大切だと思っていますが、デザインにこだわったり、遊び心を取り入れたウェアをこれからも作っていきたいと思っています。それがインディペンデント系ブランドの存在意義。

インディペンデントなランニング系ブランド。興味はあるけど、手を出していない、というランナーのみなさま。ぜひ一度試してみてください。新しい喜びを感じていただけるかも。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

Mountain Martial Arts(MMA)公式サイト
https://mountain-ma.com

MMA Facebook page
https://www.facebook.com/mountainmartial/

MMA Instagram
https://www.instagram.com/mountainmartialarts/

自分のInstagram
https://www.instagram.com/shibuinsta_mania/

MMAサイト内のブログ「文系ランナーZ」
https://mountain-ma.com/bunkei/

ファッションメディアのフイナムさんのブログ「文系ランナー別館」
http://mma-trailrun.blog.houyhnhnm.jp

CATEGORIES