スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
BLOG

HOKA ONE ONEのDNA(BONDI X)

2021.09.26
Yuichi Shibui
渋井 勇一 デザインオフィス「RASSLIN’&CO.」代表
トレイルランニングをベースとしたライフスタイルブランド「Mountain Martial Arts(MMA)」ディレクター。トレイルランニングに出会い人生が変わったことから、アクティビティのあるライフスタイルの楽しさを提案するブランドを立ち上げ、デザイン性のあるオリジナルウェアとトレイルの情報を発信するWEBメディアを展開。マイペースに楽しむがモットー。2012年 STY(Shizuoka to Yamanashi)完走/2012年 日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走/2013年 おんたけウルトラ100k 完走/2017年 Ultra Trail Australia50 完走/2017年 OCC(Orsieres-Champex-Chamonix)完走 http://mountain-ma.com/

2009年に創業したHOKA ONE ONEが短期間で世界中で認知されるブランドに成長した理由のひとつに、独創的な発想と技術があると思っている。

厚底ソールから生まれる高いクッション性。
メタロッカーと呼ばれるソール形状から生まれるローリング運動。
ぼくの調べだと、カーボンを市販のランニングシューズに搭載したのもHOKA ONE ONEが最初だ。
そしてヒールが後ろに異常に伸びたTenNineは、もはやシューズではなくランニングギアと呼ばれている。

HOKA ONE ONEは独自の道を進んでいる。

中でも最高級のクッション性で人気の主流モデルが「BONDI(ボンダイ)」。HOKA ONE ONEらしさを存分に感じられるマシュマロクッションの厚底ソールが特徴のランニングシューズだが、なんとそのBONDIにカーボンプレートを搭載したモデルが発売されるという。

マシュマロクッションとカーボンプレート?まったく想像できない。

実はぼくもBONDIを何足か所有している。先日もENGINEREED GARMENTSのコラボモデルを購入したばかり。でもランニングには使っていない。普段は薄底やサンダルで走るので、高いクッション性のシューズは苦手意識がある。だからBONDIはタウンユースとして使っている(タウンユースとしては最高)。

そんなぼくだが、そのカーボンプレートを装備した「BONDI X」を履く機会をいただいた(フルマラソンでタイムを削るようなランナーではないという前提のぼくのレビューになるが)。

見た感じは、ゴツいソールと、少し張り出したヒールが特徴的。これはCLIFTON EDGEにも採用されていたTenNineのテクノロジーだろう。

走り出すと、最初はやはりクッションに戸惑った。しかし通常のBONDIと異なるのは沈み込みきらないこと。ある程度沈み、カーボンプレートが受け止める。そして、きちんとローリングしていくのを感じる。ぼくはフォアからミッド着地でこれまでローリングを感じることがなかった。しかし、BONDI Xではメタロッカーの恩恵を感じることができる。

そして幅広いソールは腰下を安定させ、着地時の衝撃も吸収するので、身体への負担も低減されていることだろう。ペースを上げていくというよりは、たんたんと距離を伸ばすウルトラマラソンやロング走に向いていそう。

HOKA ONE ONEの関係者から「高級セダンのような乗り心地」と聞いていたが、なるほどと思った。スポーツカーのように自分から積極的にコントロールするのではなく、車(シューズ)自体のポテンシャルに身体を預けてしまう。そうすれば快適に移動していく。

考えてみれば、BONDI Xには厚底、メタロッカー、カーボンプレート、張り出したヒールと、HOKA ONE ONEならではのDNAがすべて詰まっている。HOKA ONE ONEの歴史とDNAを一足で感じることができるモデルだ。

安くはない。が、HOKA ONE ONEのDNAを体感するモデルとして、歴史の証人となれるシューズ。

価格: ¥30,800(税抜 ¥28,000)発売日: 2021年10月1日

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

ブランドのInstagram
https://www.instagram.com/mountainmartialarts/

ぼくのInstagram
https://www.instagram.com/shibuinsta_mania/

MOUNTAIN MARTIAL ARTS 公式サイト
https://mountain-ma.com

MMAサイト内のブログ「文系ランナーZ」
https://mountain-ma.com/bunkei/

ファッションメディア「HOUYHNHNM」さんのブログ
https://b.houyhnhnm.jp/shibui_yuichi/

note始めました
https://note.mu/rasslinandco

CATEGORIES