スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
BLOG

BROOKS GLYCERIN 12

2014.08.27
Masahiro Minai
南井 正弘 フリーライター、ランナーズパルス編集長
1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間52分00秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

 

DSC_2961

7月末に18年ぶりにボストンを訪問し、滞在中は毎日走っていましたが、現地ランナーの足元を見ると、ベアフットタイプがちょっぴり減って、ニュートラルタイプや、かかととつま先の高低差、すなわちドロップやオフセットが少ないナチュラルタイプが増えています。ちなみにニュートラルタイプの代表モデルはアシックスのゲルニンバスやナイキのヴォメロ、そして今回紹介するブルックスのグリセリンなどです。

ブルックスのグリセリンシリーズは、今夏に12弾モデルのグリセリン12が日本でもリリースされましたが、足裏全体で着地できるフルグランドコンタクトソールはアーチ付近の接地面積を拡大しつつ、定評ある高いクッション性を組み合わせています。アッパーは縫い目を無くした3Dフィットプリントを採用しているので、脚力がロス無くシューズに伝えられる感じがします。前モデルのグリセリン11も履いていましたが、アウトソールの形状が変更されたことによって、履き心地がフラッグシップモデルのトランセンドに似てきた感じがします。オーバープロネーションの心配が無く、クッション性の高いモデルを求めるランナーに最適なシューズだと思います。

CATEGORIES