home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

ASICS fuzeX Rush

[17.06.15]

IMG_2864

アメリカのランナーの多くがラン用と街履きのシューズを兼用にしているように、最近の自分もその傾向にあります。それは以前よりも落ち着いたカラーリングやスタイリッシュなランニングシューズが増えたからであり、これらの製品群は新たなマーケットを創造していると思います。

そんな状況で着用率の高いのが、アシックスのfuzeX Rush。ブラックとグレー系カラーのグラデーションが美しい1足で、走り心地も軽快で快適。購入しやすい価格設定もいいですね。同シリーズの今後の展開も楽しみです。

IMG_2865
前足部分と踵部分には軽量かつクッション性に優れたfuzeGELを搭載。カッコいいだけでなく、機能性もしっかり確保しています。

IMG_4120
エルサレムマラソンに行った際に持っていったシューズは、すべてブラック系。
上からアルトラ エスカランテ、アシックス fuzeX Rush、ホカ オネオネ クリフトン3。
いずれのシューズも高い走行性能に加えて、カジュアルシーンにおける汎用性もプラスしています。