home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

第11回湘南国際マラソン

[17.04.21]

PIC_0078

2009年の初参加以来、6度目となる湘南国際マラソン。関東エリア屈指の人気大会です。
今回も3年連続でチームSUUNTOとして出走。カラー液晶、タッチパネルを装備した最新モデルのスパルタン ウルトラ ステルスチタンの機能性の高さを体感しました。
翌々日からカリフォルニア出張を控えていて、疲労を残さないために、今回もファンランで5時間切りのペースで走ります。
マラソンを走るにはちょっぴり暑めでしたが、好天に恵まれ、ほぼすべてのエイドで何かしら食べるというお気楽ラン。去年はトイレ2回で撃チンしましたが、今年は一度もトイレに行かずにゴール。
手元のSUUNTOスパルタン ウルトラ ステルスチタンで4時間48分00秒、公式ネットタイムは4時間47分57秒。終始心拍数を上げずにマイペースで走ったので、景色を存分に堪能できるレースとなりました。自分の周囲では自己記録更新を果たしたランナーも多く、やはり湘南国際マラソンは素晴らしい大会だということを再認識。一度ゴールを通り過ぎるコースはちょっぴり嫌なんですけどね(笑)

IMG_1306
今回はこんな感じの装備。気温が上がりそうだったので、ロングタイツではなく、ゲイターとアームカバーの組み合わせで。

PIC_0076
今回もチームSUUNTOで出走。左からWWD大塚氏、フイナム山本氏、モデルの大木さん、宝島社太田氏、ランナーズパルス南井、フリーエディター榎本氏、ラントリップ大森氏。お揃いのTシャツがいいですね。

PIC_0081
スタート前にモデルの春日潤也くんと。この大会で自己記録となる4時間4分19秒でゴール。

PIC_0077
この大会に出走経験のあるランナーなら知っている、名付けて「湘南国際名物、スタートラインまでの軽いジョグ」。

PIC_0079
大きなトラブルもなく無事ゴール。ほぼすべてのエイドで何かしら口に入れていたので、お腹パンパン!食べたかったしらす丼は残念ながら食べられず。

PIC_0080
キューバのハバナマラソンに続きレースのお供をしてくれたSUUNTO スパルタン ウルトラ ステルス チタン。操作は簡単だし、視認性も高い。シャープな印象のカラー&デザインはラン以外にもピッタリで、リッチなスタイリッシュランナーにオススメの逸品です!

IMG_1356 (1)
今回のシューズはニューバランスのVAZEE RUSH。推進力のあるシューズなんで、ペースが速すぎになることを心配しましたが、そんなこともなく、しっかりと足を保護。翌々日からのカリフォルニア出張をノンダメージで迎えることができました。