スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
SPECIAL

【THE NORTH FACE】アウトドアシーンの巨人、THE NORTH FACEヘッドクォーターへ。PART.1

2018.03.16
YOSHITO YANAGIDA
MASAHIRO MINAI

 

2018年春、これまで以上にフットウェアに注力する「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」の本国オフィス取材を敢行。

ザ・ノース・フェイスが絶好調だ。これぞ機能美と言うべきテクノロジーとデザインを高次元で融合した商品群は、アウトドアフィールドはもちろん、ライフスタイルシーンでも高い支持を得ることに成功している。そんなザ・ノース・フェイスで見逃せないのがフットウェア。2018年、最も注目すべき存在のひとつとなる!

 

THE NORTH FACEが生まれる場所。

ザ・ノース・フェイスのヘッドクォーターは、カリフォルニア州のベイエリア、オークランドの西に隣接するアラメダに位置している。このエコロジーにも配慮したオフィスはスタイリッシュかつ機能的で、ザ・ノース・フェイスの開発チームはこの恵まれたワークスペースで数々のプロダクトを生み出している。

ザ・ノース・フェイスは、1966年にダグラス・トンプキンスによって、カリフォルニア州ノースビーチで小さな店から始まり、1968年に同州バークレーで創業されたアウトドアイクイプメントカンパニー。当初は小さな規模のビジネスであったが、“NEVER STOP EXPLORING(決して冒険を止めない!)”という同社の有名なコピーが象徴するように、いつの時代も進化を止めない製品開発アプローチから誕生する、機能性に優れたプロダクトを次々と発表することで世界中のアウトドアマンズを魅了し、世界でもトップクラスのアウトドアブランドへと成長。2000年からはティンバーランドやヴァンズ、リー、ラングラーといったブランドも有するVFコーポレーションのメンバーとなっている。それに伴いヘッドクォーターも、創業の地であるバークレーではなく、同じカリフォルニア州アラメダ郡のアラメダという街に位置している。オフィスはハーバーベイ・パークウェイという海に面した道路沿いに立地する近代的なビルにあり、同グループのジャンスポーツ(バッグ類)、スマートウール(ウール衣類)といったブランドと同じ敷地内だ。

カリフォルニア州は地球環境保護に対する意識がとても高く、全米で最も電気自動車普及に積極的な州のひとつとして知られている。今から7年後の2025年までに150万台のZEV(Zero Emission Vehicle 排出ガスを一切出さない電気自動車や燃料電池自動車のこと)普及を目標に掲げているほどだ。アラメダのザ・ノース・フェイスのオフィスを訪れると、そのことを実感することができる。オフィスの駐車場には電気自動車専用区画がいくつも設けられていたり、電気自動車用の充電スタンドが何機も備えられていたからだ。そして駐車場の一部には屋根が設置されているのだが、この屋根が太陽光発電のソーラーパネルになっているという徹底ぶり。随所にエコロジーに対する本気度というのを見せつけられた。

オフィスの駐車場には電気自動車用の充電スタンドが

屋根の一部は太陽光発電のソーラーパネル

一方で、中庭には沢山の種類の植物が栽培されていて、無機質になりがちな近代的なデザインのオフィスと見事な調和を図っているのはさすが。訪問した日はあいにくの曇天だったが、晴れて気温の高い日には社員はウッドデッキの屋外テラスでリラックスしたり、そのままミーティングや仕事をしたりもするという。カリフォルニアの太陽の下なら、ミーティングはポジティブな意見が交わされそうだし、PC作業なども屋内よりも効率が上がりそうで羨ましい。

たくさんの植物が栽培されている中庭。晴天の日にはここでミーティングも行われる

そしてもうひとつ羨ましいと思ったのは、オフィスに面するハーバーベイ・パークウェイの海側の歩道がランニングに最適な点。“対岸のサンフランシスコのビル群やサンフランシスコとオークランドを結ぶベイブリッジを眺めながらのランニングは最高なはず!”と思い、筆者もインタビュー前の空き時間に2kmほど走ったが、思った通り。途中で舗装路と土の道をセレクトできるなど、仕事の途中で気分転換にこのコースを走ったら、面白いアイディアが思い浮かぶことだろう。

目の前の歩道では、対岸にサンフランシスコのビル群やベイブリッジを眺めながらランニングができる

オフィス内部に案内されると、廊下には“50 YEARS OF INNOVATION(革新とともにあった50年)”の文字とともに、創業から現在まで、同社が開発した歴史的なプロダクトの現物や写真がディスプレイされている。そのなかにはシェラパーカやヌプシジャケットのように日本でもポピュラーになったものも少なくなかった。また最近のアメリカのオフィス、特にスポーツ関連のブランドのオフィスにはスポーツジムを備えていることは珍しくないが、ザ・ノース・フェイスもその例に漏れない。トレッドミルやエアロバイク、ウェイトマシンetc.一通りの機材が揃っている。ただしアウトドアブランドのオフィス内ジムらしいと思ったのは、懸垂用バーの隣にボルダリング用のトレーニングボードが備えられている点。これまで世界中のスポーツブランドのオフィスジムをいくつも訪問したが、このタイプの器具が備えられていたのは初めてであった。

オフィス廊下には“革新とともにあった50年”のメッセージが

そして同社が開発した歴史的プロダクトがディスプレイ

オフィスにはスポーツジムも

ボルダリング用のトレーニングボードも設置

 

 

PART.2へ続く

 

 

RECOMMEND
CATEGORIES