スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
SPECIAL

【BROOKS】格闘家の宇野薫選手とRunners Pulse編集長がブルックス レビテイトの魅力を語る!

2018.04.13
Hiroshi Mashimo
Masahiro Minai
mm THAI

昨年秋のデビュー以来、世界中のランナーを魅了しているランニングシューズがある。それがブルックスのレビテイト。ブルックスのみならずスポーツシューズの歴史においても屈指の衝撃吸収、反発性能を誇るこのモデルをいち早く体感したRunners Pulse編集長の南井正弘と格闘家の宇野薫選手が、このモデルを履いて走り、その機能性の高さを体感した。

 

BROOKS LEVITATE(ブルックス レビテイト)とは?

ブルックス レビテイト ブルックス レビテイト
2017年秋にブルックスから同社史上最高の高反発を誇るシューズとしてリリースされたのが、レビテイト。レビテイトのミッドソールは、ドイツの著名な化学品メーカーであるBASFとの連携で開発したポリウレタンを中心に配し、周囲をTPU(熱可塑性ウレタン)で包んだ構造であるDNA AMPを採用。このテクノロジーにより、着地の際のエネルギーが側面や底面から逃げることなく、すべてのエネルギーをロスなく推進力へと変換してくれる。このDNA AMPミッドソールや、足とのフィット性に優れたフィットニットアッパー、グリップ性に優れたアウトソールといったスペックを結集したレビテイトは、今までにないエナジーリターンをランナーに提供し、いつまででも走っていられるような反発性を足裏に感じることができるだろう。

 

格闘家 宇野薫選手とRunners Pulse編集長の南井正弘が
実際に走って体感したBROOKS LEVITATEの機能性の高さとは?

試合が決まっていないときには暴飲暴食で試合時の体重から大幅に増量してしまう格闘家も珍しくないなか、定期的に走ることを続けるなど、日々の体調管理に留意している宇野薫選手。そして「楽しんで走る!」をモットーに、ほぼ毎日の6kmランを欠かさない南井正弘がブルックス レビテイトの限定モデルを履いて横浜の街を走り、その機能性を語ってくれた。

南井:レビテイトのことを聞く前にブルックスというブランドのことは知っていましたか? 知っていたとしたらどのようなイメージでしたか?

宇野:そうですね、古着が大好きなんで、古着屋さんとかで売られている過去の名作が思い浮かびました。歴史のあるスポーツシューズブランドというイメージです。あとはアメリカ人を始めとした海外のランナーが履いているランニングシューズブランドという印象ですね。

南井:実はブルックスはアメリカのランニング専門店における販売シェアが1位のブランドなんですよ。

ブルックス レビテイト

宇野:そうなんですね。それは知らなかったです。

南井:実際に今回レビテイトを履いてどんな感想でしたか?

宇野:正直思っていたイメージと違いましたね。ブルックスのランニングシューズを履くのは初めてなので、どんな履き心地なのか楽しみだったのですが、とても走りやすくてクッション性を重視していることがすぐに理解できました。あと跳ねる感じ、反発がいいですね。

南井:レビテイトはスポーツシューズ業界全体でもトップクラスの衝撃吸収、反発性能を確保していますが、実際に履かれてそのことは感じられましたか?

宇野:そうですね。自分はランニングシューズに対して特にクッション性を求めていて、これまでも各ブランドのクッション性に優れたモデルを履いてきました。レビテイトはそれらシューズと比較しても遜色ないレベルで、上位にランクすることができます。あとこのシューズに関して感じたのは、かかとがしっかりと包まれている感じでホールド性が高いこと。そのことで自分の脚力を効率的に路面に伝えてくれる気がします。一方でアッパーの前足部は伸縮性があるので、長時間履いていても快適でしょうね。

南井:レビテイトは着地から中間点、蹴り出しまでの一連の動きのスムーズさ、そして着地時の安定性もトップクラスのシューズだと思うんですが、いかがでしたか?

宇野:確かに言われてみるとそうですね。着地から蹴り出しまでがスムーズでした。あと安定性も高かったです。

LEVITATE

南井:このコンポーネントリング(分解サンプル)を見てもらうとわかるんですが、ミッドソールの内側よりも周囲が固くなっているので、着地時のエネルギーが側面や底面から逃げないで、すべてのエネルギーをロスなく推進力へと変えてくれるんですよ。

宇野:なるほど、いろいろ考えられているんですね。こういった分解サンプルというのはあまり見る機会がなかったのですが、細部までこだわりが見られ、興味深かったです。

BROOKS LEVITATE 分解サンプル

南井:個人的にはレビテイトのデザインも気に入っているのですが、宇野さんはいかがですか?

宇野:個人的にホワイトベースのシューズが大好きなんで、このリミテッドモデルのカラーリングはとても気に入りました。ミッドソールがメタリックシルバーというのもとても斬新だし。あとライトブラウンのヒールタブやシュータンラベル、アウトソールにガムラバーを使用しているところはオールドスクールというかクラシックなテイストで面白いと思います。それと日本ではほぼ完売みたいですが、レギュラーモデルのブラックカラーも好きなカラーリングです。

南井:ほかにカラーリングetc.で要望などありますか?

宇野:ホワイトやブラック以外にグレーも好きなカラーリングなので、レビテイトにグレー系のバリエーションがリリースされたら嬉しいですね。

宇野薫、南井正弘

レビテイト アートスポーツ限定カラー

レビテイト アートスポーツ限定カラー
メンズ25.0~28.0cm、ウィメンズ22.5~25.0cm
¥18,000(税別)

レビテイト B&D限定カラー

レビテイト B&D限定カラー
メンズ25.0~28.0cm、ウィメンズ22.5~25.0cm
¥18,000(税別)

 

まとめ
コンディショニングを保つためのアクティビティとして、ランニングを重要視する宇野選手。それだけにランニングシューズには高い保護性、すなわち優れたクッション性を第一に考え、これまで各ブランドのフラッグシップモデルを中心に着用してきた。そんな宇野選手にとってもブルックスのレビテイトの衝撃吸収性、そして反発性能は驚きのレベルにあったようで高く評価された。カラダを資本とするプロアスリートであり、ギアへの造詣が深い宇野選手の評価だけに、そのコメントにはとても信頼性があるのではないかと思った。

 

■取り扱い店舗
・アートスポーツ限定カラー
アートスポーツ ODBOX本店
 http://www.art-sports.jp/shops/shops-honten/

・B&D限定カラー
B&D 【東京都】町田店、調布店、上野店、渋谷店、立川店、ひばりが丘店【神奈川県】本厚木店、横浜桜木町店、あざみ野店、川崎店、青葉台店、大船店【埼玉県】川越店、大宮店、浦和パルコ店、熊谷店【千葉県】津田沼店、柏店【その他】高崎店、宇都宮店、オンラインストア
https://www.bnd.co.jp/shop

■INFORMATION
ブルックスカスタマーサービス
TEL:0800-800-2380
www.brooksrunning.co.jp/

 

■BROOKS関連記事 
2017年秋冬シーズンに日本のランナーが注目すべきブルックスの二つの個性!(GHOST 10・REVEL) 
流れるような軽快な走り。FLOW6
実際に履いてみてわかったブルックス ゴースト9の実力! 
BROOKS 本社取材 #1 
BROOKS 本社取材 #2

RECOMMEND
CATEGORIES