home > runnersblog > Satoru Tachishita

舘下智
舘下智

Satoru Tachishita

舘下 智 : FULLMARKS HOUDINI担当

1976年生まれ、富山県出身。現在は札幌から横浜へ転勤。北欧アウトドアブランドHOUDINIの営業マンとして全国各地とスウェーデンを駆け回る日々を過ごしている。「誰よりも楽しむ事」をモットーに2014年はウルトラトレイル・ドゥ・モンブラン168㎞(45時間9分)、グランレイド・レユニオン172㎞(54時間)で完走。

2016年 一番我慢した日

[16.06.23]

こんにちは

先日、山梨県で開催された『スリーピークス八ヶ岳トレイル』に参加してきました。38㎞は昨年に続き、二度目の出場なのと今年は順調にトレーニングを積み重ねていたので気合を入れて臨みました。

午前7時スタート。今回はHRCのメンバーでもあり、100マイルレースの日本トップランナーの大瀬和文君にそそのかされて一番前に並んだことが大失敗の元に。。。明らかに速すぎるペースに乗って最初のエイドまで突っ走りました。さらにエイドへ向かう下りセクションで、なんだか便意を感じ始めたのでエイドに到着するやいなやトイレに駆け込みました。スタート前にもしっかりスッキリしたはずなのにおかしいなぁ。トイレを済ませエイドでオレンジを少し食べて次のエイドへ向けて出発!が、すぐにまた便意が襲ってきました。「うーむ。。。ここは戻って出し切った方がいいのか、それとも我慢して次へ向かうのがいいのか?」走りながら自問自答して出した結論が、「先へ向かう!」しかし、標高差1000mという、このレース一番のメインセクション、三ツ頭に向かう登りに差し掛かったとき、大したことのなかった便意はその勢いを急激に増してきたのでした。時々、一歩出すと危険な状態になること数回、何度も立ち止まりながら便意をやり過ごし脂汗を滲ませながら三ツ頭をめざします。ケツ筋に最大限の力を注いでいるため、地面にしっかり足を踏み込めずなかなか前に進めない。これはやばいと感じたのでOPEN AIR TOILETを探すものの、身を隠すには低すぎる笹薮と後ろから途切れることなくやってくる後続ランナーの波にOPEN AIR TOILETは諦めて数キロ先のエイドを目指す。

そんな便意に苦しんでいる事を知らない、僕に追い付いてきた九州の高木君が「みーつけた!」と言って、こともあろうかカンチョーをお見舞いしてくれました。

タチ「ちょ!なにすんの!!やめてよ(怒)」

彼はちょっとキレ気味の僕に戸惑いつつ、「え?!だって追い付いたし、ケツたたいても面白くないからさ・・・」

タチ「いやーやばいんだよね。さっきのエイド出た後から漏れそうでここまで来たんだけど、マジでやばいんだよ」

高木「次のエイドまで結構あるよー大丈夫?」

タチ「だよねぇ。。。まぁ頑張るよ。」

運よく便意が収まっている時だったからことなきをえたものの、一歩間違えば大惨事になっていたかと思うと冷や汗ものだ。アブナイアブナイ・・・

断続的に襲い掛かる便意と戦いながら三ツ頭まで到着。とりあえず石に腰かけて息を整えて出発、下りはもう何も考えずに次のエイドまで走った。エイドまで行けばトイレがあると信じて。

エイドからの声援が耳に届く距離まで近づいてきた。もうすぐこの窮地を脱することが出来るかと思うと少し気が楽になる。エイドに到着し、スタッフの方に「トイレってどこですか?」と聞くと、「トイレはここから約10分下ったところの駐車場にあると思います。」という返答が。。な、なにーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

ココカラジュップンモクダルンデスカ・・・

目の前が真っ暗になったけど、とにかくトイレに向かうしかない。しかし、エイドでトイレに駆け込めると思い込み一度緩んだ僕の気持と括約筋の隙間を便意が見逃すはずはなく、ここからトイレまでの区間は今までにない強烈な便意が襲ってくるのです。それはさながら大阪夏の陣で徳川家康をあと一歩のところまで追い詰めたという伝説の真田幸村の突撃の如く、どんなに跳ね返しても繰り返し波のように襲ってくる決死の幸村隊の突撃に追い詰められ、自害を覚悟したという家康がオーバーラップした僕もその辺の草むらでギブアップしようと腹を括ったその時、「たちさーん!」という声が後ろから聞こえてくるではありませんか。

んんんー?!

振り返ると、大会実行委員のⅯさんの旦那さんが爽やかな笑顔と共に下ってきます。

Ⅿさん「大丈夫ですか?」

タチ「いや、もう限界ギリギリです・・・お腹がやばいんです。」

Ⅿさん「トイレこの先にあるはずなんで、先にいって様子見てきます」

タチ「あ、あぁ、ありがとうございます」

こうして僕のその辺で済ませちゃおうかという計画はもろくも崩れ去り、そして再び便意(幸村)の突撃に苦しめられながらトイレを目指し這う這うの体でトイレに辿り着き、それまでの苦難を開放することに成功。ほぼ全部出し切り、スッキリしてトイレを後にしました。エイドに上り返し水分を取って出発。お腹の調子はまだまだ微妙ながらとりあえず危機は脱した。

後半の地味にキツイ登り下りを繰り返してようやく最終エイドに到着。とりあえずトイレに駆け込んで、補給をしてゴールに向けて出発。

途中にあるトイレによって最後の放出をして無事にゴール。

7時間40分くらいだったかな。すべて出し切ってのゴールはまぁホントきつかった。とりあえず昨年のタイムを9分ほど短縮できていたのでトラブルに見舞われながらも頑張ったと思う。八ヶ岳の美しい自然や、景色を全く楽しめなかったですが。。。

間違いなく今年一番我慢した一日で、レース後、腹筋が筋肉痛になりました。

IMG_4028

 

 

 

 

たちした

 

 

 

 

 

 

 

夕焼けラン

[16.05.07]

こんにちは

GWも終盤、今日は夏のような一日になりました。夕方から仕事が忙しいと言うanswer4のコバさんを誘い高尾へ夕焼けラン。

IMG_3629

 

さいきん走っていなかったので、すっかり体力は回復しているようで気持ちよく走れましたなー

思いがけず夕焼けも綺麗でやばかった

IMG_3632

 

 

たちした

 

Good Morning Takao

[16.04.25]

こんにちは

今朝は6時スタートで高尾山へ

1号路と呼ばれるメインストリートをひたすら登ります。山頂まで約3.8㎞、寝起き後いきなり登り坂で追い込むのは体に良くなさそうな気がした今朝の高尾山でした。

うっすら富士山を拝み、そそくさっと下山して出勤。

IMG_3491

たちした

 

 

陣馬山ナイトラン

[16.04.24]

こんにちは

先日、HRCメンバーと共に和田峠~陣馬山のナイトランへ。下の民家から和田峠までの約3.7㎞をタイムトライアル的にひたすら登りました。月も明るかったので、ヘッドライトを消して走れました。目が暗闇に慣れてくる感覚と、月に照らされた森の影がなんとも気持ち良かったです。が、実際は吐きそうになるほど追い込んでいるので、走る前に食べたバナナの甘いよーな酸っぱいよーなものが喉のすぐそこまでこみ上げていました。笑

陣馬山からの下りはとても楽しかったな~最近はナイトランに行くことが多くて、高尾に引っ越したばかりの時よりも明らかに体の反応が良くなっているのを体感出来ています。ライトに照らされた限られた景色だけが視界から流れていく、無心になってトレイルを走っている時は自分の心も体もその空間の一部になっているような独特の感覚がたまりません。ヘッドライトの光量をもっと落として、できるだけ暗くして走ってみたらもっと面白いかもなー。

IMG_3471

 

 

たちした

南高尾~城山ぐるっとコース

[16.04.11]

こんにちは

先週は高尾を走りたいという知り合いのリクエストにおこたえして南高尾~城山をグルリと走りました。

春のぽかぽか陽気で城山も人出はマックスでしたね。ちょっとびっくりするくらいでした。

約20㎞ 程よい感じで走ることができました。

 

IMG_3253

高尾トレイルラン with 福島舞

[16.03.30]

こんにちは

先週の日曜日、FULLMARKS原宿店のイベントのお手伝いに行ってきました。HOUDINIフレンズの福島舞さんと一緒にゆるりと高尾の山を走りました。朝はすこし雨もぱらつきましたが、走り出すと小春日和の気持ち良い天気になりました。

速い方もいましたが、みんなで和気あいあいと春のトレイルランを楽しみました。

僕はこの日の朝、若手有望株の上田瑠偉くんらと朝練をしてからの参加だったので後半は若干疲れてしまいました。。。なんせ、朝練で若武者についていこうと下りをフルスピードで走ったら転んでしまい滑落寸前・・・汗

ちょっとヒヤリとしました。

ともあれ沢山のHOUDINIユーザーさんと一緒に走れて楽しかったですね。走り終わったあとは、高尾駅南口にある大光寺の桜の前でパシャリっと。

IMG_2781

 

 

次は5月8日に山梨で開催の予定ですので気になる方は是非チェックしてみてください。

スリーピークス八ヶ岳トレイル試走会
たちした

トレイルセッション

[16.03.25]

こんにちは

先日は、北は札幌、南は宮崎から知り合いが集まり一緒に高尾を走りました。

やはり強者たちと一緒に走ると良い刺激になりますね。最近は特に、登り坂で歩くことを許してもらえません。。。

拠点を山の近くに移してからはやはり練習にも身が入ります。

今週末もHOUDINIフレンズの福島舞さんと一緒にFULLMARKS原宿店のイベントに参加します。

IMG_2566

天狗練

[16.03.04]

こんにちは

2月完全に消息不明状態でした。汗

札幌から引っ越ししてきて10ヶ月足らずですが、より強い刺激を求めるため追浜から高尾へ引っ越し!通勤は遠くなったものの、それを補って余りある満足感を得ることができました。笑

そして、ようやく落ち着いた昨晩、天狗ナイトランデビュー。すっかり鈍った身体に強い刺激を入れてきました。久しぶりのナイトランだったので、すっかり感覚が鈍ってました。それが面白いように感じられるのがまた楽しかったなぁ。これから練習を積み重ねて、身体も感覚も研いでいきたいと思った天狗練習でした。

距離12km 累積標高730m

IMG_2183

 

たちした

高尾山デビュー

[16.01.10]

こんにちは

2016年最初のランは高尾山デビューと相成りました。修行走以来のラン、年末年始の暴飲暴食ですっかり弛みきっていたので軽めに10㎞くらいかな~と思っていたのですが、19㎞も走ることになり結構ヘバリました。

いや~これはヤバいわ。現状を思い知りましたので、今年もボチボチ走ろうと思います。

IMG_1743

 

それにしても1月とは思えない暖かさで、時々半袖でもいいくらいでした。1月に短パン生脚で走れるとは恐るべし東京。札幌では考えられない!

 

たちした

 

長安フォード ゴビウルトラマラソン2015酒泉

[15.11.20]

長安フォード ゴビウルトラマラソン酒泉

 

11月8日に開催された中国の内陸にある酒泉市で開催されたゴビ砂漠ウルトラマラソン50kmに参加してきました。

羽田~北京~蘭州へと飛行機を乗り継ぎ、蘭州からは高速鉄道(新幹線)でようやくたどり着ける場所で、やっぱ中国はでっけーなぁと感じる。

朝の気温は大体-2度〜-4度位で日中は暖かい日で12度前後だという。スタートは朝9時なのだが、ホテルからスタート会場へ選手を運ぶバスがなかなか来ず、スタート時間が1時間遅れ10時になった。まぁ、この辺のトラブルはあまり気にしないタイプなので全然平気だった。

会場に着くと演奏隊によるセレモニーが始まったので、そそくさと準備をしてスタート地点に立つ。朝10時、花火と共にスタート。果たして砂漠マラソンとはどういったものなのかワクワクする。いつも通りマイペースで進むが、やはり砂漠は足元が柔らかく頑張っていると割になかなか前に進まない感じがしていた。少し離れた所を大会スポンサーのフォードのSUV車が砂煙りを巻き上げながら颯爽と走る姿は少々羨ましく感じた。細かいアップダウンを繰り返しながら、砂丘を登るとそこにはまぁ見事に何もない見渡す限りの砂漠の景色。いや、これはまぁもの凄い圧巻の景色だったけど、言うなれば景色が全く変わらないという僕が最も苦手とするコースなのである。

IMG_1355

 

 

エイドは大体5㎞おきぐらいにあるので水に困る事はあまりなかった。3つ目だか4つ目のエイドを目指して進んでいると、目の前に靴のソール部分が踵から剥がれかかっている外国人ランナーがいるではないか。非常用に持っていたテーピングでシューズをグルグル巻きにして修理してあげた。こんなところでテーピングが役に立つとは。

着々とエイドをパスして26.5kmに到達。ようやく半分まで来たか〜とホッとするが結構足にキテルよ。

エイドは水とスニッカーズ、時々バナナというシンプルな構成だけれども、とりあえず食べられるものは食べて湿度30%以下という乾燥した環境なので水だけはしっかり補給することを心掛けた。

後半は自動車が走れるような砂利道なんかも前半よりは多いので少し走り易くなるけど、基本的にはシンドイ。歩くとタイムがヤバくなるのでとにかく走り続ける事が重要だった。いやぁホント苦手なんだけど、とにかく前に進み続けることだけ考えて走り続けた。

変わらない景色、確実に動きが鈍くなってる足、そしてジリジリとくる太陽。気温は低いものの砂漠の直射日光はかなりのものだ。そんな時、スピーカーからビートを効かせながら走ってくるやたらテンションの高いおじさんランナーが僕を追い越していった。暫く同じくらいのペースだったが、向こうは音楽をかけながらノリノリ!そして奥さんなのか彼女なのか分からないけど、手を繋ぎながら走りつつグングンペースを上げていったので僕はもう付いていけなかった。。。ペース的にもラブラブな感じにも付いていけてない、、なんという事だ。

IMG_1365

32㎞のエイドに着いたとき、なんかよく分からないけどやたらとエイドスタッフのテンションが高くてみんなで集合写真を撮る。いや、これはいったい何なんだ?ってくらいテンション高くて面白かった。エイドを出発したら50mほどスタッフが1人並走してくれた。中国語は全く分からないので何を言ってるのか分からないけど、応援してくれたのは間違いないだろう。元気をもらって残り20㎞も頑張ろうと胸に誓う。

IMG_1425 IMG_1424

 

 

その後、若干ぼけーっと走っていたらコースから外れていて、危うく迷子になるところだった。カチカチになりつつある下半身を時々ほぐしながら着実に前進。もはや気持ちはランニングマシーン。というか変わらない景色に心が折れそうだったので、もはやマシーンになる以外完走するイメージが湧かず、とにかく黙々と走り続けた。

最後のエイドを通過すると遠くにゴール会場が目に入った。いやぁ50㎞という、いつも走る100マイルの約1/3なのに随分長く感じたなぁ。ゴールゲートには大勢のスタッフがいて、チャーヨ、チャーヨ!(頑張れー)と遠くから掛け声をかけてくれていた。7時間とちょっとで無事にゴール。とりあえず無事に戻ってこられて良かった。

IMG_1428

第一回目の大会だったけど、スタッフが皆一生懸命大会を盛り上げようと頑張っていた姿が印象的だった。総じて英語が通じないのでコミュニケーションの部分では苦労したけど、皆親切でした。

僕がゴールしたのが、制限時間の約1時間前だったので、そのまま最後まで他のランナーのゴールを見届けていた。制限時間の午後18時を少し過ぎた時、ゴールにたどり着いたランナーの足元を見るとなんと僕がシューズを直してあげたランナーだった。ゴールと共にその場に倒れこむほど足が痛かったようで、脇を抱えて救護車まで運んであげた。向こうも僕に気が付いていたみたいで、目があったときにサムズアップで応えてくれたのはかなり嬉しかった。

IMG_1390IMG_1400

それにしても砂漠というのは走りづらいし、頑張ってる割に前に進んでない、景色があまり変わらないという想像以上にタフな環境だと実感した。そういった意味ではかなり苦手とするコースながら、ランニングマシーンと化して走り続けるという境地を見いだせたのは収穫だった。笑

 

たちした