言葉にすることの大切さ


「走る前と後では食べるものが違うんでしょ?」
と、創芸社の経理の高木さん(女性。まだランナーではない)に質問され、

私「走る前は糖質を多めに、走った後はタンパク質を多めにするといいみたいですよ」
というありきたりの返答。

「えっ?そうなんだ~✨そういうのもっと教えてよ~。」
と言われ、ちょっとびっくり(笑)

そうか。
ランナー間では当たり前のことでも、まだランナーじゃない人はこういうことすら新鮮に受け取ってくれるのか~✨(°∀°)

人に自分の考えや意見を伝える――

これってアスリートとして必要な資質なのかも。
かれこれ半年前、半年ほど滞在したフィジーで気づいた、言葉にすることの大切さ。

以心伝心という言葉もありますが、やっぱり言葉のチカラは大きい。

フィジーに行った当初は言葉が通じないこともあり、説明しないことで誤解が生じたり、お互いの気持ちがわからないことが多々ありました。

まわりくどくても自分の考えを言葉で表し、伝えることの大切さを感じました。

言葉って自分の気持ちを伝えられる奇跡のような道具✨

もっと言葉にして伝えよう!と帰国以来、さまざまな人と会い、いろーんなお話を聞いたり、したりしてきました。

おかげで、それまでの人間不信も脱して、今は沢山の方々と繋がり、愉しい毎日を送れています。
日々是好日。
感謝。

image

image

image

image

image

image

image

フィジーの空は、見ていると吸い込まれそうな、青くて澄んだ空だったなぁ。
今後一生かかっても学びきれないことを沢山経験できたフィジー。
懐かしいな。
南国に行きたい季節になってきたなぁ…