スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
BLOG

近況、その1(韓国のトレイルレース/TRANS JEJU56)

2018.11.29
Yuichi Shibui
渋井 勇一 デザインオフィス「RASSLIN’&CO.」代表
トレイルランニングをベースとしたライフスタイルブランド「Mountain Martial Arts(MMA)」ディレクター。トレイルランニングに出会い人生が変わったことから、アクティビティのあるライフスタイルの楽しさを提案するブランドを立ち上げ、デザイン性のあるオリジナルウェアとトレイルの情報を発信するWEBメディアを展開。マイペースに楽しむがモットー。2012年 STY(Shizuoka to Yamanashi)完走/2012年 日本山岳耐久レース(ハセツネ)完走/2013年 おんたけウルトラ100k 完走/2017年 Ultra Trail Australia50 完走/2017年 OCC(Orsieres-Champex-Chamonix)完走 http://mountain-ma.com/

久しぶりの更新になりました。ちょっとバタバタしておりました。

近況報告、その1。もう一ヶ月前以上になりますが、韓国済州島のトレイルレースに出てきました。

詳しくはこちらに。

心折れ部リターン!(Trans Jeju 56k/済州島遠征1)

韓国最高峰、ハルラ山攻略!(Trans Jeju 56k/済州島遠征2)

済州島のトレイルを味わおう(Trans Jeju 56k/済州島遠征編3)

観光編(Trans Jeju 56k/済州島遠征編4)

装備編(Trans Jeju 56k/韓国済州島遠征編)

済州島は日本からもっとも近い海外リゾート地で「韓国のハワイ」と呼ばれています。成田から直行便で2時間30分くらいの距離で、物価も割と安く、もちろん観光も楽しめます。

「海外のトレイルレース」というと、ハードルが高く感じる方もいるかもしれませんが、アジア圏は移動時間は少なく、時差もなく、費用もアメリカやヨーロッパに比べれば抑えられるので、とてもオススメです。

リンク先はすこし長文ですが、詳しくレポートをしているので、ご興味があれば読んでみてください。

走るだけがトレイルランニングの楽しさではなく、こうしてトレイルをきっかけとした旅も楽しさのひとつ。それはロードもトレイルも関係ないですね。

ちなみに済州島はみかんが名産で、みかんマラソンというフルマラソンもあるらしいと聞きました。

RECOMMEND
CATEGORIES