home > runnersblog > Satoru Tachishita

舘下智
舘下智

Satoru Tachishita

舘下 智 : FULLMARKS HOUDINI担当

1976年生まれ、富山県出身。現在は札幌から横浜へ転勤。北欧アウトドアブランドHOUDINIの営業マンとして全国各地とスウェーデンを駆け回る日々を過ごしている。「誰よりも楽しむ事」をモットーに2014年はウルトラトレイル・ドゥ・モンブラン168㎞(45時間9分)、グランレイド・レユニオン172㎞(54時間)で完走。

2014 年 4 月 のアーカイブ



気になるシューズ SCOTT

[14.04.22]

こんにちは

この春、ちょっと気になるシューズ SCOTTのT2 Palani をただ今人体実験中。まだそんなに履き込んでいないので何とも言えないのですが5月の洞爺湖マラソンはこれでいってみようかと思い足慣らし中なのであります。

eRideテクノロジーと呼ばれるソール形状は、踝(着地)から足裏(接地)、つま先(蹴りだし)へと自然に前へ出るように、独特な振り子型となっていて、ソールを転がすような感覚で走ることでスムーズなピッチを生み出す感じでしょうか。感覚としてはHOKA ONEONEっぽい感じかなぁ。あっちはもっとフワフワしてますが、こちらは反発性も感じられます。

あと、デザインがカッコいいんですよね。1秒を争うようなリアルランナーではないのでランニングシューズを選ぶときはそういう部分で決めることも多いです。絶対に10分早くなる靴ならダサくても履くかも。。。

SCOTT__

たちした

 

北極圏で走る

[14.04.19]

こんにちは

先週、「Pure Freeride Camp2014」に参加するためスウェーデンに行ってきました。ストックホルムから飛行機で北へ約1000㎞、キルナという空港へ移動しそこから車で約1時間半。アビスコ国立公園のロッジを起点にして4日間スキーを楽しんで来ました。僕はいつもどおり早起きして朝ランをしつつ日中は山へ登りガリガリの斜面を滑ってきました。春っぽいとはいえ朝の冷え込みはやはり北極圏です。ガチガチに凍っています。目の前に広がる湖もスノーモービルでブンブン乗り回せるほどの氷の厚みがあるようです。

朝ラン途中、山の向こうから昇ってくる太陽と朝焼けは寒いのも忘れてしまうくらいの景色でした。

朝焼け

 

アビスコ最終日は快晴!後ろ髪ひかれながらストックホルムへ。左側の白っぽいところが湖です。ちなみにここ、アビスコにはスウェーデンでも有名なロングトレイルKUNGSLEDEN(クングスレーデン)訳すると「王の散歩道」の入口があるのです。走ってみたいなぁ。

ABISKO

ストックホルムでも朝ランへ。石畳の残る街は意外とコンパクトでした。

ストックホルム__

とまぁ、スキーとランを堪能したスウェーデン出張でした。と、忘れちゃならない!スウェーデンと言えば弊社が輸入を務めるブランド「HOUDINI」のオフィスがあるのです。もちろん訪問してきましたよ。社長をはじめ女性が多く働くHOUDINIが作り出す製品はどれも着心地が良いし、色合いも着てて楽しくなるものが多いです。オフィスはビルの3フロアを使用しているのですが、1階にはショールームとこのようなキッチンとダイニングがあって、この日の夕食はここで頂きました。日本ではちょっと考えにくいですね。

houdini

 

また訪れてみたい街でした。いや、きっとまた訪れるだろう。

たちした

 

 

 

「SIMPLE HYDRATION」

[14.04.07]

こんにちは

最近の相棒です。「SIMPLE HYDRATION」 これがなかなか使い勝手のよいボトルでして、ボトル右側のちょっと凹んでいる部分をナンバーベルトやパンツのウエスト部分に引っ掛けて使用するのです。なんか走ってるとぶっ飛んでしまいそうな気がしますが、全力疾走しても大丈夫ですし、全然揺れません。家の鍵と小銭とこの「SIMPLE HYDRATION」を持ってちょこっと走ったりするのにすっごい便利です。ウエストベルトの揺れが気になる方やミニマルな装備で走りたいという方にはピッタリなアイテムです。

シンプル

 

 

こんな感じでパンツに差して使います。

 

SH

 

少々飲み口を引っ張る時に固さを感じますが慣れてくるとそうでもないです。

 

たちした