home > runnersblog > Satoru Tachishita

舘下智
舘下智

Satoru Tachishita

舘下 智 : FULLMARKS HOUDINI担当

1976年生まれ、富山県出身。現在は札幌から横浜へ転勤。北欧アウトドアブランドHOUDINIの営業マンとして全国各地とスウェーデンを駆け回る日々を過ごしている。「誰よりも楽しむ事」をモットーに2014年はウルトラトレイル・ドゥ・モンブラン168㎞(45時間9分)、グランレイド・レユニオン172㎞(54時間)で完走。

2014 年 2 月 のアーカイブ



冬のトレーニング

[14.02.16]

こんにちは

ソチ五輪も約半分を過ぎ、メダル獲得に沸いてますね。今日は雪国北海道ならではの冬のトレーニングに初挑戦してきました。

そう、クロスカントリースキーです。オリンピックに感化され、道具を一式買い揃えちゃいました。汗 今日は知り合いの選手にお願いして朝7時から約1時間、基本的な動きを教えてもらいました。これまた全身をくまなく使うスポーツだこと!特に大事なのは体幹だそうです。スポーツ選手にとって体幹を鍛えることは必ずパフォーマンスアップに繋がるので、楽しく滑って一石二鳥。ちなみに最大心拍数の計測においてはクロカン選手が高い数値をたたき出すそうです。走ってばっかりだと飽きてしまいそうなので、たまには違うスポーツもいいもんです。

 

2014021602 2014021601

 

 

久しぶりのトレイルへ

[14.02.11]

こんにちは

朝の冷え込みも一息な感じで昨日は-8℃。足の張りをちょいと感じながらもLSDペースでゆるゆると走りました。北海道神宮を目指していたけど気が変わったので円山へ。円山は北海道神宮のすぐ横にある標高225Mの小さな山で、雪のないシーズンは幼稚園の子供から年配の方まで老若男女問わない人気トレッキングスポットなのです。

キツツキが木をコンコンする音を聞きながらゆっくり歩いていると、カリカリカリカリ音が聞こえてくるので音がする方に目を向けるとエゾリスが朝食中でした。食べているのは何だろクルミなどの身かな?小動物に出会うとやっぱり山はいいなぁ~と感じました。

14021102

 

 

山頂からは札幌の街を眺めて仕事に間に合うよう足早に下りました。

 

たちした

 

 

神の使いか?

[14.02.09]

こんにちは

2/9(日) 今朝もいつもどおり朝ラン。切らしていたココアの素を買い足したので、ホットココアで身体を温めてからスタート。今日はいつもと違うコースを選択し北海道神宮を目指すことに。途中、伏見稲荷神社の前に差し掛かったとき、目の前を一匹のキツネが横切りました。僕を呼んでいるかのごとく振り返りながらゆっくり奥へ奥へと行くのです。ドキドキしながら後を歩きました。お稲荷様の使いでしょうか。。。

まぁとくに何も起きなかったんですけどね。でも、稲荷神社でキツネに遭うなんてちょっと神秘的な朝でした。

たちした

 

ike14020903

 

『鼻毛も凍ります』

[14.02.08]

こんにちは

今朝はしばれました~~ 「しばれる」はひどく冷え込むとか凍るって意味の方言です。今朝の気温は-16℃。鼻毛が凍る気温です。

14020801

 

今日は自宅から大通まで足を伸ばしました。さっぽろでは2月5日より、さっぽろ雪まつりが始まっているので、いままで一度も行ったことがないので思い切って行ってみました。早朝は誰もいないし静かで良いですね。

14020802 14020803

 

これは同じく現在開催中のソチ五輪にちなんだ雪像ですね。メダルに期待しましょう。

14020802

 

 

こちらは氷でできたお城ですね。ライトアップされているわけではなく朝陽が当たって上の方が光っているのです。

雪まつり会場を後にして、北海道神宮屯宮を経由し帰宅の途中、市内を流れる豊平川の水面から水蒸気があがっていました。おぉ!これはもしや!そうです、けあらしと呼ばれる冬の自然現象の一つです。

14020804

けあらしは、風がおだやかで寒さの厳しい朝に陸上の寒気がゆっくりと海上や川面に流れだし、海面の水蒸気を冷やして濃い霧ができるというもので、冬にある条件がそろった時にしか見られないものです。気象用語では「蒸気霧」と呼ぶのだそうです。

雪まつりは今月11日までです。極寒の早朝ラン、雪まつりに遊びに来て下さい。

 

たちした