home > runnersblog > Satoru Tachishita

舘下智
舘下智

Satoru Tachishita

舘下 智 : FULLMARKS HOUDINI担当

1976年生まれ、富山県出身。現在は札幌から横浜へ転勤。北欧アウトドアブランドHOUDINIの営業マンとして全国各地とスウェーデンを駆け回る日々を過ごしている。「誰よりも楽しむ事」をモットーに2014年はウルトラトレイル・ドゥ・モンブラン168㎞(45時間9分)、グランレイド・レユニオン172㎞(54時間)で完走。

2013 年 10 月 のアーカイブ



関西トレラン旅行 六甲編

[13.10.12]

こんにちは

10/1~4 に行ってきた関西トレイルラン旅行の続きです。京都から六甲へ移動しました。

 

10/3(木) 晴れ

京都から阪急芦屋川駅へ移動。

昨年の信越五岳トレイルレース110㎞の時に「キツイっすね~」と声を掛けたランナーが、たまたま知り合いの知り合いだったという偶然が重なり、さらに芦屋川在住ということで今回の六甲遠征は実現したのである。

ささっと準備を済ませ豪邸が並ぶ芦屋の住宅街を抜け、緑たっぷりの六甲山入口には阪急芦屋川駅からジョグで10分、歩いても20分は掛からないという素晴らしいロケーション。

地獄谷という沢を上り、ピラーロックと呼ばれる岩(ここから見る日の出は最高だそうです。)を抜け風吹岩へ向かいます。

ここは日本か?と思うような素晴らしいセクション。

六甲

六甲のおいしい湧水も飲んで駆け回りましたが、地味に筋肉痛になっていて思うようにペースは上げられず。。。

この日の六甲も28℃くらいまで気温が上昇したので、登山口にある滝でサッパリしました。心の汚れもスッキリサッパリしたような気がします。気持ちぃぃぃぃ~

滝

 

そしてこの日はこれだけで終わらず。20時よりナイトセッションでした。

大阪方面より数名のローカルランナーが集まり、ヘッドランプを装着して再び六甲へ。夜な夜な男7人がテンション高めで闇の中を駆け回る光景はちょっと引きます。ですが、この夜景はかなり見応えありました。素敵!

ナイトセッション

 

10/4(金)晴れ

いよいよ最終日、今日も朝から六甲へ。「朝食は良いところあるよー」と言われるがままに後を着いて登ります。

キャッスルウォールというクライミングでも有名な岩場、トンネルのようになっている岩場を抜けて辿りついた場所はテーブルロックという四角い巨大岩。「テーブルロックで朝食を」眺めもよく、なんとも贅沢な場所でした。

テーブルロックで朝食を

 

陽気も穏やかで、あまりの心地よさに何時間でも過ごせそうな気がしました。

後ろ髪をひかれながらテーブルロックを後にして下山開始。下山途中、巨大なイノシシと遭遇し、ちょっとビビりましたがしばらく睨めっこした後イノシシは森へ駆けていきました。

と、こんな感じの関西トレラン旅行でした。京都も六甲も鉄道からのアクセスが容易にもかかわらずコースも眺めも素晴らしいトレイルでした。あと、関西のおじちゃんやおばちゃんは話好きで、分岐で地図を見ていたりすると親切に教えてくれます。

レースの前夜祭やレース中ふとした所から広がる繋がりもトレイルランの魅力かもしれないです。今度、彼らが北海道に来たときは喜んで北海道のオススメトレイルへ連れていこう。

 

たちした

 

 

 

 

関西トレラン旅行 京都編

[13.10.06]

こんにちは

10/1~4 休みを利用して京都と六甲のトレイルを走りに行ってきたので綴ってみます。

10/1(火) 晴れ

飛行機を降りるとジワリと汗がにじむ、関西空港の気温は29℃だという。僕の住む札幌は朝晩の気温は10℃前後で、最高気温は20℃前後という秋真っ只中なのでまずはその違いを味わう。んん~~~暑い!

関西在住の知人が空港まで迎えに来てくれていて、同じく今回の関西トレラン旅行に参加した宮崎からの友人をピックアップしてもらう。

新しくなった大阪駅を観光してから神戸三宮にある焼肉店「深山」にて関西のトレイルランナー達との焼肉セッション。肉も美味いけど、石焼ビーフカレーが隠れ絶品メニューです。

焼肉後、京都へ移動して宿泊。明日は京都の何処を走ろうか地図を見ながら考えているとワクワクして寝れなくなってしまう。

 

10/2(水) 晴れ

ほぼ寝ないで検討した結果、今回は京都一周トレイルの東山コースと言う部分を走る事に決めました。ちなみにこの京都一周トレイルというのは京都外輪山で約70㎞のコースがあって、区間によって東山コース、北山東部、北山西部、西山コースに分かれています。走力に合わせて距離も調整でき気軽に楽しめるようになっているのです。

詳しくは「京都一周トレイル」で検索!

電車を乗り継ぎ、ケーブル比叡の駅からスタート。今回はスタート地点が一番標高が高いので基本的には下り基調になります。ケーブル比叡の駅を出ると、かわらけ投げ広場があったので100円で3皿購入し数メートル先の輪っかを通るように投げるものの、まったく的外れで願掛けに失敗。。。

瓦なげ

 

気を取り直して午前11時45分頃スタート。今回のメンバーは、FULLMARKS 京都店スタッフのコーヘー君と、宮崎のトレラン仲間と僕の三人。

初めて走るトレイルというのはドキドキワクワクで最初からテンション上がりっぱなし!レースと同じかそれ以上のテンションでした。

比叡山から瓜生山を経て銀閣寺へ。観光客の波を抜け、テンションをさらに上げながら大文字山へ。ここで街を通過する際にコンビニなどで水、食べ物の補給をし忘れるという痛恨のミスを犯し、このあと僕以外の二人がエネルギー切れになり大幅にペースダウンすることに。

大文字山からの景色は最高でした。スタートから約8km地点

大文字山

 

エネルギー切れの二人を見て僕も少しお腹が減ってきた感じはしたが、そこはテンションを上げて誤魔化す。

途中、日向大神宮を通過する際に縁結びの神社があったので、そこは外さずに良縁を祈願しました。

トレイルを下りきってたどり着いたのは南禅寺。ここには水路閣という全長93.2メートル(幅4メートル、高9メートル)レンガと花崗岩で作られたアーチ型橋脚の水路がある。以前、訪れたときもそうだったがテンション上がる~

南禅寺

 

京都動物園を右手に見ながら歩道を走ると、平安神宮の大鳥居を発見。それよりも僕らが発見して嬉しかったのはセブンイレブンの看板でした。

よ、ようやく食べ物にありつける。。。

食事と水分を補給。ここまで約16㎞ スタートして3時間半くらい経過。

暑さと空腹に相当気持ちをボコボコにされた二人はココでフィニッシュしてもいいかな~という目をしていたが、そうはさせまいと再スタート。

栗田神社の脇から再びトレイルへ。将軍塚~清水山~阿弥陀ケ峰を通過し泉涌寺に到着。ゴールまであと3㎞ほどに近づきました。

住宅地を抜け伏見稲荷四辻を通過し、千本鳥居に感動しながら伏見稲荷駅に到着。

26㎞ 5時間5分 でゴール

伏見稲荷

 

トレイルはよく整備されていて、分岐には標識もあって分かりやすいコースでしたが京都一周トレイルの公式ガイドマップは持っていた方が良いです。

今回は比叡山からスタートして26㎞ほどのコースでしたが銀閣寺スタートなら16㎞、南禅寺からスタートすれば8㎞に調整できます。まさに自然と歴史を楽しめるナイストレイルでした。

 

たちした

 

 

 

 

はじめまして!

[13.10.02]

はじめまして

舘下智です。FULLMARKS 札幌IKEUCHI店にて店長を務めています。

僕のトレランデビューはハセツネ(日本山岳耐久レース71.4km)という無謀なデビュー戦でした。知り合いから「夜通し山を走る面白い大会あるよ」という一言にうっかりエントリーしました。当時は現在のようなクリック合戦というレースより熾烈な戦いもなく、すんなりエントリー出来たのを覚えています。

結果から言いますと、12km辺りで膝が痛くなり、残りの60km近い距離を泣きながら歩いてゴールしました。。。こんな辛い事は二度とやらないと固く誓いながら歩いたのですが、ゴールした瞬間それまでの苦しみは何処かへ消えていました。何とも言えない達成感と満足感に味を占めてしまった僕は翌年も同じ舞台に立っていたのでした。

現在はUTMB(ウルトラトレイル デュ モンブラン)に出場するべく、国内の大会に出場したり日々のトレーニングに励んでいるところです。まぁ、このトレーニングというのが特別な何かではなく、歯を磨いたりトイレに行ったり、お風呂に入ったりというような、ごく当たり前の生活の一部になってきている今日この頃です。

文才もセンスもあったもんではありませんが、このブログを通じてトレランだったり、北海道の自然だったり、色々な事を紹介していこうと思います。

よろしくお願いします。

タチ