home > runnersblog > Satoru Tachishita

舘下智
舘下智

Satoru Tachishita

舘下 智 : FULLMARKS HOUDINI担当

1976年生まれ、富山県出身。現在は札幌から横浜へ転勤。北欧アウトドアブランドHOUDINIの営業マンとして全国各地とスウェーデンを駆け回る日々を過ごしている。「誰よりも楽しむ事」をモットーに2014年はウルトラトレイル・ドゥ・モンブラン168㎞(45時間9分)、グランレイド・レユニオン172㎞(54時間)で完走。

えびの高原エクストリームトレイル 

[16.08.13]

すっかりすっかり更新が・・・

先月のことですが、7月24日に宮崎県のえびの高原で開催された、えびの高原エクストリームトレイルに出走してきました。通算3度目となる出走。

スタート後、3.5kmのロードを走ってからトレイルの下りに入ることになるのだが、ここの下りは浮き石も多く意外とテクニカルな区間なので、ゆっくり行きたかったので最後尾に近いポジションで突入。
最後尾だと渋滞もないし、ゆっくり歩けるので安全に通過できるのである。
新しく追加されたコース沿いには霧島最古と言われる天然露天風呂が湧いているのだとか。とーぜん入りたいと思う性分なんだけど、スタート10km地点というのがなかなか悩ましい。

IMG_4518
温泉を前に5分程悩んで、パンツ以外を脱いで入湯。想像以上に良いお湯加減!!なんだけど、レース前に丹念に塗り込んだ靴擦れ対策のクリームは綺麗に流されてしまったようで、第1関門に着いた時には足の指にマメが出来てました…絆創膏を巻いて第2関門を目指します。

このコースは第1関門から第2関門の10km区間が結構キツくて、結構心が折れそうになるのです。と、言うかポッキリ折れてしまい次の関門でリタイアしようと考えながら走ったり歩いたり。
と、ここで今回のキーマンである、MAGMAの営業マン仲谷さんに追い付くのである。MAGMAとゆーのは、大麦若葉が主原料の分かりやすく言うと青汁のサプリメント。
ヤマケンもヨーグルトに混ぜたりして利用してました。
知り合いに出会った事で多少気持ちが前向きになるものの、腿裏の張りもあり、やはり今回は諦めようという気持ちは変わらず。

なんとか第2関門に11:25頃到着。締め切りは12時なので結構ギリギリ。オレンジ、スイカを頬張り芝生に横になっていると仲谷さんが到着。

IMG_4531

 

お互い辞めよっかーと言う会話を交わし、僕は安心して横になった。

ところが、休憩して元気になった仲谷さんは「やっぱ次に向かいます!」と言い残し、再び走り出していったのです。
えーーーーー!!
リタイアの相棒を失ってしまい、とたんに心細くなってしまった。うーん。
そうこうしているうちに12時になってしまったので、超渋々と次のエイドを目指すことに。脚も重く、やっぱ辞めときゃよかったなぁと強く思った。
しかし、ここから気持ちの良い森の中を下り、さらにショートコースやロングのトップ選手とすれ違う区間のため自然とテンションが上がっていくのです。ただし、テンションが上がりすぎてオーバーペースになるリスクもあるため今回は慎重に。
ほどなくして仲谷さんを発見し一緒に次のエイドを目指す。
この辺りから徐々に身体が動くようになってきて気持ち良く前に進めていた。
気温も上がり身体が火照っていたので第3関門手前でドボンして身体の芯までアイシングしてリフレッシュ。

IMG_0268

 

第3関門 白鳥温泉 14:30頃到着。15時の締め切りには間に合った。ここのエイドはおにぎりがとにかく美味くて、梅干しやキュウリのピクルスと一緒に食べたら止まらなくなり、4つも食べてしまった。意外だったのが、えびの市はお米の特A産地だそうで、ヒノヒカリを使ったおにぎりは塩加減もばっちりでした。
ここでも15時過ぎまで横になりくつろぐ。
まぁ、ここまで来たらあとは行くしかないのでゴールを目指すことに。
ここからゴールまではほとんど上りで12kmと思うと気持ちが萎えるけれども、ドボンアイシングの効果か脚が軽い。リズム良く前に進め、気持ち良いペースでゴールに向かう。

結局、13時間近くかかってしまったけど無事にゴール。途中、仲谷さんに出会わなければリタイアしていた確率が高かったけど、いつもの事ながら粘ってたどり着いたなぁと。しかしキツかった。マジでキツかった。でもやっぱり良いレースなんです。エイドの食べ物も地元の名産とか多いし、自家製梅干しとか、らっきょうなんかもう最高っす。

IMG_3141

 

最後はすごく脚の調子も良くて前半の辛さはどこへ行ったのだろうか。まだまだ修行が足りません。。。

 

たちした