スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
BLOG

HOKA ONE ONE / ALTRA 試し履きイベント

2014.05.23
Satoru Tachishita
舘下 智 FULLMARKS HOUDINI担当
1976年生まれ、富山県出身。現在は札幌から横浜へ転勤。北欧アウトドアブランドHOUDINIの営業マンとして全国各地とスウェーデンを駆け回る日々を過ごしている。「誰よりも楽しむ事」をモットーに2014年はウルトラトレイル・ドゥ・モンブラン168㎞(45時間9分)、グランレイド・レユニオン172㎞(54時間)で完走。

こんにちは

来月、6/21(土)に札幌の白旗山にて「HOKA ONE ONE」と「ALTRA」という2つのシューズブランド協力の元、試履きイベントを開催することになりました。どちらのブランドも独特のコンセプトを持ち特徴のあるシューズとなっています。

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)

HOKA

見てのとおりソール厚さがインパクト大!見た人は必ず驚きます。ですが、その厚底ソールは距離が長くなればなるほどランナーに恩恵をもたらしてくれます。ここで言う距離の長さは100㎞以上を指してるわけではなく、ハーフしか走った事がない方がフルマラソンに挑戦するときもその距離は長いものだと思います。その距離を長いと感じる場合にこのHOKAは最大の効果を発揮してくれるのです。実際にワタクシも昨年の信越五岳110Kはこのシューズで走りましたが、ゴールした後の宿の階段や翌日の空港の階段を普通に歩けました(笑)

 

ALTRA(アルトラ)

images

ゼロドロップシューズ、つま先とヒールの厚みが同じになっているソールです。走る際に、人間のもっともバランスの取れた自然な状態を作り出してくれるシューズです。HOKAがその圧倒的なクッションで疲労を抑えるのに対し、ALTRAは人間がもともと備えている自然な走り方を目覚めさせてくれます。ベアフットランという言葉だけが先行しているような部分がある最近のランニングシューズ事情ではありますが、ALTRAはそんな言葉が出てくる以前からナチュラルランを提唱していました。

LSDでゆっくり長く走りたいときはHOKAを履いて、ちょっとした距離を走るときはALTRAでランニングフォームを意識して走る。このようなタイプの違う2つのシューズを使い分けることでより走ることが楽しくなるのは間違いないです。何かの理由で走らされていのではなく、楽しいから自然に走る。呼吸をするかのように走ることが当たり前になれば生涯ランナーとして過ごしていくことができるんじゃないかなぁと思います。

 

イベント詳細

日時 6/21(土) 9:00~14:00

場所 札幌ふれあいの森 清田区清田区真栄388 ※雨天の場合は屋内施設へ変更予定(場所は調整中)

参加費 無料

参加については予約制となりますので、ご了承ください。

予約、問い合わせ

FULLMARKS 札幌IKEUCHI店

011-281-5699

担当たちした

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORIES