home > News

news

前人未到の強さと軽さを提供する「ナイキ フライニット ルナ 3」を発表

[15.02.13]

SP15_GC_Flyknit_Lnr_3_M_P_0031_37856

ランニング中にずれないシュータンや、贅沢感のある快適な履き口の構造で、足の曲線になじむフィットを提供する「ナイキ フライニット ルナ 3」が、いよいよ今月リリースされる。 今作はサポート性を高めるために、フライニット素材にフライワイヤーケーブルを組み込み、個々の足を包み込むような安定感を実現。動きを邪魔しない足なじみの良いアッパーは、その軽さも相まって、履いていることさえ忘れさせてくれるかもしれない。エリートから一般レベルに至る多くのランナーを驚かせてきたモデルの3代目として、進化したフライニットアッパー、足の曲線になじみしっかりとした安定感を感じさせるフィット、ルナロンミッドソールのソフトな乗り心地を提供。さらに滑らかで柔らかく、同時に反発性も感じさせる、骨格構造に基づいてデザインされたソリッドラバーのアウトソールなどが採用され、これらすべての機能を、通気性、伸縮性、サポート性を兼ね備えたフライニットアッパーがしっかりとまとめ上げている。

SP15_GC_Flyknit_Lnr_3_M_O_0199_37858 SP15_GC_Flyknit_Lnr_3_M_S_0079_37855-2

改良されたルナロンのミッドソールは、クッションの軽さ、反発性とサポート性に優れた走りをより高いレベルで提供。アウトソールには、足圧分布図のデータに基づき、足の動きに連動させたデザインパターンを用いているのも特徴だ。またピストンのような効果を発揮するソリッドラバーを用いて、かかとの着地からつま先での蹴り出しまで、足がスムーズに動くアウトソールをデザイン。その結果、以前にも増して自然で流れるような足運びとライド感を実現した軽量かつニュートラルなシューズが生まれた。 一方、アッパーのニットのデザインにも進化が。かかとはサポート性を高めるために編み目を細かく、前足部は通気性を高めるため緩めの編み目に、そして必要な部分に伸縮性を持たせるなど、細部にも徹底的にこだわりをみせる。どんなスピードでどんな距離を走るときにも軽く、しっかりとしたフィット感の、足と一緒に動くシューズが完成した。 「ナイキ フライニット ルナ 3」は、メンズ、ウィメンズともに5 色展開で、3月5日(木)より発売。2月12日(木)から、メンズ、ウィメンズ各1色のみNIKE.COM にて先行発売しており、2月20日(金)よりNIKEiD でも展開。

ナイキ フライニット ルナ 3
メンズ:24.5-30cm / ウィメンズ:22.5-26.5cm
¥16,200(税込)

NIKE カスタマーサービス
TEL: 0120.6453.77