home > News

news

軽量のミッドソール素材「FlyteFoam」を採用したアシックスの最新モデルが発売

[17.07.26]

アシックスジャパンは、特許を取得した独自のスポンジ材「FlyteFoam(フライトフォーム)」を採用したランニングシューズ「DynaFlyte (ダイナフライト)2」を8月4日から、「Dynamis(ダイナミス)」を8月1日から発売する。

「FlyteFoam」は、アシックス従来のミッドソール素材(甲被と靴底の間の中間クッション材)「E.V.A.(イーブイエー)」よりも約55%軽量で、素材に添加した繊維でアシストすることで優れたクッション性と耐久性を発揮する。優れたクッション性を持ちながら軽量化を実現させたことで、スムーズで効率的な足運びが可能となり、ランナーが持つスピードを引き出しやすくなっている。

今回、エリートランナーから公園や街を自身のペースで走る方まで、「FlyteFoam」のスピードと快適性を体験できるよう、ラインアップをさらに拡充することになった。

 

■「DynaFlyte 2」「LADY DynaFlyte 2」

スピードや軽量性、クッション性を求めるランナー向け。初代モデルの高いクッション性を維持しながら、さらなる軽量化を実現した。アッパー(甲被)は新技術を盛り込んだ軽量の「AdaptMesh(アダプトメッシュ)」をはじめて搭載。ボーダー調に編み込んでおり、シームレスで通気性に優れ、柔軟性が高いため走行時に気になるしわが発生しにくく、足の動きにしっかりフィットする。履き心地の良さに加え、デザインも刷新した。
価 格 :13,500円(税別)
シューズ重量:約260グラム(27.0cm/片足重量)

 

 

■「Dynamis」 「LADY Dynamis」

オーバープロネーション(足首が過度に内側に倒れ込む走り方)や、その傾向があるランナー向けに、安定性を高めた。 軽量でありながら、安定性を発揮してスピード感が得られるモデルで、アッパーには、靴ひもの締まり具合をミリ単位で片手で簡単に調節できる「The Boa System(ボアシステム)」を搭載している。アーチの倒れこみを抑制する、中部内側に搭載した「DynaPanel(ダイナパネル)」と連動しており、高いフィット感が得られる。靴底の土踏まず部内側には、高硬度の熱可塑性ポリウレタンを大きく配して足首が過度に内側に倒れ込むのを抑える「DynaTruss(ダイナトラス)」を搭載している。
価 格:14,500円(税別)
シューズ重量:約270グラム(27.0cm/片足重量)

 

 

■「RoadHawk FF」「LADY RoadHawk FF」(6月9日発売)

毎日のランニングはもちろんトレーニング時のシューズとしてもおすすめ。シームレスなメッシュのアッパーとクッション性に優れた中敷きを採用しており、足を心地よく包み込む。シンプルなデザインと高いテクノロジーが融合した、さまざまなシーンで着用できるモデル。
価 格:11,000円(税別)

 

 

 

お問い合わせ先
アシックスジャパン株式会社 お客様相談室
TEL.0120-068-806
www.asics.com/