home > News

news

20年目に柔らかさが進化。ミズノ「WAVE RIDER 20」発売

[16.09.20]

ミズノでは、柔らかさと走り心地の良さが特長のランニングシューズ「WAVE RIDER 20」を、10月5日に発売する。
今回発売する20代目モデル「WAVE RIDER 20」はシリーズ史上最高の走り心地を追求し、特にランナーの走り心地に大きな影響を与える、「接地した瞬間の柔らかさ」を重視して設計した。ソール(靴底)部分に搭載したミズノ独自の波形プレート『ミズノウエーブ』の構造の見直しや、靴底に弾力性の高いスポンジ素材を搭載することで、安定性を保持しつつ柔らかいクッション性を実現している。これからランニングを始める初心者層はもちろん、ステップアップを目指すランナーまで幅広い層に使っていただける商品だ。
20代目を記念して2016年10月以降2017年1月にかけて、色彩豊かなカラーリングの全20アイテムを発売する。

20160901waverider20_orange
ランニングシューズ「WAVE RIDER 20」¥12,900+税(税込価格:¥13,932)

 

「WAVE RIDER 20」の特長
「WAVE RIDER 20」は、従来の「WAVE RIDER」シリーズの中で最も“走り心地の良い”シューズとして開発した。走り心地を追求するために取り組んだ課題が「接地した瞬間の柔らかさ」。それを実現するために、ソール(靴底)部分の波形プレート『ミズノウエーブ』の構造やスポンジ材を見直した。

○『ミズノウエーブ』新形状で走り心地の良さを追求
1997年に発売した初代「WAVE RIDER」から、ソール(靴底)部分にミズノ独自の波形プレート『ミズノウエーブ』を挿入してる。これにより縦方向の衝撃を吸収し、横方向のズレには安定性を発揮することで、シューズに求められるクッション性と安定性を両立させている。
「WAVE RIDER 20」に搭載した『ミズノウエーブ』には中央部を凹ませた新形状を採用してる。これにより接地時の柔らかさや前方向へのスムーズな体重移動を実現。
○靴底のスポンジ材による柔らかさ
ソール(靴底)に、弾力性の高いスポンジ素材『U4icX(ユーフォリックエックス)』を採用。これによりクッション性が高まり、足にやさしい走り心地を実現している。
○メッシュ素材による通気性とフィッティング性向上
足を包み込む甲部(アッパー)は人工皮革ではなくメッシュ素材を使用することで、通気性とフィッティング性が向上している。
○20代目を記念して全20アイテムを発売
「WAVE RIDER」シリーズ20代目を記念して、色彩豊かなカラーリングで全20アイテムを2016年10月から2017年1月にかけて順次発売していく。
標準タイプに加え、ワイドタイプ、スリムタイプ、トレイルランニング等におすすめの防水・透湿性を備えた素材「ゴアテックスR」を搭載したタイプなど、バリエーション豊富なラインナップでランナーをサポートする。

20160901waverider20_20

お問合せ先
ミズノお客様相談センター
TEL: 0120-320-799