スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
NEWS

2時間1分39秒の衝撃の世界記録。エリウド・キプチョゲ選手の使用シューズは何?

2018.09.19

エリウド・キプチョゲ

9月16日に開催されたベルリン・マラソンで、エリウド・キプチョゲ選手が、「30km過ぎたところで新記録が作れるだろうと確信しました」と話した通り、これまでのマラソンの世界記録を1分以上更新し、2時間1分39秒という驚異的な世界記録で優勝した。

マラソン世界記録 キプチョゲ

エリウド・キプチョゲ選手といえば、マラソン2時間の壁に挑戦した「Breaking2」のチャレンジが有名だが、実際のレースでも2時間1分台に突入し、その実力を世界中に知らしめた。そんな彼がレースで使用したシューズは何なのか? ランナーなら気になるところだろう。

マラソン世界記録 キプチョゲ ナイキのシューズ

モデルから言えば、「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット」。最新のイノベーションを搭載し、マラソンの常識を打ちやぶったナイキ史上最速のシューズをベースにしたモデルを着用しレースに出場したという。

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」は、世界最速のマラソンランナーがベストな走りを実現する支えとなることを目的にデザインされ、実際に数々のレースでトップランナーたちが結果を残してきた。超軽量で柔らかく、最大85%のエネルギーリターンを実現するナイキ ズームXフォームと、硬さを加えることで推進力を感じさせるフルレングスの曲線的なカーボンファイバープレートを活用し、システムとして機能することで、ナイキの当時の最速レーシングシューズと比較してランニングエコノミーを平均で4%高めているというもの。

「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ4% フライニット」は、この画期的な特徴はそのままに、足をサポートする軽量なフライニットをアッパーに用いたものとして、今月発売された最新のシューズだ。トップランナーの足元には、そんな最先端の技術が集約されたシューズがある。だが、我々一般ランナーが手にするシューズとまったく別物かといえば、そうでもない。興味がある人は、まずはショップで最新作に足入れをするところからはじめてみてはいかがだろうか。世界記録とは言わないまでも、自己ベストは更新できるかもしれない。

INFORMATION
NIKE カスタマーサービス
TEL: 0120-6453-77

 

【関連記事】
・  ナイキのランニング ロードレース シリーズ「NIKE ZOOM SPEED SERIES」がスタート。第1戦は9月22日開催。
・  女性だけのデザインチームが放つ新コレクション「ナイキ シティ レディ コレクション」登場。
・  最速シューズの系譜。「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット」が9月9日(日)より発売開始。
・  シティランも実施。ナイキが「JUST DO IT STUDIO」を、8月8日(水)から渋谷に期間限定オープン。
・  日々のランニングに使いたい。「ナイキ ズーム ペガサス ターボ」が8月2日(木)に発売開始。
・  ナイキ エア ズーム ペガサス 35」発売。シリーズ通算は、ナイキランニングシューズ史上最高の販売数。

 

RECOMMEND
CATEGORIES