home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

2015 年 12 月 のアーカイブ



Apple Watch

[15.12.15]

IMG_0046
アップルウォッチを使い始めて半年が経過しました。周囲の人からするとROLEXのイメージが強かったらしく、最初は不思議がられましたが、最近では「アップルウォッチ=南井」の印象が強くなってきたようで、アップルウォッチの使い心地を聞かれることも多い。正直言うと最初はここまで機能的だと思っていなかったですが、日常生活ではGmailやMessengerなどの通知機能は本当に便利だし、アクティビティのアプリは日常をアクティブにしてくれる。あとランニングシーンでもワークアウトのアプリはシンプルで使い勝手もいい。さらにNIKE RUNNINGなどのアプリが手元で操作できるのもありがたいし、心拍ベルトを使用せずに手首部分で心拍数を計測できる点も本当に優秀だと思います。最近ではニューヨークシティマラソンを始めとしたレースのときにも使用していますが、スタート前にアップしたInstagramなどのポストに対するコメントがチェックできたり、「いいね!」の通知が確認できることは、走っているときの励みになりますね。
そんなこんなで、今では自分にとってアップルウォッチはなくてはならない存在になっています。

FullSizeRender (20)
文字盤とベルトのカラーを変更するだけで全く異なった印象に。文字盤の変更とベルトの交換はとても簡単です。

IMG_0398
スタンド、ムーブ、エクササイズの3項目のリングを達成するためには行動的な生活が不可欠となるアクティビティのアプリ。毎日達成するのを目標とすることが日課になった人は少なくないはず。

IMG_0519
日々のランニングにはワークアウトのアプリが対応。シンプルで誰でも使いやすい。

IMG_0279
ナイキランニングのアプリの操作も可能。ナイキランニングで距離を蓄積しているランナーにも最適。

IMG_0274
心拍計を胸に装着することなく手首部分で心拍数の計測が可能。

さてそんなアップルウォッチですが、最近ではサードパーティのアプリとの連携を深め、これまで以上にアップルウォッチを楽しめる環境が強化されています。以下はそんなアプリケーションの一例です。

今から始めるヘルス・フィットネスアプリケーション

スマートなリマインダー: 効果的なタイミングでリマインドしてもらえることで、生活習慣を変えることができるようなアプリケーション

Water Minder 水分補給のお知らせと記録をしてくれるアプリ

https://itunes.apple.com/jp/app/waterminder-shui-fen-bu-geinoo/id653031147?mt=8

Streaks いい習慣を育むことを助けるToDo リスト

https://itunes.apple.com/jp/app/streaks/id963034692?mt=8

Lark 無料の健康アドバイザー (英語)

https://itunes.apple.com/jp/app/lark-personal-weight-loss/id912530754?mt=8

3 Minute Mindfulness – はやりのメディテーションをいつでもどこでも3分で (英語)

https://itunes.apple.com/jp/app/3-minute-mindfulness-breathing/id982502810?mt=8

いつものエクササイズもリングに加算できるアプリケーション

Runtastic, Runkeeper – ランニング、ウォーキングをログしながらコーチが励ましてくれる。ランがリングに加算されます。

https://itunes.apple.com/jp/app/runtastic-gps-ranningu-u-okingu/id336599882?mt=8

https://itunes.apple.com/jp/app/runkeeper-ranningumou-okingumo/id300235330?mt=8

Seven – 7分間のワークアウトで健康な体づくりを。エクササイズがリングに加算されます

https://itunes.apple.com/jp/app/7-minute-workout-seven-high/id650276551?mt=8

Pocket Yoga- ヨガ好きは試したい。アメリカでヨガを受けている気分に。運動はリングに加算。

https://itunes.apple.com/jp/app/pocket-yoga/id347400507?mt=8

IMG_3181
なかでも自分が最近夢中になっているのが、このポケットヨガ。簡単な英語なんで、慣れれば誰でも楽しめるかと。

pocket_yoga
ポケットヨガはアップルウォッチにも対応しているので、Bluetoothイヤホンと組み合わせて、スポーツジムのストレッチエリアで楽しんでいます。

自分の周りでもアップルウォッチを使っている人は急速に増えていますが、まだまだ最大限に使いこなしている人は少数。
下記の10項目はアップルウォッチをより便利に使うのに効果的だと思います。自分も知らなかったことがいくつかありました。

意外と知らない& 試してみたい Apple Watch tips 10

1)「アクティビティ」appの画面で下にスワイプすると今日の「歩数」などの詳細がチェックできます。
2) 話しかけて「ワークアウト」appを起動できます。Apple Watchでデジタルクラウンを長押しして、「5キロのランニングを開始」と話かける。手袋を取らずにハンズフリーで設定できます。
3) 「ミュージック」appから「マイミュージック」を選べばアルバムアートをめくりながら好きなソングをプレイできます。
4) 好きな写真/画像をスライドショーのように時計のフェイス。時間をみるたびに好きな画像がでてくるとテンションがあがります。
 (iPhoneの「写真」アプリ、「アルバム」でWatchフェイス用アルバムを作り、iPhoneの「Apple Watch」アプリで「写真」「同期されているアルバム」で設定)
5)「カメラ」appでApple WatchがiPhoneカメラのファインダーに。Apple Watchをタップするとフォーカスや露出を合わせられ、タイマーで10枚連写すれば集合写真も盛り上がります。
6) 「メール」「メッセージ」もデフォルトの返信を自分好みにカスタマイズ。「よろしくお願いします」「進めてください」「確認します」を登録すればタップ一つで仕事が片付きます。
7)  Apple Watch を目覚ましに。Apple Watchは横向きに充電するとナイトスタンドモードに。
   デジタルクラウンを長押しして「明日 朝7時に起こして」と言えばセット完了です。アラームが鳴ったときにはクラウンを押すとスヌーズに、ボタンを押すとアラームが止まります。
8) Apple Watch をアップデートするとスケッチはいろんないろんな色を使って描けるので楽しみがまたぐっと広がります。「おつかれ」「ありがとう」など文字も楽しい。
9) 料理中に手が離せない時、腕を振り上げて「Hey Siri 、タイマーを5分セット」というようにハンズフリーで操作が出来ます。
10) iPhone が見つからない時、グランスから一番左の設定画面でiPhoneのアイコンをタップすればiPhoneがサイレントモードになっていても「ポーン」となって居場所を教えてくれます。

watch os 2 がリリースされているので、こんな楽しい機能をフル活用するためにも
もしまだならアップルウォッチ のOSをアップデートしたほうがいいですね。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204641

ASICS META RUN

[15.12.14]

IMG_2929

11月18日に全世界一斉発売されたアシックスのMeta Run。アシックスが誇る4つの特許技術と5つのニューテクノロジーを搭載したハイパフォーマンスモデル。
この注目のモデルを実際に履いて何度か走った感想は、「見た目と走り心地が全く違う!」ということ。Meta Runの外観というかフォルムはゲルカヤノやゲルニンバスといったトレーニングモデルに近いのですが、圧倒的に軽量で、走り心地はターサーのような中上級者モデルにも似る軽快なもの。このシューズを履くだけでいつものペースよりも速く走ることができ、3度の6Kmランを終えました。ブラック/ゴールドのカラーリングはインパクトがあっていいですね。

それにしてもこの見た目とパフォーマンスのギャップは凄い。「以前にもこんな感じのギャップを感じたことがあったなぁ…」と思い出したのが、知人によく乗せてもらっていたBMWのM3。ベーシックなクーペボディからは想像できないパワーユニットとスパルタンな足回りを組み合わせることで、ほとんどのスポーツカーを軽く凌駕するパフォーマンスを発揮していました。東名高速とかで彼がアクセルを踏み込むと背中がシートに押し付けられるような感覚を今も覚えています。

このMeta Runは日本では700足しか発売されなかったので、すでに入手は難しいかもしれませんが、ヨーロッパエリアでまだ販売されているようなので、出張や旅行で行く機会がある人はぜひトライしてみてください。

IMG_2937
ブラック/ゴールドが印象的なアッパーはフィット感に優れたフルイドフィットのテクノロジーを採用。

IMG_2933
インナーの形状記憶スポンジと強固な外付けヒールカウンターを組み合わせたメタクラッチ構造は走行中のかかとをしっかりと固定し脚力のロスを防止してくれました。

IMG_2932
アシックス独自のミッドソールで標準的な素材よりも55%軽量。見た目と実際の重量のギャップはこの最新マテリアルのせいかと。異なる2種類のゲルを、より効果的な形状で配置したエックスゲルにより、かかと部のクッション性も向上しています。

IMG_2930
ターサーやマラソンソーティといったハイパフォーマンスシューズでおなじみのデュオソールを採用し、グリップ力も高レベル。

IMG_2931
カーボン繊維で補強した2層構造をもつアダプトトラスは、足のアーチ形状に応じて安定性をキープ。長時間・長距離を走行中、人それぞれのアーチの落ち込むタイミングに合わせて硬度が変化する構造が、ランナーのアーチのサポートとスムーズな足運びに繋がる。ようは必要のないときはランナーの走りに干渉せず、必要なときだけにサポートしてくれるということですね。

IMG_2936
傾斜の付いたDUOMAX構造など、緻密な設計に基づく、硬度の異なる2層構造のミッドソールにより、足への負担を軽減するとともに、アダプトトラスと連携することで、ランナーの状況に合わせた安定した走りを実現したスロープドデュオマックスも搭載。

IMG_2730 (1)
プレスプレビューのアフターパーティでアシックスの澤田さんと「いいね!」

第10回湘南国際マラソン

[15.12.12]

FullSizeRender (18)

自分にとって湘南国際マラソンは初めてサブ4を達成した思い出の大会。今回で5回目の出走になります。このコースは基本フラットだから自分の周囲でもベストタイムは湘南国際マラソンというランナーは少なくありません。今回は12月から1月にかけてかなり多忙なのと、ランニングシューズのテストを20足以上しないといけないので、去年と同じく4時間30分前後で帰ってこようと思っていました。

フルマラソンは9時スタートなんですが、なぜか9時になってもスタートしない。理由は後で知ることになるのですが、このときは全く何が起きているか知る由もない。
5分遅れの9時5分にようやくスタートし、C枠の自分もそれからしばらくしてスタートラインを超えます。最初はKm/6分30秒くらいで走り、5Km過ぎくらいからKm/6分で走り、行けるところまで行こうと思ってましたが、何かカラダが重い。そして5Kmを迎えるころにその理由がわかりました。「オシッコがしたい!!!」これまで10回以上のフルマラソン経験があり、当初はトイレに駆け込むことも珍しくなかったですが、2010年10月のポートランドマラソンを最後にレース中にはトイレに行っていませんでした。その理由のひとつは、我慢しているうちに尿意がどこか吹き飛んでしまっていたからなんですが、今回はちょっと様子が違う。8Kmを過ぎた時点で「この先34kmもこの状態で走るのは嫌だ!」と決断し、ガソリンスタンド横の仮設トイレの列へ。ここで15分ほどロスしますが、出し切ったときの気持ちよさは一生忘れないでしょう。大袈裟じゃなく膀胱が決壊寸前でしたから(笑)。

それ以降はKm/6分前後でマイペースで走ります。ニューヨークと違ってフラットで本当に走りやすい。応援はニューヨークのほうが圧倒的に上ですが、タイムの出しやすさで言ったら湘南国際マラソンのほうが断然上ですね。江の島の折り返し以降もさほどキツクはなかったんですが、26Km過ぎでまたもトイレに行きたくなる。このときの気持ちは「どうせタイム狙ってないんだから一回も二回も一緒でしょ!?」というもの。ここでも5分ほどロスして結局20分ほどをオシッコのために費やすことに。それ以降は給水所でしっかり水分補給したり、おむすびやバナナを食べるなど栄養も補給バッチリ。完全にファンランモードです。マイペースで走っていて、脚力も残っているから上りもあまり辛くない。多くのランナーが歩きだすゴールを通り過ぎて以降のコースでは逆にペースを上げてゴール。
手元のスントで4時間49分50秒(公式ネットタイムは4時間49分45秒)でした。トイレ(小)へ二回も行くという失敗レースでしたが、ペースを上げなかっただけにダメージは最少。翌日は普段通りにスポーツジムで筋トレしました。

IMG_3113
当日のアウトフィットはトップスがサロモン、ボトムスはMMA、タイツはSKINS、アームウォーマーがC3fit。サロモンのソフトフラスクを携行したので、混雑する給水所を途中までパスできたのは有難かったです。

IMG_3116
スタート20分前にスントのブース前で「いいね!」。この時点ではトイレは全く行きたくなかったんですけどね。

FullSizeRender (19)
シューズはサロモンのセンス プロパルスやニューバランスのVAZEE PACEなどと迷いましたが、最終的にホカオネオネのクリフトン2をセレクト。去年着用した同ブランドのコンケストよりは速めのペースに対応する1足で、足の保護性能も高レベル。

IMG_3120
今回もタイムキーパーはスントのアンビット3ランで。湘南国際マラソン対応アプリをダウンロードしていたので、給水所までの距離を教えてくれたのは便利でした。前半はソフトフラスクで給水しましたが、後半は給水所をフル活用したので。

8Km過ぎにトイレに行って、すっきりした後にずっと脳内で流れていたZeddのI Want You To Know featuring Serena Gomez。歩きだす人が続出する悪名高き二宮の折り返し部分も、自分は余力を残していたからサビの部分
I want you to know that it’s our time
You and me bleed the same light
I want you to know that I’m all yours
You and me we’re the same force
I want you to know that it’s our time
You and me bleed the same light
I want you to know that I’m all yours
You and me run the same course
を口ずさみながら走る。「こんなはずじゃなかった…」という表情で悲しげに歩く参加者たちの横をEDM(エレクトロニックダンスミュージック)のヒット曲をノリノリで歌いながらペースを上げる49歳のおじさんランナー。不思議そうな視線で見られるか、我関せずといった感じがほとんどでしたが、カワイイ女の子が一人だけ「あっ、セレーナ・ゴメス!」って反応してくれましたw