home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

2015 年 1 月 のアーカイブ



adizero takumi speed summit

[15.01.15]

DSC_0609

これまでに日本を代表する数多くのトップアスリートのためにスポーツシューズを製作してきた三村仁司氏。そんな三村氏のクラフトマンシップとアディダスの技術開発力が高次元で融合することで誕生したのがアディゼロ タクミのランニングシューズ。「日本人を速くするために」をコンセプトに2012年にデビュー以来、高い評価を得ることに成功しています。今シーズン、アディゼロ タクミに比類なき反発性能を誇るクッショニングマテリアルのブーストフォームが搭載されることに。それがアディゼロ タクミ セン ブースト。フォアフット(前足部)に衝撃吸収性と反発性という相反する機能性を両立させたブーストフォームを内蔵しており、実際に履いてみるとその175g(27cm)という軽量性をまず感じ、走り始めてしばらくすると蹴りだしの際の力強い反発性を感じることができました。

DSC00096 (2)

今回開催されたadizero takumi speed summitは、このシューズの機能性の高さを体感できる素晴らしいイベント。5000mの自己記録更新にチャレンジしたり、マラソン世界記録のペースを体感する1000mランにアディゼロ タクミ セン ブーストを履いて参加するわけですが、なんとこのイベントで一緒に走ったのが、先日の箱根駅伝で初優勝に輝いた青山学院大学のレギュラーメンバー。「新山の神」こと神野大地選手も5000mの先導で走り、その無駄のないフォームを披露してくれました。

IMG_20150112_152333
例えばアシックスのマラソンソーティなどを自分の脚力レベルでは履こうと思わないのですが、このアディゼロ タクミ セン ブーストならデザインやミッドソールの厚みなどから「履いてみたい!」と思う自分がいました。実際に5Kmくらいまでなら問題なさそうなんで、駅伝など実戦で履いてみたいと思います。母校駒澤大学を想起させるパープルカラーだし。

第16回谷川真理ハーフマラソン

[15.01.13]

DSC_0605

昨年に引き続き谷川真理ハーフマラソンに出場しました。今シーズン最初のハーフマラソンになるので、記録は狙わず調整ペースのkm/5分、1時間45分台の去年と同じレベルのタイムでのゴールを目指します。晴天に恵まれましたが、暑がりの自分にはちょっぴり気温が高い気が。すぐに長袖のインナーウェア、ロングタイツの着用は失敗だったと気づきました。号砲一発10時にスタート。Km/5分を目指しますが、睡眠不足と集団が詰まっていてペースが上がらず、だらだらとKm/5分05秒~Km/5分15秒程度のラップを重ねます。折り返し点あたりから4分50秒台のラップもいくつか刻み、後半ペースを上げてゴール。1時間47分55秒でゴールしました。疲労感もほとんどなく、脚も全くといっていいほど痛くない。この程度のペースでハーフマラソンを楽しむのもいいものです。今回セレクトしたプーマFAAS 300 RS-Jの高速走行に対応しつつ高い足の保護性能を堪能することもできました。

ちなみに着替えたあとはシューズマスター編集長の榎本さん、スマート編集長の太田さん、フイナム副編集長の山本さんたちと赤羽で酒盛り。これもこの大会の楽しみの一つです。

DSC_0608

もともとシャカリキに走るつもりはなかったのでトップスはプーマ×ミハラヤスヒロのロングスリーブTシャツをセレクト。「カッコイイですね!」と何人かのランナーに声を掛けられました。レース当日が晴天だったのは嬉しかったですが、顔が日焼けするくらい日差しがキツかったです。サングラス忘れたのは失敗でした。