home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

2014 年 12 月 のアーカイブ



atmos × crocs hover atmos fleece slip-on men

[14.12.10]

DSC_0557

最近気温が低くなり、ジッとしていると寒くて、走っている状態が最も気持ちのいい季節がやってきました。
こんな状況下ではほかの季節よりも長距離を走りたくなります。基本的に毎日6Kmを走っていますが、ここ数日は走りやすいから10Kmを走りました。このような場合はやっぱり普段よりも疲労が残りやすいから、より多くの時間足をリラックスさせる必要があります。そんなときに「便利だなぁ」と思ったのが、atmosとcrocsのコラボレーションモデル。クロックス独自の特殊素材クロスライトによるクッション性の高さに加えてインナーに柔軟なフリースが配されているので、裸足で履いても気持ちいい。ゆったりした履き心地は足をリラックスさせてくれます。スタイリッシュなデザイン性、快適な履き心地だけでなく高い歩行性能もキープしているのでレース後にもピッタリなプロダクトだと思いました。