home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

2014 年 6 月 のアーカイブ



H&M sport

[14.06.26]

DSC_2904

ゴールデンウィークに愛知の実家に帰省したときのこと。「RUNNING gear MASTER」を買ってくれた友人がいて、みんな「カッコイイランニングギアが沢山載っていて面白いね!」といってくれたんですが、自分の同世代は子供が高校進学や大学進学でお金がかかるらしく、ランニングギアにお金をかけられないのが実情らしい。カッコイイランニングウェアはGYAKUSOUやパタゴニアを始めとして、そこそこの値段しますし、スポーツ量販店で売ってる安いウェアは、正直言ってイマイチ。友人たちは「カッコよく速く!」は難しいと嘆いていましたが、そんな状況に対する自分の提案はH&M sport。以前にも紹介しましたが、リーズナブルでデザインもカッコイイし、ランニングに不可欠な吸汗速乾性を備えていて、今シーズンも魅力的なラインアップが揃いました。もちろんスポーツブランドの上級機種の機能性を確保するのは難しいですが、今シーズン購入した4コーディネートで1万円ちょっとというプライスを考慮すれば充分満足できるレベルだと思います。ちなみにショーツはH&M sportでなく、通常のH&Mのスイムショーツですが、プールサイド以外にランニングやカジュアルシーンにも使用できてこちらも本当に便利です。

DSC_2910
「ジョガーじゃなくてランナーだよ!」というメッセージがモチベーションを向上させます。

DSC_2927
海外に行ったときにこそ着たいトップスですね。

DSC_2929
パームツリーのグラフィックはカジュアルテイスト満載ですが、しっかりと吸汗速乾性を備えているので、ランニングにも対応してくれます。

THE NORTHFACE ULTRASMOOTH

[14.06.22]

DSC_2665

最近、榎本さんと話をしていて「このシューズいいですよね!」と共通した意見となったのが、ザ・ノース・フェイスのウルトラスムース。先日の食べランでも榎本さんが履いていたオンロードに特化したランニングシューズで、足とシューズのフィット感が本当に優れていて、クッションが柔らかすぎることもないので、脚力がシューズから路面へと確実に伝わります。あとビブラム社製のアウトソールはグリップ性が高く、かつ耐磨耗性に優れていて減りが遅い。アパレルと比べるとまだまだランニングシューズにおける認知度は低いザ・ノース・フェイスですが、機能性のほうは先行ブランドに追いついたというか、ある部分では追い越している部分もあると思います。秋以降も魅力的なラインアップが揃っているし。

On CLOUDRACER

[14.06.06]

DSC_2837

その独特な走行感で着実にシェアを向上させているOn。これまでにOnのいくつかのバリエーションを着用してきましたが、このクラウドレーサーはkmあたり3分台で走るようなトップアスリートからの信頼も厚いOnのラインアップにおけるトップモデル。ロンドン五輪の女子トライアスロン競技で金メダリストに輝いたニコラ・スピリグを始めとしたOnの契約アスリートもこのモデルの高いパフォーマンス性能を絶賛しているといいます。Onというブランドは特にトライアスリートに人気が高いことで知られていますが、今年の宮古島トライアスロンでは1500名ほどのエントリー者のうち約100名がOnのランニングシューズを履いていたらしいです。

以前のクラウドレーサーも着用していましたが、今シーズンモデルは安定性と推進力を高めるスピードボードを採用しているということで、その走行感の変化が楽しみでした。実際に走ってみると、自然な着地と力強い反発性というOnのランニングシューズの特徴をしっかり継承しつつ、スピードボードによる推進力の向上もしっかりと感じられます。自分の脚力でもkm/4分40秒ほどのタイムを6kmキープすることができました。今回改めて思いましたが、Onのシューズは着地の感覚が本当に自然。Onのシューズに採用されているCloudTecテクノロジーは、Super naturalな着地感が欧米でも高い評価を得ているといいますが、これは同じ高い反発力を誇ったNIKE SHOXの人工的な感覚とは大きく異なり、他ブランドのランニングシューズから履き替えたランナーにも違和感がないと思います。

第一回Runners Pulse食べラン

[14.06.02]

DSC_2840

「走ったあとに美味しいものを食べよう!」という食べラン。
RUNNING gear MASTERでも紹介したランニングスタイルですが、ブログを書いてくれている榎本さんと都ちゃんの3人で第一回を開催しました。この日は代々木公園をホームコースにする榎本さんの案内でトレイルっぽい箇所も走りましたが、これが足に優しくて新鮮。普段使わない筋肉にも刺激が与えられ、いいトレーニングになりました。

走ったあとは食事ということで目的地のある神泉へ。
こちらからは本来ランから参加予定だった格闘家の宇野薫選手も合流。美味しい魚に舌鼓を打ちながら、ランニングの話や格闘技の話etc.いろいろ話せて楽しかったので、次回も早く開催したいです。次はみなとみらいからの野毛とかかな!?

IMG_20140530_205908
食事からは格闘家の宇野薫選手も合流。次回は一緒に走りましょう!

IMG_20140530_195148
食事は神泉の某所にて。刺身やあらの煮付けなど、ここんちは何もかもが絶品。
走ったあとだからなおさら美味しい!!!