home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

2014 年 4 月 のアーカイブ



Sketchers GOmeb SPEED 2

[14.04.27]

GOmeb_speed2

2013年4月15日、117回目を迎えたボストンマラソンで爆弾によるテロにより3名の方が亡くなりました。この悲しい事件から一年が経過し、2時間8分37秒のタイムで第118回大会を制したのはメブ・ケフレジギで、ボストンマラソンにおけるアメリカ国籍の男子の部の優勝者は1983年以来、31年ぶりでした。彼はエチオピアで生まれ、アメリカに家族とともに移住しましたが、アテネ五輪ではマラソン競技で銀メダル、ロンドン五輪では4位に輝くアメリカを代表するマラソンランナーで、以前はナイキと契約していましたが、現在はスケッチャーズのシューズで優秀な成績を記録し続けています。

最初は「スケッチャーズ?」と疑問に思いましたが、Go runシリーズや彼が着用するシューズのベースとなっているGOmeb SPEEDシリーズは実際に履いてみると走りやすい。今回履いたGOmeb SPEED 2にも採用された中足部からの自然な着地を促すM-strikeの構造は効率的な走りをランナーに提供してくれます。シューズ自体はかなり軽く、メブが履くシューズのベースとなっているだけに、かなり高速セッティングとなっていますが、kmあたり4分35秒程度の自分にとっての速目のペースでも充分にスピード感を感じることができました。

スケッチャーズというとカジュアルシューズのイメージが強いかもしれませんが、このシューズはお世辞抜きに走りやすかったです。残念ながら現在は日本では未展開ですが、近い将来リリースされることを期待しましょう。

MEB_in_black
去年のニューヨークシティマラソンの際に、スケッチャーズストアを訪れると写真のようなディスプレイが飾られていました。映画「MEN IN BLACK」を意識したわけですね。

サイパンマラソン2014

[14.04.21]

saipan_start

オリンピックのマラソンでは、その年のランキング上位者が金メダリストとなることはあまりありません。それはマラソンという競技がどちらかいうと気温の低い冬季のスポーツで、トップ選手が気温の高い季節にレースに慣れていないからです。よってロンドン五輪でもそうでしたが、夏期に行われるオリンピックでは伏兵が優勝することが多いのだと思います。

自分は2010年から4年連続でグアムで行われるココロードレースに出場していますが、湿度が高く30度近い環境下では駅伝の1区間のたった5kmを走るのも辛かったです。一昨年は知り合いがハーフマラソンに出走しましたが、1時間30分台のタイムを持つ彼が2時間を超えるタイムでゴールしたのが記憶にあったので、同じ気候条件のミクロネシア地域で行われるサイパンマラソン2014年にニューバランスジャパンのご厚意で招待されたときに、50km、フルマラソン、ハーフマラソン、10kmから迷わずにハーフマラソンを選びました。さすがに10kmは選べないですからね(笑)高温に加えてミクロネシアの高い湿度、刺すような強い陽射しを知っているので、今回の目標タイムはベストよりも20分遅い1時間58分台に設定します。これにはワケがあって、知り合いのランナーが翌日に行われる東日本国際親善マラソンが初めてのレースエントリーで、ハーフマラソン2時間切りにチャレンジするから。本当は一緒に走ってペースメーカーを務めるつもりだったのですが、こちらの大会に出走することになったので、ペースメーカーはチームメイトに任せ、自分はいくら悪条件とはいえ先輩ランナーとして前日に2時間は切っておきたいというのがあったのです。なので今回のテーマは「ファンランで2時間切り」で、着用シューズもフレッシュフォームをミッドソールに使用した足の保護性能の高いニューバランスM980にしました。

ハーフマラソンはフルマラソンと50kmの1時間15分後の5時45分にスタート。まだ真っ暗です。ハーフ部門のエントリーは150人前後とのことで、ここまで出走者の少ない大会は初めて。いつものレースなら先頭の位置を上位を狙うランナーが場所の取り合いをして殺伐とした雰囲気になるのですが、今回はダチョウ倶楽部のネタ状態で「どうぞどうぞ!」といった感じで最前列に。スタートすると最初は「グアムよりも暑くないかな?」と思いましたが、それは間違いで、しばらく走るとまとわりつくような湿気が襲い、すぐに大量の汗をかき始めます。3kmほどを走った時点で「楽しんでる余裕ないなぁ」と思い始めました。日の出以降はグングン気温が上昇し、30度を超え、強烈な陽射しも体力を消耗させます。kmあたり5分41秒をキープすれば2時間は切れる計算になるのですが、陽射しの強いところではどうしてもペースが落ち、5分50秒台に。19kmほどに到達したところでゴールタイムを計算するとギリギリということに気付きます。このままではヤバイのでペースアップを試みるのですが、前日のランニングレクチャーで徳本一善選手が「走りにもリズムが大事!」と言っていたのを思い出し、なぜか「野球拳」のリズムを口ずさみながら走るとグイグイペースが上がる。例の「テロリロリーラ、テロリラリ…」ってやつです。このおかげで20kmのラップは5分23秒、21kmのラップは5分04秒まで上がりゴール!タイムはグロスで1時間58分31秒で、何とか2時間は切れました。

ヨガには高温下で行うホットヨガというのがありますが、南国のマラソンはホットマラソンと名付けてもよいくらい、冬季のマラソンとは別物。サイパンマラソンはエントリー総数は全カテゴリーあわせても数百名のランナーしか集まりませんし、基本的にトップランナーが争う大会でもない。ニューヨークシティマラソンや東京マラソンが名を連ねるワールドマラソンメジャーズのように、シンガポールマラソン、プーケットマラソンといった熱帯地域で行われるマラソンをシリーズ化してトロピカルマラソングランプリのようにしたら、「寒冷地での2時間5分台のレースでは勝てないけど、熱帯での耐久戦なら自信がある!」という上級ランナーが出走して盛り上がるかもしれません。ちなみにサイパンマラソンのフルマラソンと50kmレースの優勝者には1000ドルの賞金が贈られました。

saipan_record
記録は平凡でしたが総合で13位、カテゴリー別で3位というまさかの好成績。ペースをある程度キープして、前半飛ばしたランナーが脱落するのを着実に捉えた結果です。本当にキツイレースでしたが、最後まで諦めなくてよかったです。それにしても、この過酷な条件でフルマラソンをサブ4で走った榎本さんには心から尊敬します。

chamoro
レース終了後に伝統的な衣装を身に纏ったチャモロ族の青年たちと「いいね!」。美女以外とも「いいね!」はするのです(笑)今回着用したニューバランスM980はクッション性と足とのフィット感が秀逸でとても走りやすかったです。

saipan_runner
自分たちが昼食を終えた13時頃にゴールを目指していたIT関連企業に勤務するという50kmレースに出場した20代の日本人青年。スタートから8時間30分以上、本当に過酷だったと思うけど、ゴールしたときに得るものは大きいはず。ちなみにサイパンマラソンは暑さ対策か、他のレースと比較して給水所の数がとても多く、水を含ませたスポンジを供してくれるのが本当にありがたかったです。

grouprunners
先にゴールしたランナーが完走証とフィニッシャーTシャツを持って、知り合いのランナーと併走するという微笑ましい光景。メジャーな大会ではありえないですが、サイパンマラソンでは頻繁に見られました。こういうのいいですね。

The Color Run Tokyo presented by new balance

[14.04.13]

event

プレスリリースによると、The Color Runとは健康と幸福を祝うことをテーマに、タイムを競わない「地球上でもっともハッピーな5km」のカラーキャンパスを走る世界最大規模のファン・ランニングイベントとのこと。

これでは何のことかはわかりません。以前ドイツ村で行われた大会に知り合いの何人かが参加して「楽しかった!」と言っていたり、インスタグラムで紹介されているのを見て、興味を持っていましたが、今回ニューバランスジャパンのご厚意により参加して、「The Color Runとは何ぞや?」というのを体感してきました。

スタートからしばらくは渋滞のためにノロノロと歩きますが、徐々にバラけてジョグペースで走ることが出来るようになりました。そしてBLUEと書かれたゲートに到着するとブルーのパウダーをスタッフにかけられます。これがCOLLOR ZONEと呼ばれ、これでカラダに色が付くわけですね。ケバケバしい発色ですが、パウダーの成分はコーンスターチで人体には無害とのことで一安心。

その後もYELLOW,GREEN、PINKとCOLOR ZONEを通過すると着ていた白のTシャツはカラフルに色が付き、走っている間はいつも以上にテンションが上がり童心に帰ることができました。いかにもアメリカ生まれの脳天気なイベントですが、いい意味で気分転換になると思いますね。

ゴールしたあとは広場でDJプレイが行われ、踊る人も多くさながら野外フェス状態。ゴールエリアで渡されたカラーパウダーのパケットを知り合いに振り掛けたり、見ず知らずだけどちょっと気になる異性に振り掛けたりとお祭りみたいです。シリアスランナーには叱られそうですが、とにかく走ることを口実に楽しもうという精神は個人的に賛成です。これをきっかけに走ることの楽しさに気付く人がいるかも知れないですしね。

yellow
こんな感じでCOLOR ZONEを通過すると着ていた白のTシャツはカラフルに色が付いていきます。

before
スタート前はこんな感じで、まだTシャツは真っ白のままです。

group
ゴール後はみんな見事にカラーパウダーまみれに。約1名シリコン製のスイムキャップとゴーグルの完全装備で臨んだアラフィフがいます(笑)。カラーパウダーは人体に無害とのことですが、ゴーグルはともかくサングラスは掛けていたほうがいいでしょう。

packet
ゴールエリアで渡されるカラーパウダーのパケット。イベントに使用するほか、参加者はパウダーを掛け合って楽しんでいました。出会いのキッカケになるかもしれませんね。

NIKE FLEX 2014 RUN PREMIUM

[14.04.09]

FLEX

2011年、台北を旅行しているときに魅力的なナイキのランニングシューズを見つけました。それがNIKE ZOOM FOREVER。軽くてグレー/イエローのカラーコンビネーションも秀逸。何より日本円で5000円前後という価格設定も魅力的でしたが、「日本でも買えるだろう!」とたかをくくってたら、これが日本未展開。値段の割りに本当に走りやすそうだったな。あのシューズ。

というわけで、実は価格と機能性は単純に正比例するわけではないんですね。個々のランナーの好みもあるし。そんなことを急に思い出したのは、現在ABC-MARTで展開されているNIKE FLEX 2014 RUN PREMIUMを履いて走る機会があり、このシューズが思いのほか走りやすかったから。このシューズは一見するとNIKE FREEに似ていますが、それよりも安定性とクッション性に優れていて、なおかつ六角形の集合体から構成されるファイライト製アウトソールは、NIKE FREEに近い屈曲性をキープしています。実際にこのシューズを履いて走ってみると、一言で言うならば「一般的なランニングシューズとNIKE FREEの中間の履き心地」。低速から中速スピードまでなら本当に走りやすいし、効率的に足を鍛えてくれると思います。あとシンプルデザインとベーシックなカラーリングを組み合わせることで、ストリートシーンにおいても活躍してくれそう。それにNIKE FLEX 2014 RUN PREMIUMは、税込みで9000円以下というリーズナブルプライスを実現しているところも嬉しいですね。

flex_outsole
六角形の集合体から構成されるファイライト製アウトソールはNIKE FREEほどではないですが、高い屈曲性をキープ。低速から中速スピードでのランニングに向いているシューズだと思います。短い旅行ならコレ1足でカジュアルシーンからランニングシーンまで対応してくれそうですね。ベーシックなデザインは汎用性も高いので。

第30回行田市鉄剣マラソン

[14.04.08]

行田鉄剣マラソン

埼玉北部の行田市で行われる「行田市鉄剣マラソン」は自分にとって相性のよい大会。フラットなコースはタイムが出やすく、初めて参加した2008年には2時間を初めて切り、翌年は1時間50分を初めて切る1時間45分台でゴール。そして2010年大会では1時間41分台で走るなど、走るたびに自己記録を更新してきたのです。そんな大会も2011年大会は前月に起った東日本大震災の影響で中止。2012年はエントリーに間に合わずに出走できず、去年はエントリーできたものの前日の爆弾低気圧の関係で参加者の安全を最優先するために中止と、ここ3年は走ることができませんでした。

今年は1時間38分55秒のハーフマラソン自己記録を更新すべくエントリーしましたが、花粉の影響か喉と鼻がアレルギーっぽい炎症を起こしており呼吸が万全じゃない。また右の踵の痛みもかなりひどいし、先月痛めた右肩から右腕の痛みもまだ完治してない。それでも相性のいいコースだけに密かに記録を狙っていましたが、興奮しすぎてほぼ一睡も出来なかった時点で、その希望はなくなったといってよいでしょう。いつもはなんだかんだで3時間くらいは眠れるんですけどね。ゲストランナーの増田明美さんが出場した10kmの部に続いてハーフマラソンは9時30分にスタート。最初のラップは4分30秒ほどでしたが、それからはラップを落とし続けて、8km目くらいにkm/5分を超した時点で記録を諦めてファンランに切り替えます。沿道の農家のオジチャン、オバチャン、子供たちとのハイタッチを楽しんだり、菜の花畑や桜並木を楽しみながらゴール。記録はネットで1時間51分46秒。久しぶりに1時間50分を切れませんでした。前述の体調不良と睡眠不足に加えて、気温もかなり高めだったし、前日の夕食に食べたカツ丼の影響でランニング中ずっと胃もたれしていたのもスピードに乗れなかった大きな理由。やっぱり前日は麺類など消化のよい食べ物にしないとダメですね。ちょっぴりなめてました。この大会は気温さえ上がり過ぎなければ記録の出やすい大会なんで、来年もエントリーすると思います。そのときは万全のコンディションで挑みたいものです。

行田記録
以前はグロスの計測だけでネットの表示はなかったのですが、今回はありました。これは嬉しかったです。サトイモや豚肉など具沢山な古代スープのサービスは今年もありました。