home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

2014 年 2 月 のアーカイブ



NIKE PRO COMBAT RECOVERY HYPER TIGHTS

[14.02.15]

Recovery_tights

最近では様々なブランドからリリースされることでポピュラーな存在となっている段階着圧のスポーツアパレル。これまでナイキでは展開されていませんでしたが、今月より登場することとなりました。それが「ナイキ プロ コンバット リカバリー ハイパー タイツ」です。今回ナイキは着圧が筋肉のむくみの軽減に効果があることに着目し、運動時ではなく、アフタースポーツのリカバリー用タイツを開発したのです。

実際に試してみると、グリッド(格子)状の素材はフィット感が高くシワになりにくい。これまで数十種類のスポーツタイツをトライしてきましたが、このモデルは適度な段階着圧で、履き心地ではトップクラス。嫌な締め付け感も無く、長時間着用しても快適で、着用することで疲労から早く回復するような気がしました。まさに積極的疲労回復です。このタイツの着用、アミノ酸やクエン酸といったサプリメントの摂取、正しいストレッチを行うことは、ハーフマラソンやフルマラソンなど通常のエクササイズよりも負荷の高いアクティビティを行った際には効果的だと思います。

new balance RC1100R2

[14.02.11]

RC1100

ニューバランスが日本のトップランナーに耳を傾けて開発したレーシングモデルがRC1100R2です。彼らのフィードバックからフォアフット/ミッドフット着地を促すソールユニットの設計を採用し、効率的な走行性能を実現しています。自分は以前のRC1100も履いていましたが、アウトソールのグリップ性もアップしているので、それよりも脚力を的確に路面に伝達してくれている気がしました。サイズは今回US8/Dをセレクトしましたが、前モデルのときのUS7.5/2Eよりも自分の足にフィットしていたと思います。新宿シティハーフマラソンで着用した際には試し履きが充分ではなかったために、このシューズの100%のパフォーマンスを発揮できなかったかもしれませんが、リラックスして走った割に1時間43分台のタイムが出たのはこのモデルのおかげだと思います。前モデルよりも垢抜けたスタイリッシュなデザインとなっているのもいいですね。

第12回新宿シティハーフマラソン

[14.02.09]

nationalstadium

ちょっと間があいてしまいましたが、1月26日に新宿シティハーフマラソンを走ってきました。この大会に出るのは2009年の大会以来。フイナムを運営する蔡さんたちと走り、スタートからしばらくしての渋滞というか全く動かなくなったのが最後まで響いてギリギリ1時間50分が切れなかったのは悔しい思い出です。その後のランニングブームもあって、この大会は都内屈指の人気大会となったためご無沙汰してましたが、今回はニューバランスジャパンのご好意でエントリーさせていただきました。

今回が現在の国立競技場が使用できる最後の大会。ちょっぴり感傷的になります。
着用シューズのニューバランスRC1100の履き慣らしが充分ではないので無理しないようにと思っていましたが、シューズのパフォーマンスが高そうなんで、心のどこかで「行けたら行こう!」みたいなのはありました。しかしながらそんな想いもスタート直後の渋滞で吹っ飛びます。最初の1kmに6分以上かかったので、100分切りも自己記録更新も難しそうです。途中から道も開けてきてkm/4分40秒前後をキープしますが、途中曙橋駅付近の坂道がキツクてペースダウン。あとこの大会名物明治通りHIS前のOLさんの大応援団も今年はいない。ここの黄色い声援を楽しみにしていた男性ランナーは自分以外に多いはずなのに(笑)。基本km/5分を切るペースで走りましたが、今回も無理していないこともあって、最後はちょっぴりペースを上げて1時間43分26秒でフィニッシュ。疲労も残さずこのタイムで走れるようになったのは、4年前と大違いです。この大会は都心を走れるのがやっぱりいいですね。走り終って高円寺の自宅に到着するのもすぐだし。来年も機会があったら走りたいです。

miyare

Runners Pulseブロガーの都ちゃんと。ニューバランスM990みたいな重いシューズを履いて1時間52分台は凄い!ナイスランでした。

kiroku

このレースの前々週に行われた谷川真理ハーフマラソンと同じく楽しく走るのを心がけました。100分切りは出来ませんでしたが、気持ちよくゴールできました。