home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

2014 年 1 月 のアーカイブ



第15回 谷川真理ハーフマラソン

[14.01.12]

tanigawa

これまでは時期の近いフロストバイトロードレースに5年連続で出場していたことから縁がなかった同大会ですが、今回はプーマジャパンよりお誘いがあり参加しました。
絶好のマラソン日和で、河原独特の強風もこの日は吹かず、スタートからゴールまでkmあたり約5分のペースをキープ。今回は「楽しんで走る!」をモットーにしていましたが、手元のSUUNTOのタイム1時間45分34秒でゴール。今シーズンの初ハーフマラソンでしたが、自己記録更新に向けていいスタートとなりました。

FAAS100R

足元はプーマのFAAS 100R。上級ランナー向けモデルですが、ある程度のクッション性もキープしています。フルマラソンは無理ですが、自分レベルでもハーフマラソンならOKでした。機能性だけでなく、デザインがスタイリッシュなところもいいですね。

ASICS MOTIONTHERM

[14.01.04]

asics_motiontherm

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年の師走のことになりますが、アシックスのモーションサーモという新しい機能を採用したランニングウェアを着てメディア関係者が神宮外苑を走るというイベントがありました。このモーションサーモのウェアはアシックスが独自に開発した吸湿発熱素材「サイバーウォーム」を採用しており、保温性も高く、汗によるべたつきや汗冷えを防止してくれ、着心地も快適。この日は寒かったのですが、このウェアのおかげでランニング中は寒さを忘れることができました。アシックスはシューズ以外にランニングアパレルの機能性も高いのですが、これまでは「デザインが…」という声をチラホラ聞いていたのも事実。しかしながらこの日着たランニングジャケットはデザインもスタイリッシュで、これ以降頻繁に着用するお気に入りの一着になっています。随所にリフレクターを配していて、夜間走行時の安全性が高いからナイトランにピッタリなところも気に入りました。やっぱりカッコよく走りたいからランニングウェアにスタイリッシュさは不可欠ですよね。

ikeda

Runnners Pulseのブログメンバー池田コーチと榎本さんもこのイベントに参加していました。
ウイメンズモデルの発色のよいカラーリングもよかったですね。

WWD

運動神経抜群で知られるWWDのマッキーも参加。かなりの健脚なのは知ってましたが、外苑二周目の途中で置いて行かれたのはちょっぴりショックでした。