home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

2013 年 10 月 のアーカイブ



PATAGONIA GAMUT SHIRT

[13.10.13]

patagonia_gamut2

最近お気に入りのランニングウェアがパタゴニアのランニングウェア。こういうと驚かれる人もいるかもしれませんが、品質や機能性が高いのはもちろんのこと、デザインもスタイリッシュで洗練されているんですね。それが証拠にアメリカでは直営店やアウトドアショップだけでなく、どちらかいうと高所得者層をターゲットにしている百貨店のNordstromにもパタゴニアのランニングウェアが置かれていたりします。

個人的に特に気に入っているモデルがガムートシャツというニットのように編んだトップスで、カラダの部位によって編み方を変更することで、通気性や吸湿性、速乾性をそれぞれ追求しています。実際に走ってみると、このシャツのマテリアルは柔軟なこともあって、本当に快適。なんで追加で購入しようとしたら、今季は継続していない。日本の希望小売価格は6300円とちょっぴり高かったから、それほど消化率はよくなかったのかも。
来春も展開しなかったらちょっぴり残念です。目立たないアイテムでしたが、それほどの名品なんですよ。

第24回東日本国際駅伝

[13.10.10]

2013東日本国際駅伝2

この間の日曜日、秋恒例のランニングイベント、相模原の米軍施設で行われる東日本国際駅伝に参加してきました。今回で4年連続の参加となりますが、最近ではこの大会がレースシーズンの開幕になっています。今回も男女混成で、1区、2区が5km、3区、4区が3kmの計16kmで、自分は3区を担当。入りの1kmはkm4分8秒ほどの速めのペースで走りますが、気温が29℃ほどと高く、残りの2kmは4分30秒台に落ち込み、GARMINのタイムでは13分48秒。まあシーズン初戦としてはこんなものでしょう。走り終わったあとのミラービールが美味しかったです。

teamminai

今回のチーム南井。Runners Pulseのブロガーでもあるタレントの高山都さんに今年も参加いただきました。今回のシューズは大会スポンサーのMOONSTARが日本国内でオペレートするK.SWISSをセレクトしました。

THE NORTH FACE FLIGHT TOKYO

[13.10.04]

NORTHFACE2

THE NORTH FACEのランニングストアとしては世界初となるTHE NORTH FACE FLIGHT TOKYOが東京 丸の内に10月4日(金)にオープン。前日のレセプションに伺ってきました。

店内はTHE NORTH FACE FLIGHTシリーズのウェアとギアを中心にラインアップされており、経験・知識が豊富なスタッフが常駐。トレイルランニングに関するアドバイスを受けることができ、世界のトレイルランニング、アスリートの情報を発信するとのこと。

様々なイベントも予定されているので、ランナー必訪のスポットになりそうですね。

NIKE DRI-FIT KNIT

[13.10.03]

DRI_FIT_KNIT

以前日経トレンディネットで原稿を書いたように、ナイキのDRI-FIT TOUCHを始めとして最近の吸汗速乾素材のプロダクトは肌触りも高レベルなことを書きましたが、最近気に入っているのが、ナイキのDRI-FIT KNIT。ニットという名が付くように縫い目のないシームレスな構造はウェアが肌に擦れる不快感もなく、走っている最中も本当に着心地がいい。通常のランニングウェアと比較して高級感があるのもイイですね。