スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
BLOG

BROOKS GHOST 9

2016.09.17
Masahiro Minai
南井 正弘 フリーライター、ランナーズパルス編集長
1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間52分00秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

IMG_8582

Runners Pulseのスペシャルでも紹介していますが、今回ブルックスのゴースト9をモニターしました。ブルックスのランニングシューズはアメリカではとても高いシェアを誇っていますが、日本ではまだまだ知名度が低いのが実情。自分はこれまでいくつかのプロダクトを着用してきて、「日本人ランナーにもマッチするのになぁ…」と思っていましたが、今回の座談会ではその魅力を伝えることが少しはできたかと。

このゴースト9は、ニュートラルタイプのシューズで、高いクッション性をキープしていながら自然な走行感も失っていないところが大きな特徴。アッパーのフィット感も本当に高いレベルをキープしています。なので、個人的には長い距離をゆっくりペースで走るのにピッタリなモデルだと思いますね。自動車でいえばトヨタのクラウンみたいな乗り心地。ドイツ車ほどは固くなく、アメリカ車ほどフワフワでない。初級ランナーから上級者まで幅広く対応するランニングシューズだと思いました。

CATEGORIES