スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
BLOG

Wings for Life World Run 高島大会

2015.05.22
Masahiro Minai
南井 正弘 フリーライター、ランナーズパルス編集長
1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間52分00秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

worldrun

Wings for life World Runは参加費の全額に相当する額が骨髄損傷の治療研究の支援に充てられる、私たちが走ることでチャリティにも参加できるランニングイベント。号砲一発ランナーがスタートした30分後にキャッチャーカーと呼ばれる自動車が時速15kmでランナーを追いかけ、ランナーはキャッチャーカーに追いつかれた時点で終了するというルールです。キャッチャーカーのスピードは徐々にアップし、最終的に30Kmまで加速。ドイツのミュンヘンや南アフリカのケープタウン、台湾など世界33か国35会場で同時のスタートですが、日本会場は滋賀県高島市で、5月3日の20時にスタートしました。

今回は以前のブログでも書きましたが、ハーフマラソンの距離である21Kmくらいは走るつもりでスタートラインに立ちました。
午後8時にスタートすると真っ暗な田んぼ道をヘッドライトやリフレクターを身に着けた2000人近いランナーが走る光景は壮観。Runners Pulseのブロガーである高山都さんはアンバサダーとして参加。同じくブロガー仲間の宇野けんたろうさんとは前週のサイパンマラソンに続き2週連続同じレースで走りました。そのほかにもプロボクシング元世界フライ級チャンピオンの内藤大輔さん、お笑い芸人のなかやまきんにくん、キンタロー、安田大サーカスのくろちゃん、タレントの森脇健児さんといった豪華なゲストランナーも参加していました。

当日は小雨が降ったり止んだりし、気温と湿気も高めで、長距離を走るにはベストとはいえなかったですが、ハーフマラソンの距離を走るべくKm/5分20秒のペースをキープします。基本フラットなんですが、途中アップダウンのキツイところもあり、そういった箇所ではペースも落ちそうになりますが、暗闇の中応援してくれる地元の人たちの声がエネルギーとなり、何とか持ちこたえて19Km地点に到達。「ハーフマラソンの距離のクリアはもう大丈夫かな!?」と思ったところで、まさかの上り。さらには必死に走ってセコイヤ並木に入ると、路面が凸凹で走りにくいのなんの。それでも手元のSUUNTO AMBIT3 RUNで21.2Kmを超えてホッとしていると、後方から「キャッチャーカーが来たぞ!」の声。しばらくしてキャッチャーカーが自分の横を通過してWings for life World Runは終了しました。

今回の世界チャンピオンは女子が高島大会を出走した渡邊裕子選手で56.33Kmを走り、男子はオーストリア会場のレマワク・ケテマ(エチオピア)で79.9Kmを走り、自らが持つ昨年の記録78.58Kmを更新し、二連覇を達成しています。

走ってみた感想は、新手のランニングイベントのなかではしっかりと走ることができるイベントで、来年以降も機会があれば参加してみたいということ。今回参加した自分の周りの人たちもほぼ同じ意見。最近いろいろな種類のランニングイベントが企画開催されていますが、そのなかには「走るという根本的な要素が欠落しているのでは?」というイベントも少なくなかったのですが、このイベントはビギナーからシリアスランナーまで「走る」ということをしっかりと楽しむことができます。

IMG_1267
今回履いたランニングシューズはプーマ イグナイト。軽量性、クッション性、反発性、そして安定性を高次元で融合しており、レース中は快適に走ることができました。

IMG_1261
数多くの日本のランニング大会に出場しているジンちゃん(歐陽靖)も台湾から参加。モデル、ライターなど多岐にわたって活躍する台湾のランニング界では超有名な存在です。

IMG_1263
高山都ちゃんは同大会のアンバサダーとして参加。約20Km走りました。ちなみに自分が着ているランニングシャツはプーマのニューテクノロジー、PWRCOOLを採用。冷涼感をランナーに提供してくれるので、暑くなるこれからの季節にありがたい存在です。

IMG_1258
会場ではプーマの最新ランニングシューズの試履きもできました。

IMG_1260
プーマガールスとキャットポーズ!

IMG_1266
有言実行、以前のブログで宣言したとおりハーフマラソンの距離は走ることができました。


この日の脳内ミュージックはサイパンマラソンのときも頭の中でリピートされていたカルヴィン・ハリスのOutside。Summerもそうでしたが、これくらいのテンポのEDMが個人的には一番走りやすいです。

CATEGORIES