スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
BLOG

第19回東日本国際親善マラソン

2015.05.01
Masahiro Minai
南井 正弘 フリーライター、ランナーズパルス編集長
1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間52分00秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

IMG_1004

JR相模原駅前にある米軍相模原補給廠にて行われる東日本国際親善マラソン。去年こそサイパンマラソンと日程が重なったために走れませんでしたが、2008年に出場してから今回で6回目の出走となります。2013年はハーフマラソンの自己ベストとなる1時間38分55秒を記録したように、気温さえ上がらなければフラットなコースはタイムを出しやすいです。今回はAthletics TokyoのメンバーとAFEのメンバーで参加しました。

当日は20度前後の気温で、日常生活には過ごしやすい気温ですが、レースにはちょっと気温が高い。最初の2,3KmはKm/5分ほどで走りましたが、暑さのためにペースが落ちます。4月は4週連続ハーフマラソンにエントリーしているので、「今日は無理するのは止めよう!」とペースを切り替え、楽しんで走ることに。最後は余裕を残し、手元のSUUNTOで1時間52分03秒でゴールしました。今回は気温の関係もあって自己記録は更新できませんでしたが、条件が揃ったときにはチャンスのある大会なので、来年以降もエントリーしたいと思っています。

IMG_1007
気温が高く、楽しんで走ったこともあって、タイムは手元のSUUNTOで1時間52分03秒。

IMG_1241
Km/5分ちょっとのペースは自分にとって軽快に走れる丁度よいペース。表情からも余裕が窺えます。トップス、ボトムスともにサロモンのプレミアムなランニングウェアコレクションの168を着用。

IMG_0999
シューズはサロモンのオンロード対応モデルである3Dスクリームを着用。安定感が高くて走りやすかったです。

IMG_1015
このレースの楽しみといえば芝生の上でのビール。自分たちランナーは長蛇の列のために諦めましたが、このプラスチック製ジョッキ欲しかった。

IMG_1022
レース後は横浜野毛方面で一杯。「宮川橋もつ肉店」ではどのメニューも美味しかったですが、リブ芯は最高に美味しかったです!

CATEGORIES