スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
BLOG

GUAM KOKO HALF MARATHON & EKIDEN RELAY 2013

2013.11.29
Masahiro Minai
南井 正弘 フリーライター、ランナーズパルス編集長
1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間52分00秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

guam_goal2

かなりのバックデートになりますが、10月20日に行われた「グアム ココ ハーフマラソン&駅伝リレー 2013」に参加してきました。自分は4度目の出場になりますが、今回からは今までのコースとは違うコースを走り、距離も少し短く(19.468km)なっています。これまではハーフマラソンと駅伝が全く同じ距離、コースを走るという珍しいレースでしたが、今回は駅伝はホテルロードを周回することになりました。観光客にとってのメインストリート、見慣れた街並みを走ることができるのはちょっぴり嬉しいですね。自分は今まで4区、2区、3区を走ったので、今年は1区を走ります。ハーフマラソンがスタートした15分後、駅伝は5時15分にスタート。最前列に陣取りましたが、あえてスタート直後はペースを抑え、1kmのラップを刻む頃からペースを上げて先行するランナーを抜いていきます。サンドキャッスルで折り返し、快調に飛ばします。実はこのコースはアップダウンのキツイ箇所もあるのですが、自分はマリオットへと向かう斜面も難なくクリアし、中継所で第二走者にタスキを繋ぎました。結果は4.827kmを22分19秒だからグアムの高温下の条件としては悪くないかと。その後のランナーも快調に走り、1時間28分12秒でゴール。

各ラップは

1区 4.827km 22分19秒
2区 4.907km 19分49秒
3区 4.907km 22分52秒
4区 4.827km 23分12秒

トータル 1時間28分12秒
参加257チーム中6位
MEN’S DIVISION 2位(そのほかにSCHOOLやMILITARYなど細分化されています)
ということでグアムのクイナの一種である絶滅危惧種のココバードのトロフィーを手に入れました。ちなみにこれは2011年に続き2個目です。

この大会は金曜深夜便で入り、日曜午後便で帰れば会社を休まなくても参加できるのでオススメですね。エントリーが定員になることもないでしょうし。本当は今年でこの大会からは卒業しようと思ったんですが、来年も出場しようかな?気軽にエントリーできるいいレースだと思いますよ。

teriyaki2

毎年自分たちと順位争いをしてきたTERIYAKI BOYSの少年たちと。育ち盛りだけに成長ぶりはすさまじく、今年の結果は1時間22分20秒で総合2位。6分近くも差をつけられました。

MISS_GUAM

ミスグアム2013(左)とミスアースグアム2013(右)と「いいね!」。

CATEGORIES