スタイリッシュに速く走りたい、すべてのランナーへ
BLOG

Fastinista

2013.08.30
Masahiro Minai
南井 正弘 フリーライター、ランナーズパルス編集長
1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間52分00秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

Runners Pulseのコンセプトは「カッコよく速く!」 実際にアメリカあたりにはそんなランナーは珍しくありません。そんなランナーの総称はあるのかな?と知り合いのアメリカ人に聞いてみると、普通にStylish runnerとの返事が。でも調べてみるとFastinistaという言葉が存在することが判明。しかしながらこれはもっぱら女性に使用されることが多いみたいで、日本でポピュラーになった美ジョガーという言葉よりも認知度は低いみたいですね。

ちなみに美ジョガーという言葉は雑誌「FRaU」から誕生した造語と言われていますが、男女問わずカッコよく速いランナーを表す言葉をこのRunners Pulseから創りたいものです。

 

FASTANISTA

アメリカにおけるランナーのバイブルといわれるRUNNERS WORLDに登場した典型的なFASTINISTAのスタイル。確かにアメリカの夏期にはこんな感じのスタイルでランニングしている女性は少なくありません。これがランニングウェアにばかり気を遣う人たちかというとそうではなく、実力もかなりなものの場合が少なくない。2010年12月のラスベガスマラソンのスタート時に、まさにFASTINISTAという雰囲気の女性にフルマラソンのパーソナルベストを聞いてみたら「3時間21分」という返事があったりとか。翌年のラスベガスマラソンハーフマラソンの部でも18kmくらいで自分を抜いていくのはこんな感じのスタイリッシュな女性ランナーが多かったです。

CATEGORIES