home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

On パフォーマンスランニングギア

[17.12.25]

以前このブログでOnのランニングアパレル、On パフォーマンスギアの紹介をして、パフォーマンスTとランニングショーツをピックアップしましたが、On パフォーマンスギアは秋冬シーズンにピッタリなプロダクトもラインアップしています。それがアウターウェアのウェザージャケットと、ロングパンツであるランニングパンツ。いずれのモデルも高い防風性と通気性を兼ね備えており、幅広い気温やあらゆる気象条件に対応。11月にチューリッヒのOn本社を訪れた際には、思わず「冷蔵庫の中みたい!!!」と口走った朝に走ったりしましたが、走り始めの寒い時も、ラン終盤のカラダが温まってウェア内部の温度が上昇した状態のいずれにおいても快適な着用感をキープ。あまりに着心地がいいから、ホテルの部屋でリラックスしているときも着ているほど。スウェットの上下ならまだしも、布帛タイプのランニングウェアはランが終わったらすぐにでも脱ぎたいものですが、On パフォーマンスギアのウェザージャケットとランニングパンツは、柔軟なマテリアルを使用しており、肌触りもいいから、ホント脱ぎたくないんですよ。これだけ着心地がいいから長時間のランニングでも走り始めから終わりまで快適性をずっとキープしてくれるのです。お値段はちょっぴり高めですが、そのプライスタグ以上の価値があることを保証します。


ラン用のロングパンツであるランニングパンツ。部位に応じて複数のマテリアルを使い分けており、本当に履き心地がいいですね。Onのシューズを履いて走るときだけでなく、他ブランドのシューズを履いた日も思わず選んでしまう履き心地の良さです。


ウェザージャケットは胸と背中の切り返し部分に空間が設けられており、比類なき通気性を発揮。ウェア内部の蒸れを排出してくれます。


ランニングパンツの膝と膝裏部分も通気性を向上させる二重構造を採用。速めのペースで走った際に特に恩恵を感じました。