home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

ASICS TOKYO 2020 OLYMPIC EMBLEM GEL-KAYANO 24

[17.10.30]

「2017年10月28日は何の日でしょうか?」と聞かれて、すぐに答えられる人はあまり多くありません。答えは2020年東京オリンピックの開幕の1000日前。
招致決定からいろいろなことがありましたが、あと1000日で東京五輪が始まるのです。それを記念して2020年東京オリンピックのスポーティンググッズのゴールドパートナーであるアシックスから公式ライセンスプロダクトが登場。今回紹介するゲルカヤノ24もそのひとつ。クッション性と安定性を高次元で両立したこのモデルをキャンバスに紙ふぶきをイメージしたプリントとシュータンラベルとインソールに公式エンブレムをあしらい、トーン オン トーンのカラーリングで仕上げたアッパーもスタイリッシュですね。

シュータンラベルとインソールには2020年東京オリンピックの公式エンブレムが。

箱にも2020年東京オリンピックの公式エンブレムと紙ふぶきをイメージしたプリントを採用することでスペシャルモデルあることをより一層強調してくれますね。