home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

SALOMON SUUNTO presents ランニング体験会

[17.10.15]

東京のランニングのメッカと言えば皇居が挙げられますし、福岡なら大濠公園、ニューヨークならセントラルパークetc.というように世界各地にそれぞれのポピュラーなランニングコースが存在しています。そして大阪はというとなんといっても大阪城公園だと思います。9月末にそんな大阪城公園のJO TERRACE OSAKAにオープンした「RUNNING BASE 大阪城」で行われたメディア向けのSALOMON SUUNTO presents ランニング体験会に参加してきました。大阪城公園はオンロードもオフロードも楽しめることが東京の皇居とは異なる点。一般には初心者ランナーに向けて毎月第二土曜日に行われているこのランニングプログラムは、両方の路面を楽しむ8Kmのコースとなっています。

実際に走った感想はナイトランはライトアップされた大阪城がキレイで、観光のために大阪を訪れたランナーにはぜひ体験してもらいたいと思いました。翌日は朝からオンロードとオフロードの両方を走りましたが、朝にもかかわらず観光客が凄い数なので、この時間帯はオンロードよりも林の中などの不整地を走るのがオススメかもしれません。オフロードといってもアップダウンはほとんどないのでビギナーランナーにも優しいです。そして「RUNNING BASE 大阪城」はSALOMON SUUNTO とパートナーシップを組んでいるので、サロモンの高機能シューズやスントの最新GPSディバイスをレンタルできるのも嬉しいですね。地元大阪のランナーはもちろん、週末に関西出張で訪れたビジネスマンも一泊延長して参加する価値が十分あると思いますよ。


ナイトランの際にはライトアップされた大阪城が本当にキレイでした。


朝や昼の大阪城公園は観光客で溢れるので、そばを走るときはスローペースで!


こんな感じのオフロードを走ることができるのも大阪城公園の大きな魅力です。


オンロード向けシューズの最新モデルのソニック プロ2もレンタル可能。着地時の振動を効果的に吸収するVibeテクノロジーを搭載しています。


オフロードランニング用にはセンス プロ2が用意されます。不整地でも高いグリップ性を発揮するアウトソールを装備。


もちろん、タオルやウェアのレンタルも可能なので手ぶらで訪れても大丈夫。


今ならスントのGPSウォッチも無料でレンタルできますよ。