home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

パタゴニア ナイン・トレイルズ・ショーツ

[17.06.07]

PIC_0191

パタゴニアでナイン・トレイルズという名称は結構長い歴史を誇っていて、自分は最初期のナイン・トレイルズ ショーツや今や廃版となったナイン・トレイルズ ジャケット、最近はカジュアルシーンでもヘビロテで着ているショートスリーブ・ナイン・トレイルズ・シャツを持っていますが、「これは名作だなぁ…」と心から思ったのが、昨年リリースされたスペックのナイン・トレイルズ・ショーツ。ストレッチの効いたマテリアルを使用している点は歴代モデル同様ですが、激しい動きにも収容物が飛び出さないジップ付きのサイドポケット、iPhone7サイズのスマートフォンなら楽々収納できるジップ付きヒップポケットは本当に便利。そして吸汗速乾性に優れたスパッツタイプのインナーを装備することで、アンダーウェアが要らない。このスペックは汎用性に優れたアイテムを揃えることが不可欠な旅行時にも大きなベネフィットになります。自分は、まずカジュアルシーンでこのショーツを履き、翌朝のラン時も着用するので、1着で通常の3倍の汎用性。スーツケースのスペースの節約になると同時に、タイやハワイでは毎回コインランドリーで洗濯するので、洗濯物の量も減らせるのです。このモデルの優秀性を去年実感したので、今春のニューカラーであるオークスブラウンも購入。早速ホノルルハーフマラソン ハパルア 2017の際にも持っていき、街でもランにも大活躍。サイドポケットにジップが付いているから、トロリーバスやThe Bussに乗った際にポケットからスマートフォンや財布が滑り落ちるという不安とも無縁でした。

PIC_0192
ヒップポケットはiPhone7ならすっぽり入るサイズ。ランニングのときはサイドポケットよりもココに入れたほうが揺れが少なくて走りやすいです。

PIC_0193
吸汗速乾素材製のインナースパッツ付きで、ハワイのような気候だと最適です。タイやマカオだと「ちょっぴり暑いかな?」と思いましたが、まあ下着が要らないことを思えば我慢できるレベルです。

PIC_0194
こちらが去年購入したカラー。ハワイ、マカオ、タイ、シアトルetc.いろんな土地のストリートシーンからランまで大活躍してくれました。