home > runnersblog > Masahiro Minai

南井正弘
南井正弘

Masahiro Minai

南井 正弘 : フリーライター、ランナーズパルス編集長

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆している。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

HONOLULU HALF MARATHON HAPALUA 2017

[17.06.05]

PIC_0123

ブログアップが遅くなりましたが、昨年、一昨年に続きホノルルハーフマラソン ハパルアを走ってきました。去年このレースをフィニッシュしたときに「来年もまた走りたい!」と思いましたが、実際にまた来ちゃいました(笑)。もちろんハワイで遊びたい、美味しいもの食べたい、ショッピングしたいというのもあるんですが、このレースにはそれほど魅力があるということです。フルマラソンであるホノルルマラソンの楽しさをハーフマラソンの距離に凝縮していることがより多くのランナーに認知されて、今回はトータル8,330名(昨年は7653名)、日本人1,937名(昨年は1697名)と過去最高記録を更新しましたが、航空券、ホテルともにGW、お盆、年末年始と比べたら全然安いので、まだまだオススメ。来年も参加して4年連続完走を目指します!
来年はハパルアにB級グルメやランニンググッズ&スニーカー、スポーツアパレルを絡めたツアーとか組んでみたいところ。もしくは気の置けない仲間10人くらいでわいわい行くのもいいかなぁと思っています。

IMG_4629
レース前日にはゲストランナーの福士加代子選手、八木勇樹選手らも参加してモーニングランが開催されました。

PIC_0122
今回のウェアはOnの上下で!アパレルに本格参入して間もないですが、そのクオリティは業界屈指。トップスはフィット感、吸汗速乾に優れ、ランニングパンツはサーフショーツをモチーフにしたスタイリッシュなデザインで、インナースパッツが簡単に取り外し可能。今回は南国のレースなのでアウターショーツのみで走りましたが、寒冷地ではスパッツを付けて走れば防寒&快適性の向上が期待できます。デザイン&カラーリングもカッコイイですね。

PIC_0140
足元はOnのニューモデルであるCloudflashで。東京マラソンEXPOで世界先行発売されたハイパフォーマンスモデルで、正直なところ「自分の走力で履きこなせるかな?」と思いましたが、従来のナチュラルな接地感と力強い反発力に加えてPEBAXプレートによるさらなる推進力と安定性がプラスされていて、21Kmを快適に走ることができ、走った直後、翌日の脚部の疲労感の少なさはレースタイプシューズとしては特筆すべきレベルでした。このシューズに関する詳細は創業者のひとりであるキャスパー・コペッティ氏がRunners Pulse のSpecialで語っています。ソックスはいつものエクスペリアです。

PIC_0125
毎年のことですが、スタートは朝6時なんで、まだ暗い。今回も写真撮りながらですが、2時間は切ろうと思ってレースに臨みます。

PIC_0131
今年もダウンタウンのキングカメハメハメハ像前はコースです。

PIC_0133
ワイキキのメインストリート、カラカウア大通りに帰ってきました。ここでの大勢の応援はランナーにパワーを与えてくれます。

PIC_0135
3回目となるとコースも熟知。厳しいアップダウンのダイヤモンドヘッドエリアも左に海が見えるところからはダウンヒルオンリー。和太鼓の応援は日本人ランナーは特に嬉しいはず。ここからの下り坂を利用して一気に加速すればカピオラニ公園のゴールまではあっという間です。

PIC_0129
ゴールには完走メダル、そしてボランティアスタッフのチャーミングな笑顔が待っています。

PIC_0147
今回のタイムは手元のSUUNTO SPARTAN ULTRA WRIST HRで1時間57分18秒でしたが、On Cloudflashの推進力にかなり助けられました。

PIC_0141
フットロッカーで買ったというアディダス ピュアブーストを履いたタトゥーの彼も”I really enjoyed the race!”とのこと。結構いいタイムでフィニッシュしてました。

PIC_0138
ハパルアといえばゴール後のフードサービスが人気。今回もシェイブアイスとスマイルは健在!

PIC_0136
疲れたカラダにはマラサダもいいですね!

PIC_0139
今年のニューカマーは「ラニカイジュース」によるフレッシュパイナップルジュース。これが本当に美味しかったです。

PIC_0142
数々のエクストラホスピタリティが用意されるJALテントは、JALで渡航したランナーのみの特権です。
日本の航空会社ならではのきめ細かいサービスに加えて、このJALテントの存在があるので、ハパルアに参加するなら、やっぱりJALがオススメ。

PIC_0143
ランニング後だけでなく、タイでムエタイ練習した後も思うんですが、スポーツ後のコーラの美味さは5割増しですね。これもJAL利用者のみの特権!
今年もストレッチエリアやアイシング用の氷も用意されていました。

PIC_0145
断裂した筋繊維を修復してくれるビーフたっぷりのカレー。香辛料があまり入ってないので辛くなかったですけど。

PIC_0146
他のランナーが「本当に美味しかったです!」と言っていたのを聞いて、食べずに後悔したそうめん「揖保乃糸」。確かに疲弊した胃腸にも優しいですよね。

今回の脳内ソングはなぜかEDMの名曲のコレ。とある場所で聞いてから耳から離れない。
いつかUMF(Ultra Miami Festival)に行きたいなぁ。