月別アーカイブ: 2015年6月

トレイルラン


昨日は高尾山へ。
高尾山口駅がリニューアルされて、ものすご~くオシャレに変身していました♪(´∇`)

そして、駅の反対側では温浴施設の建設が進んでいました。
出来上がったら、お山好きの父を連れて行こう。
楽しみっ♫

image

 

高尾山口駅↔陣馬山の往復ラン。

この日は疲労抜きということもあり、メインロードで登山客がいるところは、かなりゆったり走るか歩いているのに、汗びっしょり。。

基本日陰なのに、都心と比べたらずっと気温は低いのに、トレイルはなんでこんなに汗をかくんだろう、、(´▽`;)ゞ

image

でも綺麗な景色(↑)と、エネルギーゼリーと給水(↓)が、
気持ちを切り替える“元気の源”になりました。

image

ヘロヘロにつき、バック開けたままで、たそがれるわたくし。
相棒はサロモンのバックパック!!

このリュックはベスト型で着てるように、身体にピタッと密着して走りやすい!
トレイルを始めたい方は、まずこのバックパックを入手することをオススメします☆彡

image

image

最後は復路の城山でかき氷(大)を食べて、全身アイシング‥
ふぅ‥
満身創痍‥
筋力・心肺機能ともによく鍛えられました(^_^;)

 

 

今日もYahoo!ニュースで見ましたが、、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150624-00010007-saitama-l11

フィールドが山・大自然であるだけに、用意周到に体調を整え、道具を揃え、良識あるマナーを考えて行うなかでも様々な問題が起こるのがトレイルラン、、

 

人は、スピードが速いものにストレスを感じるそうで、登山客から見ればトレラン選手のスピードは怖いものに映るのでしょう。

皇居ランニングでもそうですが、抜かす時にどけどけ!というような態度(そう思えるだけかもしれませんが)で走る人もいるというのも事実で…

マナーを守れる人が大半でも、マナー違反をしてしまう方が少数でもいれば全てのトレイルランナーが悪く言われてしまうのは残念なこと。

山も道路も、誰のものでもないから、譲り合いのきもちを忘れずに、みんなで共存して、それぞれの楽しみ方ができたらいいですね(´・ω・`)

 

 

私事ですが(いつもですね笑)、今週末のスパトレイル38km部門にエントリーしていましたが、今回は見合わせること(DNS)にしました。

北海道マラソンの調整に影響が出ることを恐れたこともありますが、
何よりも私自身まだまだ山の知識が浅いので、もう少し色んな経験をしてから、トレイルランレースに出場したいと思い、今回の欠場を決めました。

楽しみにしていた分、残念な気持ちも大きいですが、その分トレイルランレースデビューした暁には、ガッツリ走れるように頑張ってトレーニングをしたいと思います。
マナーよく(*^^)v

イベント報告【みんなで初夏トレ!スピード&クロカン@光が丘公園】


先週土曜日は「Team Runners Pulseみんなで初夏トレ!スピード&クロカン@光が丘公園」を開催しました☆

初快晴!!!
晴れ男、晴れ女の皆さんありがとございました!

60名以上のエントリーをいただき、無事に開催できました。
11427207_851665264913609_1882022576798706110_n

【ゲストランナー】
93’ シュトゥットガルト世界選手権5位入賞の打越忠夫さん
世界ジュニア陸上競技選手権1500m日本代表の打越雄允(ゆうすけ)さん

 

【協賛・協力企業】
おふろの王様光が丘店(http://www.ousama2603.com/shop/hikarigaoka/
株式会社ツインズ(https://www.caterpy.com/
株式会社隼(http://athletune.hayato-kk.com/
有限会社セブスポーツ(https://sev-sports.com/
株式会社アリスト(http://www.arist.co.jp/index.html
株式会社エボーリュ(http://evolu.co.jp/
株式会社エス・アイ・ピー(http://www.sip.jpn.com/

11229382_851679431578859_161674458709890033_n 11231913_851679778245491_8898626114895207794_n

8時00分~8時50分 受付
9時00分  開会、挨拶、写真撮影
9時15分~9時50分  体操、動き作りドリル
10時00分~11時40分 各グループに分かれてトレーニング
11時40分~12時15分 お楽しみイベント
12時20分~30分 おふろの王様光が丘店へ移動
12時30分~13時30分 入浴
13時40分~14時00分 魚民成増店へ移動
14時00分~16時00分 懇親会

 

 

 

開会挨拶後、まずは動きづくりのドリルから!

現役大学生アスリート打越雄允さん、曲直瀬(まなせ)さんよりレクチャーしていただきました。

◎内容
(参加者の竹ガッキーさんメモより笑)
1.ちょっと腰を落として歩くやつ
2.お馬ちゃんの足首のように柔らかくステップ。
3.ケニア人よろしく、ぴょんぴょんすすむやつ。
3.5.追い脚前後入れ替えの横スキップ
4.モモ上げステップ
5.モモ上げステップ横にすすむ
6.ライダーキックしながらステップ
7.蹴り上げケツたたきステップ
8.引き上げケツたたきステップ
9.腕を真っ直ぐ下ろしながらのランジ
10.さらに、脚をハードル跨ぎでのランジ

11055388_851679978245471_891294960652382168_n 11059152_862140713823035_8326579542626614217_n 10440660_851680468245422_7034878929556541095_n 10454298_851680938245375_6968760988530680679_n

 

そしていざトレーニングへ!!

【トレーニング内容、担当ぺーサー】
■Aグループ/30分クロカン走+インターバル200m×10~20
※打越雄允さん、曲直瀬さん

■Bグループ/60~90分ファルトレク走+α
※4分30秒ペース 吉田、坂本さん
※5分30秒ペース 柿沼さん、榎本さん

■Cグループ/40分ジョグ+α
新澤さん、五十嶺綾さん

*全体・総監督 打越忠夫さん

10351238_862140460489727_3028886410417366999_n 10291303_862140757156364_3413810972831281520_n 10353186_851681544911981_8113886476342058665_n 11013321_862140483823058_5693075986990835122_n 10409061_862140523823054_1089281436975927752_n 11350418_851682471578555_1598432030284059596_n

11059716_862140607156379_809157936974260348_n 1904270_851681294912006_3035674709343999672_n

17685_862140787156361_6923930312669143202_n癒しのエイドステーション♫サポートのミカティーありがとう!

 

締めの200mリレーで最終追い込み。
アンカーは600m笑

 

1977082_851683781578424_1873366770054439498_n 10641041_851684121578390_6400532496284374362_n 11217565_851684334911702_6431541576791627360_n

で、アンカーにバトンの渡った時点でサプライズ!!
最後方チームにビックリ助っ人が登場☆彡

 

11201820_851685701578232_1125089986499954907_n

ゲストの打越雄允くん!
これぞ、世界の走り!

ベンチで寝転んで眺めていたオジサンや、子供連れのレジャー組も一斉にグランドに視線を送ります!!

圧巻の走りでダントツの最後方からトップへ!!

11089147_851685914911544_1224490574085920832_n

間近で世界の走りを魅れてみんなで感激☆

 

 

その打越雄允くんが動きづくりドリルを行う意味について語る中に、学ぶものがあったのでここに抜粋して掲載させてもらいます。以下

「ランナーにとって動き作りの意義は人それぞれです。僕の場合、動き作りを習いたての頃はこれをやればいいフォームで走れるからという目的でやっていました。ですが、フォームが完全に確立した今となっては体の調子を見るのが目的です。このように動き作りをやる意味というのは人それぞれ違いますし、時系列で変わってきます。

次に何処を意識するかですが、何処を意識するかというよりかは、理想の走りを意識するのがベストです。理想の走りをイメージして走りの基本となる動き(動き作り)をやることで、普段行わない動作に理想の走りのイメージが合致しようとするので、新しい体の動きを意識することができます。それは膝を出す方向かもしれませんし、腕振りかもしれませんし、はたまた体の軸かもしれません。イメージが違えば意識する動きも変わってくるので、これもまた人それぞれと言えると思います。

実際、動き作りというものは定義がなく、説明するのがかなり難しいのですが、決して無駄な練習ではありませんし、意識して行えば無駄のない走りを確立できる可能性があります。今後動き作りを取り入れようと思った方は、何がランニング中にできていないのか、どんな動きをしたいのか、今日の体の調子はどうなのか、様々なことを考えて継続的に行っていただければと思います。そして動き作りの中の種目でできないものを克服し今までできなかった動きを習得することでランニングのレベルも次のレベルへと引き上げることも十分可能になってくると思います。」

 

今回のイベントは今までになく、テクニカルな学びのあるイベントになり、私自身もとても勉強になりました。

10733999_851686098244859_3269490494989335642_n 11224617_862140380489735_2113808366967051307_n

短い募集期間にも関わらずスケジュール調整して参加してくださった皆さん、サポートしてくださった皆さんには心より感謝していますっ(^人^)

ありがとうございました!

次回イベントはランナーズパルスホームページより案内させていただきます。

皆さん、これに懲りずに、またよろしくお願いします!

今回参加できなかった方も次回は是非ご参加ください。
お願いいたします(*´∇`*)