トレイルラン


昨日は高尾山へ。
高尾山口駅がリニューアルされて、ものすご~くオシャレに変身していました♪(´∇`)

そして、駅の反対側では温浴施設の建設が進んでいました。
出来上がったら、お山好きの父を連れて行こう。
楽しみっ♫

image

 

高尾山口駅↔陣馬山の往復ラン。

この日は疲労抜きということもあり、メインロードで登山客がいるところは、かなりゆったり走るか歩いているのに、汗びっしょり。。

基本日陰なのに、都心と比べたらずっと気温は低いのに、トレイルはなんでこんなに汗をかくんだろう、、(´▽`;)ゞ

image

でも綺麗な景色(↑)と、エネルギーゼリーと給水(↓)が、
気持ちを切り替える“元気の源”になりました。

image

ヘロヘロにつき、バック開けたままで、たそがれるわたくし。
相棒はサロモンのバックパック!!

このリュックはベスト型で着てるように、身体にピタッと密着して走りやすい!
トレイルを始めたい方は、まずこのバックパックを入手することをオススメします☆彡

image

image

最後は復路の城山でかき氷(大)を食べて、全身アイシング‥
ふぅ‥
満身創痍‥
筋力・心肺機能ともによく鍛えられました(^_^;)

 

 

今日もYahoo!ニュースで見ましたが、、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150624-00010007-saitama-l11

フィールドが山・大自然であるだけに、用意周到に体調を整え、道具を揃え、良識あるマナーを考えて行うなかでも様々な問題が起こるのがトレイルラン、、

 

人は、スピードが速いものにストレスを感じるそうで、登山客から見ればトレラン選手のスピードは怖いものに映るのでしょう。

皇居ランニングでもそうですが、抜かす時にどけどけ!というような態度(そう思えるだけかもしれませんが)で走る人もいるというのも事実で…

マナーを守れる人が大半でも、マナー違反をしてしまう方が少数でもいれば全てのトレイルランナーが悪く言われてしまうのは残念なこと。

山も道路も、誰のものでもないから、譲り合いのきもちを忘れずに、みんなで共存して、それぞれの楽しみ方ができたらいいですね(´・ω・`)

 

 

私事ですが(いつもですね笑)、今週末のスパトレイル38km部門にエントリーしていましたが、今回は見合わせること(DNS)にしました。

北海道マラソンの調整に影響が出ることを恐れたこともありますが、
何よりも私自身まだまだ山の知識が浅いので、もう少し色んな経験をしてから、トレイルランレースに出場したいと思い、今回の欠場を決めました。

楽しみにしていた分、残念な気持ちも大きいですが、その分トレイルランレースデビューした暁には、ガッツリ走れるように頑張ってトレーニングをしたいと思います。
マナーよく(*^^)v