home > runnersblog > Issey Enomoto

榎本一生
榎本一生

Issey Enomoto

榎本 一生 : エディター、ライター、シューズ・マスター

1976年千葉県生まれ。フリーランスのエディター、ライター。シューズ・マスター編集長、ランナーズパルス副編集長、フイナム ランニング クラブ♡部長。フル自己ベスト:3時間18分16秒(大阪マラソン2016)、ハーフ自己ベスト:1時間35分16秒(ブルックリンハーフ2016)
http://www.shoesmaster.jp
http://hrc.blog.houyhnhnm.jp

2014 年 5 月 のアーカイブ



仙台国際ハーフマラソン2014

[14.05.13]

5/11(日)の仙台国際ハーフマラソンに参加するため、先週末は仙台へ。
昨年の同大会以来ちょうど1年ぶり、自分にとって3度目のハーフマラソン。

IMG_6509

全国的に気持ちよく晴れ渡ったレース当日、仙台の気温はスタートの時点で20℃、最高で24℃。
湿度が低くカラッとしていたものの、長距離を走るにはいささか暑すぎた感は否めず。
とはいえ、先日の灼熱のサイパンに比べたら、これくらいの暑さはなんのその。

IMG_6522

最初から最後までキロ4分30秒ほどのペースで巡航し、1時間36分57秒(ネットタイム)で完走。
自己ベストを約5分更新するとともに、目標のサブ100(1時間40分切り)を達成しました。

IMG_6505

足元は、自分にとっての勝負シューズのひとつ、アシックスのターサージール2。
昨年の同大会で履いたターサージャパンと比べると特にヒールのフィット感が大幅に向上している気がします。

ちなみに今回は自分を含むアラフォーのおっさん5人による大人の遠足的弾丸ツアー。
土曜日の夕方に仙台に入り、ゼッケンを受け取ってビール飲んで牛タン食べてビール飲んで、
日曜日にハーフマラソン走って牛タン食べてビール飲んで東京へ帰るという、ただそれだけの一泊二日の旅。
いい大人が何をやっているだという気もしますが、たまにはこういう旅も悪くない。
そして仙台ハーフは本当に素晴らしい大会だと改めて実感。また来年も出たいな。

S.M.登山部 塔ノ岳編

[14.05.06]

IMG_6456

連休中のある日、スニーカー仲間のコーヘイさんと丹沢の表尾根へ。
ヤビツ峠〜三ノ塔〜行者岳〜塔ノ岳〜大倉というルートで、約8時間のデイハイク。
コーヘイさんとはよく山の話をしていたものの、実際にいっしょに行ったのは今回が初めて。

IMG_6461
塔ノ岳山頂はあいにくの天気で、眺望はほとんどなし。残念。

せっかくだから、下りは軽く走ってみる?
ということでトレランもどき的なことをやってみたところ、これが異常に気持ちいい!
坂道を駆け下りるスピード感や、先々を予測する戦略性など、トレランの魅力の片鱗を感じることができた。
ゆくゆくは本格的にやってみたいかも。

IMG_6487
森のなかを疾走するコーヘイさん。
まあ、やらせですが。

IMG_6464
コーヘイさんの足元はイノヴェイトのロックライト286GTX。
世界最軽量ゴアテックスブーツ。自分のまわりで局地的に流行中。

IMG_6465
僕はテバのテバスフィアで。調子良し。

IMG_6468
途中、野生の鹿に遭遇しました。