home > runnersblog > Issey Enomoto

榎本一生
榎本一生

Issey Enomoto

榎本 一生 : エディター、ライター、シューズ・マスター

1976年千葉県生まれ。フリーランスのエディター、ライター。シューズ・マスター編集長、ランナーズパルス副編集長、フイナム ランニング クラブ♡部長。フル自己ベスト:3時間18分16秒(大阪マラソン2016)、ハーフ自己ベスト:1時間35分16秒(ブルックリンハーフ2016)
http://www.shoesmaster.jp
http://hrc.blog.houyhnhnm.jp

2014 年 3 月 のアーカイブ



OUTSTANDINGでトレラン特集

[14.03.31]

51ZbnWbqZUL._SL500_AA300_

デッツ松田氏が手掛ける日英バイリンガルのファッションマガジン『OUTSTANDING』。
4月4日(金)発売の最新号でトレイルランニングを取り上げています。
桑原慶さん(RUN BOYS! RUN GIRLS!)堀内貴之さん(ラジオパーソナリティ)のトレラン対談に始まり、
チームGIRA安宗さん&スーパーランナー荒井さんの愛用ギア、各社の最新ギアカタログと、盛りだくさんの内容。
専門誌とは違った角度から、主にギアに焦点を当てて、トレイルランニングの魅力を紹介しています。
南井さんにも全面的にご協力いただきました。

それにしても、トレラン用のギアって、物欲を掻き立てられるものが本当に多い。
その奥深さはロードラン用のギアとは比べ物にならないほど。
ギア選びが楽しくてハマる人が多いのもわかる気がします。

SHOES MASTER vol.21

[14.03.20]

sm_vol21_h1lo

『SHOES MASTER』最新号vol.21、3月31日(月)発売。
どのページをめくっても靴しか載っていないという奇特な本です。
基本的にスニーカーがメイン。ランニングシューズは、わずかですが、載ってます。
この春夏のシューズ&スニーカー選びのお供に、ぜひご活用ください。
http://www.shoesmaster.jp/blog/2014/03/sm21.html

ハイパーフィールTR

[14.03.16]

Nike_Free_Hyperfeel_TR_side_profile_original

去年の9月にポストしたハイパーフィール。その後継モデルが発表されています。
ランニングというよりもトレーニング用という位置づけのようですが、
とにもかくにも一度履いてみたいと思わせる力強いルックス。ハイパーかっこいい。
http://nikeinc.com/news/new-nike-hyperfeel-trainer-flyknit-engineered-for-high-intensity-training

スマホで筋トレ

[14.03.10]

東京マラソンのダメージがほぼ癒えたので、ぼちぼちトレーニング再開。
4月と5月にフルとハーフが1本ずつ待ち受けているので、再び気合いを入れ直していこうと思います。

で、走力の底上げをはかるべく、補強的に筋トレでもやるかと思い立ち、
「Runtastic」の筋トレアプリをDL。これが予想以上に楽しい。ある意味、神アプリかも。
加速度センサーによって回数を自動でカウントしてくれて、トレーニングのログを残せるという代物。
筋トレを始めても三日坊主で終わりがちだった人(自分もその一人)におすすめです。
それにしても、ランニングも、筋トレも、スマホ頼りになってしまうとは、なんだかすごい時代ですね。

マラソンの参加賞について

[14.03.06]

最近知ったのですが、2/16におこなわれた京都マラソンは参加賞がBuffだったとのこと。
ナイスアイディア。他の大会でもやってほしいです。

あと、今週末おこなわれる名古屋ウィメンズマラソンでは、
今年も完走者全員にティファニーのペンダントが贈られるらしい。素敵。

マラソンの参加賞や完走賞は、Tシャツが一般的。
自分もいくつか大会に出て、そのたびにTシャツをもらうのですが、
一度も着たことがない、というか、封さえ開けたことがありません。