home > runnersblog > Issey Enomoto

榎本一生
榎本一生

Issey Enomoto

榎本 一生 : エディター、ライター、シューズ・マスター

1976年千葉県生まれ。フリーランスのエディター、ライター。シューズ・マスター編集長、ランナーズパルス副編集長、フイナム ランニング クラブ♡部長。フル自己ベスト:3時間18分16秒(大阪マラソン2016)、ハーフ自己ベスト:1時間35分16秒(ブルックリンハーフ2016)
http://www.shoesmaster.jp
http://hrc.blog.houyhnhnm.jp

2013 年 10 月 のアーカイブ



フイナムのナイキ本

[13.10.30]

nmo1

ウェブマガジン『フイナム』から、一冊まるごとナイキのムック本が登場。タイトルは『フイナム ジャーナル ナイキ スポーツウェア イシュー』(長い)。内容的にはランニングとは直接関係ないですが、スポーツ好きやファッション好き、そしてナイキ好きにとって、大いに楽しめる1冊かと。僕もすこしお手伝いしています。興味のある人は読んでみてください。

http://www.houyhnhnm.jp/fashion/news/hynm-nike-sportswear.html

NIKE+ FUELBANDがやってくる!

[13.10.23]

Nike_FuelBand_SE_Volt_SingleBand_large

待ちかねたぞ! 「NIKE+ FUELBAND」がいよいよ日本上陸です。これまでは海外で買うかお土産として頼むかしか入手方法がなかったので、日本上陸を待ち望んでいた人も多いのでは。しかも今回発売されるのが「NIKE+ FUELBAND SE」というもの。SEは「Second Edition」の意で、見た目は前機種とほとんど変わりませんが、中身は大幅に進化を遂げているようです。iPhone 5に対するiPhone 5s的な感じでしょうか。

以下、先日行われたプレス発表会&体験セッションの模様をダイジェストで。

IMG_5425
今回の「SE」では防水性もアップしているとのこと。

IMG_5444
「NIKE+ FUELBAND SE」を装着して、為末大さん(右)とシャドーボクシングにチャレンジする、我らが南井編集長(左)。動きの機敏さでは負けていない!

IMG_5454
その後はスタジアムに移動して、ミニサッカーを。NikeFuelがどんどんたまる!

IMG_5460
さらにその後は、和太鼓にチャレンジ。NikeFuelがますますたまる!

というわけで、やけにアクティブに動いた(というか動かされた)発表会でした。

和太鼓のせいで、いまだ両腕が筋肉痛です。

それにしても、NIKE+ FUELBANDとは何かを文章で伝えるのは、なかなか難しい。
この発表会のように、実際に使ってみるのが、いちばん手っ取り早いのかも。

日本では11月6日発売、だそうです。
http://www.nike.com/jp/ja_jp/c/nikeplus-fuelband

GYAKUSOU 2013秋冬

[13.10.22]

P1080979_2

いよいよ店頭に並び始めたGYAKUSOUの新作。シーズンを追うごとに完成度が高まっているのは言うに及ばず、「ランニングウェア」としてますますシリアスな方向へと向かっているように思います。特に気に入っているのが、軽くて暖かくて通気性が良いという三拍子揃った800フィルダウンのエアロロフトベストのGYAKUSOUバージョン。これから寒くなるにつれて大いに活躍しそう。

RUNはRUNでもレトロRUN

[13.10.02]

adi_restart_main-thumb-580x387-173606

春にオープンした「アディダス オリジナルス」とウェブマガジン「フイナム」のスペシャルサイト「RUN?」が秋を迎えて再スタート。今回もちょいちょいお手伝いしています。赤丸急上昇中のレトロランニングシューズの魅力が詰まったこのサイト、ますますパワーアップしてますよ。デイリー更新なので、ちょいちょいチェックを。
http://sp.houyhnhnm.jp/adidas_originals/

シュプリームのランニングシューズ

[13.10.01]

supnike

シュプリームのオフィシャルサイトにて、ナイキとのコラボレーションモデル「ナイキ フライニット ルナ1+」が発表されています。これまで数々のシューズを共同開発してきた両者ですが、ランニングシューズは今回が初めて。しかも最新のテクノロジーを搭載したパフォーマンスモデル。クールなルックスは普段履きにもふさわしいとは思いますが、せっかくならこれを履いて走りたいところですね。僕自身次の大会はこれで出たいなと勝手に夢想しております。ちなみにこのシューズ、昨日9/30発売の『SHOES MASTER』最新号でも取り上げています。