home > runnersblog > Issey Enomoto

榎本一生
榎本一生

Issey Enomoto

榎本 一生 : エディター、ライター、シューズ・マスター

1976年千葉県生まれ。フリーランスのエディター、ライター。シューズ・マスター編集長、ランナーズパルス副編集長、フイナム ランニング クラブ♡部長。フル自己ベスト:3時間18分16秒(大阪マラソン2016)、ハーフ自己ベスト:1時間35分16秒(ブルックリンハーフ2016)
http://www.shoesmaster.jp
http://hrc.blog.houyhnhnm.jp

2013 年 9 月 のアーカイブ



SHOES MASTER vol.20

[13.09.27]

『SHOES MASTER』最新号、9月30日(月)発売です。

sm20_h1_line

SHOES MASTER(シューズ・マスター)vol.20 2013年秋冬号

【特集】COLLABORATION SNEAKER HOT 100
「2013秋冬のコラボ&別注スニーカー100」
2004年春の創刊以来、3月末と9月末の年2回刊のペースで刊行を続けてきたシューズ&スニーカーマガジン『SHOES MASTER(シューズ・マスター)』。通巻20号記念号となる今号では、シューズやスニーカーにおける「コラボレーション」をフィーチャー。2013年秋冬にリリースされる最新コラボレーションスニーカーの数々を、どこよりも早く、そしてたっぷりと、シューズ・マスターならではの美しい写真とともに紹介する。そして今回も「ナイキ」「アディダス」「ニューバランス」「プーマ」「リーボック」をはじめとする人気ブランドのトピック情報や新作カタログを収録。

<CONTENTS>
【特集】COLLABORATION SNEAKER HOT 100
「2013秋冬のコラボ&別注スニーカー100」
Keep Going, Retro Running!「レトロランニングで行こう!」
EDITOR’S SELECT「編集部が選ぶ、今季のBEST28」
2013 FW COMPLETE CATALOG「2013年秋冬 最新スニーカーカタログ」
TOKYO SNEAKER SHOP GUIDE「東京スニーカーショップガイド」
…and more

発売日:2013/9/30 定価:¥690(税込) 
発行:マリン企画
http://www.shoesmaster.jp/

2013年秋冬のスニーカー選びに、ぜひお役立てください。

ナイキ大阪、新走開店

[13.09.17]

shinso_kaiten_W640pixel

ナイキ大阪がランニング専門店としてリニューアルしたとのこと。
関西在住のナイキ好きランナーにはうれしい知らせでは。
自分も近々大阪に行く予定があるので、立ち寄ってみたいと思います。

Nike Osaka Running
http://nikeosaka.jp/

なんだこりゃ

[13.09.13]

zz-V54817-1

いやはや、強烈なインパクト。リーボックの「ATV19+」という新作シューズ。海外ではすでにリリースされていましたが、日本でもようやく発売になるそう。ちなみにこれ、何用のシューズかと思ったら、こんな奇天烈なルックスでランニングシューズなんですね。
http://shop.reebokjapan.com/pc/item/detail.cgi?brand_code=953&itemCd=953_V54817&itemGrcd=953_ER997

ENGINEERED IN SWITZERLAND

[13.09.11]

oncloudrunner

On(オン)っていうランニングシューズブランドを知っていますか。僕は南井さんに教えてもらうまで知らなかった。スニーカーの専門誌を10年近くやってますが、ランニング歴約1年の自分にとってランニングシューズはまだまだ知らないことだらけです。

聞くところによると、Onはトライアスロンのトップ選手たちによって2010年に設立されたスイスのブランド。庭の水撒き用のホースから着想を得たというソールが大きな特徴で、まさにホースを輪切りにして貼り付けたような形状のソールが着地時の衝撃を吸収して前方への推進力を生み出すんだとか。

そんなOnのなかでもキロ5-6分での走りに適した「クラウドランナー」というモデルを試させてもらったのですが、その走行感はひと言で言うと「ほどよく硬い」感じ。クッション性重視のシューズにありがちなふわふわしたところはなく、それなりにクッション性を感じられながらも反発性があるので一歩一歩の蹴り出しがスムーズに促される。自分の足にもあっていたようで、とても気持よく走れた。そして特筆すべきはデザインの美しさ。シュッとしたロングノーズなフォルムは実にスタイリッシュ。グレーとブルーのカラーリングも他にない色合いで好きな感じです。

P1080945
タンのロゴもかわいい。その下には「ENGINEERED IN SWITZERLAND」の表記が誇らしげに。

https://www.on-running.com

ハイパーな裸足感覚

[13.09.06]

Nike_Free_Hyperfeel_Mens_4_original

7月に発表されて以来ずっと気になっていたナイキフリーハイパーフィールランがようやく発売に。なにはともあれこの先鋭的なルックスにヤラれます。「ハイパーフィール」っていう響きもいい。履き口は同時発表されたフリーフライニットに似たソックスのような形状。そしてこのシューズの大きな特徴のひとつはミッドソールが無いこと。その代わりインソールにルナロンフォームを搭載している、と。それってどういうことなのって思ってたのですが、こうなってた。

P1080912
インソールにLUNARLON。

P1080913
取り外したインソールの裏面。フリーのような切れ込みが入っていることがわかる。

で、さっそく履いて10キロほど走ってみたところ、その履き心地はこれまでのどのシューズともまったく違うもの。フリー3.0や5.0などよりも路面との接地感がダイレクトに感じられる。アッパーのフィット感もとても気持ち良く、自分の足との相性もバッチリ。日々のランのなかで無理のない程度に週一くらいで取り入れていこうかと。

freehyperfeelzebra
新色? 白黒のゼブラ柄もイイ。

Fa13_RN_M_616254_400_profile_15880_original
トレイル仕様も。