home > runnersblog > Issey Enomoto

榎本一生
榎本一生

Issey Enomoto

榎本 一生 : エディター、ライター、シューズ・マスター

1976年千葉県生まれ。フリーランスのエディター、ライター。シューズ・マスター編集長、ランナーズパルス副編集長、フイナム ランニング クラブ♡部長。フル自己ベスト:3時間18分16秒(大阪マラソン2016)、ハーフ自己ベスト:1時間35分16秒(ブルックリンハーフ2016)
http://www.shoesmaster.jp
http://hrc.blog.houyhnhnm.jp

ボストンを走る。

[16.06.16]

ニューヨーク滞在の後、一路ボストンへ。もちろん、この街でも走りました。

■DAY1:チャールズ川沿いラン(7km)
初日はボストンのランニングの名所、チャールズ川沿いを7kmほどジョグ。村上春樹さんのエッセイにも出てくるこのチャールズ川、とても素敵なところ。自分たち以外にもランナーがとても多かった。

2016.05.22._DSC2375_DSC2375

2016.05.22._DSC2405_DSC2405

■DAY2:バックベイ〜フェンウェイパーク(5.6km)
2日目の朝は早起きして、ホテルのあるバックベイ地区から、レッドソックスの本拠地フェンウェイパークあたりまで朝ラン。往復5.6km。

IMG_0415

IMG_0416

IMG_0417

IMG_0437 (1)

足元はニューバランスのM1500BW

■DAY3:バックベイ〜MIT〜ハーヴァード大学(14km)
3日目は再びチャールズ川を渡り、MITを経てハーヴァード大学方面へ。世界屈指の超名門校が集まるこのエリアは、アカデミックで良い感じの雰囲気。あいにくの空模様ではあったものの、チャールズ川沿いにはランナーがちらほらと。

IMG_0444

IMG_0448

IMG_0460

IMG_0468

IMG_0472

IMG_0454

IMG_0474

★おまけ1
海外ランでは「FLIPBELT」が大活躍。
IMG_0483
iPhone、Wi-Fi、ホテルのカードキー、クレジットカード、現金などがすっぽり収まり、腰にぴったりフィットするのでランニング中も揺れません。

★おまけ2
ボストンと言えばニューバランスのお膝元。市内中心部にある旗艦店を訪ねてみたところ、ここでしか買えない限定シューズがいくつか売られていた。世界中で商品が平準化されていくなか、このような地域性の打ち出しは大いにアリだと思います。どんどんやってほしいですね。

IMG_0491

IMG_0387

IMG_0489 (1)

IMG_0488