home > runnersblog > Issey Enomoto

榎本一生
榎本一生

Issey Enomoto

榎本 一生 : エディター、ライター、シューズ・マスター

1976年千葉県生まれ。フリーランスのエディター、ライター。シューズ・マスター編集長、ランナーズパルス副編集長、フイナム ランニング クラブ♡部長。フル自己ベスト:3時間18分16秒(大阪マラソン2016)、ハーフ自己ベスト:1時間35分16秒(ブルックリンハーフ2016)
http://www.shoesmaster.jp
http://hrc.blog.houyhnhnm.jp

上越国際トレイルフェス 2015

[15.11.17]

DSC00680

11月15日(日)に開催された「上越国際トレイルフェス」のトレイルランチャレンジレース【35Kmゴールド☆ソロ】に参加してきました。今回もいつものフイナム ランニング クラブ♡のメンバーといっしょに。

レースシーズン到来、ということで、自分にとっては前週の神流(40km)に続く2週連続のトレイルレース。2週連続は無謀かも、と思ってましたが、やはり無謀だったことは否めず。これを書いている現在、全身の関節の節々が悲鳴をあげています。

舞台は上越国際スキー場。現地へは前日入り。夕方、スタート地点の目の前のホテルにチェックインし、コースプロデューサーの石川弘樹氏によるトレランクリニックを拝聴後、メンバーのみんなと近隣の回転寿司屋でプチ前夜祭。以前に同メンバーで行ったGALA湯沢の大会では前夜に痛飲して失態を犯した(二日酔いで大寝坊)ので、今回はアルコールローディングはほどほどに。

翌朝5時頃に目を覚ますと、窓の外は雨。しかもそこそこ強く降っている。でも、前回の神流で感じたように、トレイルの場合はそういうものだと割りきってしまえば、たとえ悪天候でもそれほど気にならない、かな。

朝7時に号砲が鳴り、いざレーススタート!

DSC00681

DSC00684_3

DSC00686_3

DSC00691

DSC00694_3

DSC00696_3

DSC00697_3

路面は予想以上にグチャグチャでドロドロ。水たまりに足を突っ込まざるを得ない箇所も多々あり、シューズの中にじわじわと浸水してきて、レース序盤からソックスまでビショビショに。張り切ってスタートしたものの、あまりのコンディションの悪さに気が滅入る。

DSC00716_3

DSC00722_3

どーんとそびえるゲレンデの急登。これが足腰に堪え、心肺もパンパンに。

自分が参加した35kmの部は、悪天候の影響でスタート直前にコース変更があり、距離は27kmに短縮。本来は走るはずのところが走れず、結果としてゲレンデや林道ばかりのコースになってしまったのは残念だったけれど、自然相手のアクティビティなのでそのあたりは仕方がないですね。

DSC00730_3

後半は雨が上がり、すこし晴れ間ものぞく。視界がクリアになって気持ちいい。「トレイルの場合は悪天候でも気にならない」とはいえど、やっぱり天気が良いに越したことはないなあ。

というわけで、メンバー全員が無事にフィニッシュ。

12248740_895166253863864_630059991_n

ゴールドの部を完走した面々。自分のタイムは3時間42分で、この7人の中では後ろから2番目。みんなが速いのか、自分が遅いのか。

12248671_10207314982380138_1259498700_n

こちらはシルバーの部(12km)を完走した面々。なぜか微妙に一歩前に出ている南井編集長、親指の反り返り具合が良い感じです。

シューズは自分を含むメンバーの多くがサロモンのスピードクロスプロを着用。

DSC00735_3

泥まみれの姿が、厳しい路面コンディションを物語る。このシューズはアウトソールのグリップ力が抜群で、今回のようなマディでスリッピーなコンディションでは最強だったのでは。

サロモンといえば、同日行われた「さいたま国際マラソン」で準優勝という素晴らしい結果を残した吉田香織さんのウェアはサロモンのハイエンドラインのS-LAB。一般的な陸上ウェアとはひと味違ったスタイリッシュなデザインでかっこよかった。

レース後は越後湯沢駅前の居酒屋で打ち上げ。ビール片手に新潟名物タレカツ丼に舌鼓。そして新幹線乗車前にも缶ビールを買い込み、車内で軽く二次会。レース自体はもちろん、その道中とビフォーアフターも含めて楽しい大人の遠足でした。